就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもを習字教室に通わせたい。必要な道具や経費と習字のメリット

子どもを習字教室に通わせたい。必要な道具や経費と習字のメリット

「子どもには、字を綺麗に書いて欲しい」という願いを持つパパ・ママも多いのではないでしょうか。そのために、習字教室に通わせたいというお話をよく耳にします。ではその習字教室ですが、どのような物が必要であり、費用はどのくらいかかるのでしょうか。メリットも踏まえてお話していきますね。

いつから習字教室に通わせたらいい?

幼稚園に入り字に興味を持ち始めた時

女の子だと幼稚園に入って間もなくすると、お友達と手紙交換をしてくるようになります。その時点で、上手に字を書いてくる子、絵だけの子、お母さんが代筆している子など、手紙の内容は様々です。

しかし、1人でもお手紙を自分で書いている子がいると、自分も書いてみたいと挑戦意欲が湧いてくるのでしょうか。読める読めないは別にして、鉛筆を持ち、字を書こうと努力をし始めます。「あいうえお」がきちんと読めるようになり、鉛筆も上手に持てたうえで、「この字はどうやって書くの?」と聞いてきたときはチャンスかもしれませんね。

何を始めるにも、早いに越したことはないといわれていますが、何事も上手になるには本人のやる気があるときだと思います。

小学校に入学して必要と感じた時

今までまったく字に興味のなかった子でも、小学校へ入学すると、自分の名前は自分で書くようになり、国語の授業で音読や漢字の勉強も始まります。必然的に字と向き合う時間が増えてきます。

また小学校では、硬筆展がある学校もあります。決められたお題を書き、優秀な作品は金賞・銀賞・特賞などに選ばれ、大きな大会に出品されることもあるそうです。全員の硬筆が展示されるわけなので、上手な子とそうでない子は一目瞭然です。ここで、危機感を持った子どもや、賞が欲しかった子どもは、習字教室に通い始めるそうです。

続けていたらお正月頃には毛筆も始まりますので、字に興味を持っただけでなくても、うまくなりたい、選ばれたいの理由で始めてもよいかもしれませんね。

体験教室に参加して子供の興味や意思を確認

親は習わせたくても、子どものやる気や興味がなければ続きません。まずは、体験教室に参加してみましょう。

パパッと書いて終わりという習い事ではありません。1字1字丁寧に書き、先生に直された所も次に修正しながらゆっくり書いていく習い事です。字は、何度も何度も繰り返し書くことで身についていくものです。

教室の雰囲気や、先生の教え方などを体験で感じてみて、習う本人が続けられそうか、上手になりそうかをきちんと判断して始めるのがよいでしょう。やる気がないと、いくらやっても上達しません。また実際に体験してみないと、お友達の口コミだけでは分からないことがたくさんあります。目で見て、肌で感じて決めると安心ですね。

習字教室の内容、必要となる道具や経費

回数やかかるお金はどのくらい?

習字教室は、ほかの習い事と比べても費用としては安いほうかもしれません。回数や費用は教室によっても異なりますので、実際に習われるときは確認してくださいね。ここでは、1例として紹介していきます。

【回数】
週1回のところが多いですが、週何回きてもOKという教室もあります。習字教室は、月曜日から金曜日までやっている所は少なく、週3日でやっている教室が多いようです。

【費用】
月謝の相場は3,000~6,000円です。毛筆の時期になると、プラス500~1,000円を追加する教室もあります。

習字教室は、自宅を教室として開放している所が多く、回数・費用ともにバラバラでした。ご自宅の近くに教室があれば、通わせやすいかもしれませんね。

習う時に必要な習字道具

習い始めるときに、何が必要なのかをここで紹介していきます。実際始めるときにアタフタしないように、ある程度頭に入れておくと安心ですね。

【硬筆】
・ノート・硬筆用下敷き・鉛筆・消しゴム

【毛筆】
・筆・墨・硯(すずり)・紙・下敷き・文鎮・筆置き・水差し

硬筆の必要な物は文房具店に行けばすぐに揃いそうですが、毛筆の場合は専門のお店に行くとよいでしょう。これらをすべて揃えると5,000~10,000円程度かかるようです。また書道セットを購入すると、必要な物が揃っているので便利ですよ。

