就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

親子で釣りをはじめよう!楽しむコツや道具と行きやすい釣り場の紹介

親子で釣りをはじめよう!楽しむコツや道具と行きやすい釣り場の紹介

子どもと釣りに行こうと思い立ったママ。でも「釣りってどうやればいいの?」釣り初心者のため、何を用意してどこに行ってどうすれば楽しい釣りができるのかまったくわかりません。この記事では、釣り初心者の親子でも釣りを安全に楽しめるように、親子釣りの基本についてポイントを絞ってお伝えします。

親子釣りを安全に楽しむためのコツ

子どもに釣り針や落下の危険を伝えよう

自然の中でする釣りはどんなに楽しいでしょう。でも楽しいはずの釣りにも危険が潜んでいます。この危険を防ぐためのポイントを子どもにも伝えておきましょう。

まずは釣り針でかかるのは魚だけではないということです。竿を振りかぶって投げるときには、自分の後ろに人がいないか注意しましょう。

ほかの人に釣り針が引っかかる可能性があります。釣り針には返しが付いていますので、実際に釣り針が耳に引っかかって、お医者さんで処置をしなければならなくなったケースもあります。子どもが自分にも引っかけないよう気をつけましょう。

また岸辺や岩の上から川や海に落下する危険もあります。釣りに夢中になって足を滑らせないよう注意が必要です。ライフジャケットの着用がおすすめです。

釣り場にあった釣りマナーやルールを守ろう

釣りはレジャーでもありスポーツでもあります。すべてのスポーツにルールがあるように、釣りをするときにはその場所にあったルールやマナーがあることを子どもにも伝えましょう。

まずは釣り場の管轄権です。海岸や河川の大半の場所は漁業権があり、地元の漁業組合が権利を持っている場合が多いので、許可を得たり入漁料を支払う必要があります。

また釣り場によっては撒き餌(魚をおびき寄せるためエサを撒くこと)が禁止されていたり、ルアーや投げ釣りが禁止の場所もあります。

自然環境を保護するためにゴミを持ち帰ることや、使用した釣り針や仕掛けを置いていかないようにしましょう。もちろん、ほかの釣り人やレジャー客に迷惑を掛けないよう釣りをするのは最低限のマナーといえますね。

親子釣りの基本は子どもが楽しめること

釣りをしていると「あれ、アタリ(魚がエサをつつくこと)が来たかな」などと、ついママの方が夢中になって子どものことを忘れてしまい子どもは釣りに飽きてしまう、ということも。ママと子どもで釣りを楽しみに来ているのに、これでは本末転倒ですね。

親子釣りの場合は、やはり子どもが楽しめないとママにとっても子どもにとってもよい思い出にはなりません。ママも釣りを楽しみながらも、子どもの安全に気を配って子どもが釣れていなかったら一緒に竿を持つなどして、二人で釣りをしているシチュエーションを作りましょう。

子どもが小さいうちは、ママが釣りをして楽しむのは後回しにして子どものお世話に専念しましょう。子どもの可愛いその笑顔がママにとって楽しい思い出になるはずですよ。

親子で釣りをするのに必要な道具と注意点

釣り道具は初心者用入門セットを買えば安心

釣り用品の量販店に行くといろいろな釣り道具があり、どれを選べばよいのか、どれだけ種類を揃えたらよいのか迷ってしまいますね。「竿はどれにしたらよいのか?仕掛けはどうしたらよいのか?釣り針は?」とわからないことだらけですよね。

「ちょっとよい竿だと10,000円位するのね」家計を預かるママにはお値段も心配。でも安心してください。釣り用品店では、竿からリール、浮き、仕掛け、釣り針まで釣りをするときに必要な道具がすべて揃った初心者セットが用意されています。

海用と川用のセットがありますので、行きたい場所に合わせて購入しましょう。だいたい2,000~3,000円台で買うことができます。

まずは初心者セットでお手軽に釣りを始めましょう。

水遊びをするつもりで着替えやタオルも用意

ビギナーズラックもあるかもしれませんが、最初は、子どもはなかなか魚を釣れなくて飽きてしまうかもしれません。そんなママと子どものために、川釣りの場合は場所を選べば安全に水遊びができる釣り場もあります。

水遊びを始めた小さい子どもは、釣りよりも夢中になりびしょぬれになることは容易に想像がつきますね。着替えやタオル、できればバスタオルなども用意して出かけましょう。水遊びで体が冷えたときのために温かい飲み物も飲めるようにしておけば万全ですね。

子どもが釣りに飽きて水遊びを始めたら、ママも一緒に水遊びに変更しましょう。子どもが釣りに目覚めるのは次の機会にということもあります。それよりも子どもと楽しい時間を過ごす方が断然いいと思いませんか。

釣りをしている子どもから目を離さないで

釣りをしていると釣りに没頭して時間を忘れてしまうこともままあります。でも、子どもと一緒に釣りを楽しみに来ていることを決して忘れないでください。

まだ小さい子どもは何をするかわかりません。ちょっとしたことで釣り針を指や足に引っかけてしまうかもしれませんし、ちょこちょこ歩きまわりほかの釣り人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。脅すようですが、子ども1人で危険な場所に行って怪我をする可能性もあります。

後悔してもしきれないことがないように、ママは釣りをしていても目と耳、気持ちは子どもに向けてあげて下さい。子どもとのよい思い出にするためにも、ママが釣りに集中できるのは子どもが中学生くらいになってからだと割り切りましょうね。

初心者親子でも楽しめる釣り場紹介

足場が整備されトイレもある海釣り公園

ここからはママと子どもが安心して楽しめる釣り場を紹介します。

有名な所では、兵庫県神戸市にある「平磯海づり公園」と「神戸市立須磨海づり公園」です。足場がよく80cmの柵があり、小さな子どもにも安全な設計となっているうえ、釣り具やエサも売っています。トイレや軽食コーナーなども整備されているためママと子どもにはうってつけです。

関東圏では東京都江東区にある「都立若洲海浜公園」です。広大な敷地に人口磯や海釣り施設があり、レンタサイクルなども用意されていて親子参加型のイベントも多数企画されています。

落ち着いた雰囲気の公園では、お台場にある「暁ふ頭公園」はいかがでしょうか。釣りやバーベキュー、散策もできる穴場スポットです。入園無料なのもうれしいですね。

河原でバーベキューもできる管理釣り場

河川では子どもに安全な管理釣り場があります。

神奈川県相模原市にある「緑の休暇村青根キャンプ場」はいかがでしょうか。道志川沿いにあるキャンプ場で、釣り・川遊びのほか、デイキャンプ、バーベキューなども楽しめます。芋煮会やマス釣り大会などさまざまなイベントが企画されています。

埼玉県秩父市の「大血川渓流観光釣場」もおすすめですよ。大自然に囲まれた大血川の渓流沿いに650mの管理釣り場が設置されています。子どもに人気のマス釣り場もあり、釣り上げたヤマメやイワナをその場で焼いて食べることができます。

関西圏では大阪府貝塚市にある「奥水間アスレチックスポーツ」が人気です。場内には36のアスレチック施設が設置されており、渓流ではニジマスやオイカワが釣れます。

手ぶらでOK!先生もいて安心の釣り教室

釣りをしてみたいけどやり方がわからない、何を揃えたらよいかわからないというママと子ども向けに、日本釣振興会が主催する釣り教室があります。毎月のように全国各地で釣り体験教室が開催されています。

川辺で行う「少年少女釣り教室」「ファミリーマス釣り体験教室」や、海では「少年少女ファミリー釣り大会」「親子カサゴ船釣り入門教室」などファミリー向けのイベントが目白押しです。

もちろん初心者向けの教室ですので、手ぶらで行っても釣り道具はレンタルできますし、ベテランのインストラクターがいてエサの付け方や釣り方などを丁寧に教えてくれます。釣りをするときのルールやマナーも教えてくれますので、釣り初心者のママと子どもにはピッタリですね。

まとめ

いかがでしたか。「釣りはちょっと難しいかな」と敬遠していたママも、初心者親子でも手軽に釣りができることをお分かりいただけたでしょうか。

釣り場によるルールや最低限のマナーを身に着ければすぐにでも釣りに行けそうですね。いえそれどころか、ルールやマナーも体験教室で教えてもらえるようですね。

思い立ったが吉日です。釣り初心者ママも子どもと一緒に、大自然の中で安全な楽しい釣りで思い出作りをしてみませんか。子どもが大きくなってもママと一緒に釣りに行ってくれるかもしれませんね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018