就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが喜ぶ手作り入園グッズまとめ。定番の手提げ&巾着から移動ポケットまで

子どもが喜ぶ手作り入園グッズまとめ。定番の手提げ&巾着から移動ポケットまで

これから幼稚園や保育園への入園を控え、手提げかばんや巾着などの入園グッズの手作りを考えているママは多いのではないでしょうか?あるいは園から細かなサイズ指定があり「裁縫が苦手なのにどうしよう…」とお困りのママもいるかもしれません。今回はそんなママ必見!裁縫があまり得意ではない方にも作りやすい入園グッズを紹介します。

サイズや手作りの指定も多い定番入園グッズ

園にもよりますが、事前の入園説明会などで「〇〇と△△は入園式までにこのサイズで手作りをお願いします」と言われるケースはまだまだ多いですよね。

そんなときに普段はあまり裁縫をしないというママであれば、「これって一体どうやって作るの?生地はどのくらい必要なの?」と思うこともあると思います。以下では定番の入園グッズとして手作りを求められることの多い「手提げかばん」「ランチ巾着」「コップ巾着」「上履き入れ」の作り方をわかりやすく紹介してくれている記事を紹介します。
なお、以下でご紹介する入園グッズの難易度の見方は以下のとおりです。

★(星一つ):とても簡単
★★(星二つ):普通
★★★(星三つ):少しだけ難しい

まずは★の数の少ない簡単なものからトライしてみるのもよいですね。

1)リバーシブル手提げかばん

  • 難易度・・・★★★

絵本や幼稚園で作った制作物などを持ち帰るのに重宝する「手提げかばん」は入園グッズの定番ですね。

以下の記事ではその日の気分に合わせて使い分けられるリバーシブルタイプの手提げかばんの簡単な作り方が紹介されています。リバーシブルというと複雑そうに感じますが、同じサイズの袋を2枚縫って重ねるだけですし、布の切り口が表面に出ないのでほつれにくく丈夫です。

2)ランチ巾着・コップ入れ

  • 難易度・・・★★

続いては手提げバッグに次いで園から手作り指定をされることも多い「ランチ巾着」やお茶や歯磨きのために園に持参するコップを入れるための「コップ巾着」の作り方を紹介した記事です。

年少入園の場合はまだボタンの開閉や自分でランチクロスを縛るなどの細かな動作が難しいため、巾着タイプで作ると開閉がしやすいですよ。巾着の紐も細いものだと固く閉まってしまいやすいため、適度な太さの紐を選ぶのがおすすめです。

3)上履き入れ

  • 難易度・・・★★★

幼稚園では長期休みの前など年に何度か上履きを持ち帰る機会があります。そんなときに活躍するのが「上履き入れ」です。

以下の記事で紹介されている上履き入れは大人もののスリッパも収納可能なサイズで紹介されていますので、子どもとお揃いでママのスリッパ入れも作ってペアを楽しむのもよいですね。

幼稚園に入園すると行事のお手伝いや参観日・懇談会などでママもスリッパを持って幼稚園に行く機会が増えますから、そんなときに手作りのスリッパ入れを持っていれば、細かな部分にまで気配りできるママという感じで素敵です。

持ち物管理を楽にする!便利な入園グッズ

こちらでは少し時間や余裕があるママ向けに、持っていると便利だったり、園生活をより快適にしてくれたりする園グッズとして「移動ポケット」「お着替え巾着」「ナップサック」の作り方記事を紹介していきます。

裁断図や完成サイズも含めて詳しく紹介されていますので、すぐに真似して作ることができますよ。

4)移動ポケット

  • 難易度・・・★★

入園すると、毎日ハンカチとポケットティッシュの持参が必要な園も多いですよね。ただ、中にはポケットのない洋服もありますから、そうなると困ってしまいますよね。

そんなときに大活躍なのが「移動ポケット」です。最近はボトムスのウエスト部分にぶら下げている子どもも多く見かけますよね。以下の記事では仕切りなしタイプとポケットティッシュケース付きポケットタイプの2種類の移動ポケットの作り方が紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。

5)お着替え巾着

  • 難易度・・・★

幼稚園によっては、活動や食事・排泄で衣類が汚れてしまったときの着替え一式を園に置いておくように指示がある場合もありますね。以下の記事で紹介する「お着替え巾着」なら大人のトレーナーも2~3枚余裕で入る大容量サイズなので、お着替え一式を入れておくのにもぴったりです。

こちらで紹介しているのはマチなしの基本の巾着の作り方なので、作り方を覚えてしまえば、入れたい物によってサイズを変えたり、マチを付けたりと色々応用することもできますよ。

6)ナップサック

  • 難易度・・・★★★

以下の記事で紹介する「ナップサック」は園から手作り指定されることは少ないかもしれませんが、リュックの上からも背負え、両手があくので、荷物が多くなっても子どもにとって安全で快適です。

ナイロンや防水コーティング生地で作れば、夏のプールバッグとしても活躍しますし、もっと荷物が増える小学生になってもサブバッグとして活躍してくれるので、一つ持っていると便利ですよ。
次のページでは入園グッズの手作りと並んで入園準備の一仕事である「お名前付け」をテーマにした2記事をご紹介していきます。
51 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版