どの習い事でも、最初は物を揃えるのが大変ですよね。しかし一度揃えてしまえば、頻繁に使うノートや紙、墨を買い足すだけで済みますので、最初にきちんと揃えてあげましょう。

毛筆と硬筆を教えてもらえることが多い

習字教室は、基本的には小学生を対象とした習い事とされていますので、毛筆と硬筆の両方を教えている教室が多いようですね。

幼稚園児には硬筆、小学生以上になると、4月~10月は硬筆展に向けて硬筆の練習、11月~3月は毛筆展に向けて毛筆の練習とハッキリ分けて教えてくれる教室もあります。

ただ書くだけではなく、展覧会に向けた練習をしてくれるのも大きなポイントかもしれませんね。やはり習っているからには、少しでも上手に書いて選ばれたらいいな、と思っている子がたくさんいるのではないでしょうか。

それでも教室によっては、「毛筆しか教えていません」という所もあるそうなので、探している段階で毛筆のみ、硬筆のみ、両方なのかをきちんと確認することをおすすめします。

子どもが習字を習う効果やメリット

バランスの良い綺麗な字をかけるようになる

家で子どもに字を教えるとき、いらない紙に書いて教えているママが多いのではないでしょうか。教室に通うと、方眼にマス目リーダーが書いてあるノートを使います。

教室では、長く字を書いても手が疲れない鉛筆の持ち方に修正してくれます。手が疲れてしまっては上手に字を書くことができないという理由からでしょう。そして、マス目リーダー付きのノートは、1マスが4つに区切られているので、どこから始まり、ここまで伸ばすなどの感覚も手と目で覚えることが可能であり、バランスのよいしっかりとした字を書けるようになります。

習い始めたときの字と、数カ月後の字を見比べてみても歴然ですよ。たった数カ月の間に、バランスのよい綺麗な字になりつつありますからね。

子どもの集中力がつく

教室にもよりますが、少なくとも60分から90分は座って字を書くことに集中することになります。この時間は小学校の授業1時間分よりも長い時間ですよね。

60分以上の時間座って何かに集中することは、普段の生活ではなかなかありません。最初は苦痛に感じて集中することが難しいかもしれませんが、字を書くことが楽しくなってくると、集中力が身につき、あっという間に時間が過ぎてしまうことでしょう。

集中力がつくことで、遊びでも勉強でも真剣に取り組めると思いますし、何をやるにしてもオンとオフの使い分けが上手にできるようになるといわれています。何事に対してもメリハリをつけて取り組むことは、将来的にもよい効果が表れるのではないでしょうか。

正しい姿勢や礼儀作法が身につく

字を綺麗に書くために、いくつかきちんとしていなければならないことがあります。鉛筆や筆の正しい持ち方と姿勢です。

教室は、一度に大人数を見ることはほとんどないと思いますので、その都度持ち方や書くときの姿勢を直してくれるのもよい点だと思います。書くときの姿勢が日課となれば、普段の姿勢がよくなるのも期待してしまいますね。

姿勢と同時に身につくのが、礼儀作法です。教室に入ったときの挨拶から始まり、書き終わったものを見てもらうときの挨拶、教室が終わったときの挨拶は自然と身についてくるでしょう。

字の綺麗さだけではなく、一緒に姿勢や礼儀などなかなか家で教えるのが難しいことを身につけてきてくれるのは、親からしたら嬉しいのではないでしょうか。

まとめ

字は、一生付き合っていくものです。子どもの頃からバランスよく書くことを教わることで、綺麗な字を書けるようになってくるのだと思います。字に集中することで集中力が養われ、その後の活動にも影響が表れるのではないでしょうか。

字を習うことで、1つも2つも付随してよいことが身につくといわれています。子どもにとっては少し長い時間ですが、字を書いているときは自分の心を落ち着かせることができる時間でもあると思います。子どもの頃から心を落ち着かせて集中して、何かできるということは、素晴らしいことだと思いますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018