就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新体操が子どもにおすすめの理由は?費用や入会前に知りたいこと

新体操が子どもにおすすめの理由は?費用や入会前に知りたいこと

新体操は全身の筋肉やバランス感覚を養うだけでなく、感受性も豊かに育まれるとして、子どもを持つママたちから人気の習い事です。この記事では、新体操を習うにあたって必要な費用や、入会前に知っておきたいことなどをご紹介します。子どもの習い事として新体操を検討している方は参考にしてくださいね。

子どもが新体操を習い得られるメリット

体幹を鍛え運動神経の基礎を作れる

鉄棒や平均台などの器械を使って行う器械体操とは違い、新体操というのは床で行う競技が中心です。ボールやリボン、フープなどの手具を用いて、音楽に合わせ軽やかに体を動かします。

新体操は体全体を使って行うため、全身の筋肉や体幹を鍛えることができます。そのため、姿勢がよくなり、バランスの取れた体を作ることができるでしょう。また、瞬発力やスピードを求められる競技でもあるので、運動神経の基礎を作ることができるとされています。

新体操と聞くと、何となく「女の子のスポーツ」というイメージを持っているママも多いかもしれませんが、数年前からメディアで男子新体操が取り上げられる機会が増え、男の子のスポーツとしても認知度が上がってきています。

表現力やリズム感が身につき感受性も豊かに

先ほども述べましたが、新体操は音楽に合わせて、ボールやリボンなどの手具を操るスポーツです。表現力やリズム感が自然と身につき、豊かな感受性も養うことができるでしょう。

新体操の動きや表現の仕方にはバレエに近いものがあり、ジャンプや投げた手具のキャッチの正確性など、技の難度だけでなく表現力や美しさで競い合います。新体操を習うことで、しなやかな体が育まれるでしょう。

また、新体操は個人の演目と団体の演目があります。特に団体の演目では、チームプレイの重要性、仲間と協力してやり遂げる協調性を学ぶこともできるのです。幼児のうちから習い始めることで、しなやかな肉体と周囲を大切にする協調性も身についていくでしょう。

難しい技を習得するための柔軟性が養われる

子どもはもともと体が柔らかいですが、新体操の教室では入念にストレッチを行ってからレッスンを始めます。そのため、柔軟性がより育まれるのです。

さらに、難しい技ほど柔軟性も求められるため、技を一つクリアするごとに達成感を味わえるだけでなく、柔軟性も養われていくでしょう。柔軟性の高い体は、怪我をしにくいといわれていますよ。

難度の高い技を習得できると、子どもは自分に自信を持てます。そして、さらに上のレベルに挑戦しようというチャレンジ精神も引き出すことができるはずです。

新体操によって幼いうちから、体の柔軟性、バランス感覚、豊かな表現力を養っておけば、サッカーやダンスなど体操以外のスポーツも上達しやすくなるでしょう。

子どもの新体操の習い事でかかるお金とは

月謝は4千円から1万円の教室が多い

新体操教室の月謝は、4,000~10,000円くらいが一般的な相場とされています。基本的には、週に何回のレッスンなのかという点で金額が変わります。また、幼児クラス、初心者クラス、中級クラスなどとレベルが上がっていくほど、それに比例して月謝も上がっていく傾向にあるようです。

さらに、ハイレベルな新体操の選手を目指すための強化クラスになると、専門のコーチがつき、本格的な指導が行われるため、月謝が大きく上がることもあります。

とはいえ、これはより高いレベルを目指す場合の話です。まずは新体操に親しむための幼児向けレッスンであれば、ほかの運動系の習い事と比べても、特別お金がかかる習い事というわけではないでしょう。

レオタードや手具は合わせて1万円ほど

新体操を習うには、練習着やレオタード、手具を用意する必要があります。これらは最初に指定品を購入するように言われることが多く、金額は教室によって違いがあります。

主な目安は次のとおりです。
■レオタード…約4,000~6,000円
■手具(ボール、リボン、フープ、ロープなど) …約4,000~10,000円

レオタードと手具にかかる代金は、合わせて10,000円前後は必要になると考えておくとよいでしょう。ただし、教室によって、レオタード代が入会金に含まれているケースもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

指定のものではなく自分で用意しなければならない場合は、安価なものをインターネットで探すという方法もあります。

入会金のほか保険料や大会エントリー費など

新体操を始める際には、入会金や保険料なども必要になります。入会金の相場は5,000~10,000円ほどでしょう。保険料は、月謝に含まれていたり、年間分を別途請求されたりなど教室によって違います。

新体操を習い続ければ、大会へ出場するという機会も出てくるでしょう。その場合は、月謝のほかに大会エントリー費や遠征費、衣装代などがかかります。本格的になればなるほどお金がかかる印象ですが、これは新体操に限ったことではありません。

バレエやピアノならば発表会、サッカーや野球も大会や合宿などがあればそれなりに費用がかかりますよね。どのレベルまで達したいかによって必要な費用が変わるので、詳しくは教室に問い合わせてみてください。

新体操を習う前に知っておきたいこと

親のやらせたいより子どものやりたいを優先

新体操は身体的、精神的に様々なメリットが得られる習い事であるといえるので、ママやパパの方が「子どもにやらせたい!」と気持ちが盛り上がるかもしれませんね。しかし、まずは親のやらせたいという気持ちよりも、子どもがやりたいかどうかを優先に考えましょう。

「やりたい!」という気持ちがなく嫌々やらせても、なかなか上達しない、長続きしないという結果に終わってしまうことはよくあります。

子どもの才能を伸ばすため、先天的な能力を含めた「向き・不向き」を見極めることは必要かもしれませんが、何より大切なのは、子ども自身が前向きに取り組めるかどうかという点でしょう。楽しく続けられそうなら、親として子どものやる気を温かく見守りたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC