就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】カピバラにも会えるなかよし牧場が人気!「豊橋総合動物公園(のんほいパーク)」

【愛知】カピバラにも会えるなかよし牧場が人気!「豊橋総合動物公園(のんほいパーク)」

豊橋市の中心にある「豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)」。もっと動物たちと楽しく触れ合えるようにと、リニューアルした「なかよし牧場」を取材してきました。小さな子ども連れのママも使いやすく楽しめる施設でした。

子連れに人気の施設が一堂に集まる!

のんほいパークはどんなところ?

「豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)」は、広い敷地の中に、動物園・自然史博物館・植物園・遊園地の四つの施設が揃った総合公園です。

公園の西側に位置している「動物園」は「躍動する野生の動物を身近に感じる」をテーマにしており、広い草原をキリンたちが自由に歩き回って過ごす「アフリカ園」、のんほいパークの人気者、ホッキョクグマのダイビングが見られる「極地動物館」など約130種800頭羽の動物たちをみることができます。

子連れの設備も充実で安心

家族連れが多いため、嬉しい子連れ設備が充実しており、特に「なかよし牧場エリア」の近くには、多目的トイレ、こどものトイレがある大きな休憩所があります。

中は休憩できるベンチがあり、ゆっくり過ごせるだけでなく、個室の授乳室を完備。授乳室も女性専用、男女共用とスペースが分かれているのでパパも気兼ねなく利用できます。

ふれあいエリアは、ベビーカーで入ることができないことが多いため、近くにベビーカー置き場が完備されているので、ふれあいの際は利用しましょう。

なかよし牧場で出会える動物たち

「もぐもぐひろば」でエサやり体験

特に子連れに人気なのが「なかよし牧場エリア」。ヤギ、ヒツジ、アヒル、ウサギ、カピバラ、木曽馬、ポニーなど、人とのかかわりが深い家畜動物とのふれあいを楽しむことができます。

その中にある「もぐもぐひろば」では、いろんな動物のエサやり体験ができます。小学生未満の子どもは保護者の人との同伴が必要で、オープン時間は10:00〜11:45、13:20〜15:30。

エサは、専用の置き場においてあり、ヤギ・ヒツジ、アヒル、ミニブタ、カピバラの4種類のエサがあります。動物のカップを選んで、エサ代を支払います。もちろんエサを買わなくても、ひろばに入ることは可能です。

【エサの設置時間・費用】
ヤギ・ヒツジ :10:00〜、11:00〜、13:20〜、14:00〜 ¥100
アヒル:10:00〜 ¥100
ミニブタ:13:20〜 ¥200
カピバラ:10:00〜 ¥200

※エサがなくなり次第終了。
※動物の体調、天候、イベントなどにより、エサやり対象動物の変更や、中止、開催時間の変更あり

馬に乗ったり、タッチしてみよう

もぐもぐひろばの近くに、木曽馬の馬場があり、またがり体験ができます。馬を繋いだ状態で、スタッフさんが背中に乗せてくれますよ。またがり体験は、小学生未満の子ども対象で土・日・祝日の11:00〜、¥100。乗馬は小学生対象に30名まで。土・日・祝日の13:30〜、¥200。
向かいにはテンジクネズミ(モルモット)とウサギに触れ合える「ふれあいひろば」があり、ひろばにいる動物にタッチができます。

土・日・祝には「テンジクネズミのなかよし教室(1頭につき¥100)」を開催。テンジクネズミについてのお話とブラッシング、タッチができます。テンジクネズミ1頭につき2人まで参加可能で、未就学児は保護者同伴が必須。ただし未就学児の付き添い1名は無料。体験の整理券を配布しています。

新しい動物たちの展示

のんほいパークには、ふれあいが出来ないものの、大きな動物や珍しい動物たちがたくさんいます。広い園内なので、園内を走るバスを利用しながらいろいろ見てまわるといいですね。
また、土・日・祝日には、カンガルーやシマウマなど、身近な動物以外にもエサやり体験を実施しています。先着順で、動物によって日程、時間も違うため、事前にHPでチェックしておくと安心!

その他にも、動物たちとのイベントも数々開催しているので、毎シーズンごとで楽しめます。

動物園を出た後も楽しもう!

動物園から直通!遊園地で遊ぼう

動物園の東「アフリカ園」から、さらに東へ進むと「遊園地エリア」に到着します。保護者同伴であれば、小さな子どもでも乗れるのりものもあり、家族で楽しめます。

自然史博物館には人気の恐竜も!

エドモントサウルスの全身骨格などの恐竜や郷土の動植物を数多く展示している博物館で、クイズやゲームを楽しみながら学ぶことができます。大型3D映像が楽しめる「ジャイアントスクリーンシアター」も人気!

のんほいパークへのアクセス

車の場合、名古屋方面からは、東名「音羽蒲郡IC」より国道1号を静岡方面へ進み「動植物園入口」を右折。静岡方面からは、東名「浜松IC」より国道1号を浜松方面へ「動植物園入口」を左折。専用駐車場が、中央門、東門、西門の近くにあり、普通車¥200、中・大型¥400。

電車の場合、JR「二川駅」南口より徒歩約6分。

まとめ

いろいろな施設があり、1日楽しく過ごし方ができる「のんほいパーク」。

「ふれあい牧場」は土日祝には、多くの子どもたちで賑わうそうです!いろいろな動物と触れ合ったり、体験をしてほしいパパやママは、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)(とよはしそうごうどうしょくぶつこうえん)

愛知県豊橋市大岩町大穴1-238

0532-41-2185

9:00〜16:00(最終入園16:00)

月(祝日の場合は翌平日)、12/29〜1/1

0〜6歳

大人¥600、小・中学生¥100、未就学児¥0

https://www.nonhoi.jp/

ベビーカー入店可、駐車場あり、おむつ交換可、授乳室あり、売店あり

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018