就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪】江戸時代へタイムスリップ!?「大阪くらしの今昔館」

【大阪】江戸時代へタイムスリップ!?「大阪くらしの今昔館」

今回取材に行った「大阪くらしの今昔館」が位置するのは、天神橋筋六丁目の角ビルの中。”日本一長い商店街”で知られる「天神橋筋商店街」の通り沿いにあります。ここでは大阪の昔の街並みを見ることができる博物館があると聞いて、一体どんなところなのか取材してきました。では一昔前の大阪へ。皆さんをご案内致します。

昔の大阪の町へ出かけよう

今昔館は8階から10階で、以下のようなテーマで展示を行っています。

8F 明治から昭和時代 大阪の住まいと暮らしのジオラマ展示

9F 江戸時代 大坂の町の実物大展示

10F 江戸時代の町を上から見ることができる展望フロア

まずはビルに入ってすぐのエレベーターで8階まで上がり、受付を済ませましょう。中学生以下は入館無料です!大人は600円、高大生は300円になっています。

8階のエントランスから場内に入り、まずは長く続くエスカレーターで一気に10階まで登り展望フロアから大坂の町を見下ろしましょう。

展望フロアから覗いて見ると、下には江戸時代の町並みが広がっています。スケールの大きさに、早く下に降りて展示を見たい!!とまるで遊園地に遊びに来たようなワクワク感を味わいました。それでは実際にこの町の中に入ってみましょう。

江戸時代の街並みを再現

9Fの展示エリアに足を踏み入れると、時代が一気に江戸時代まで遡ります。このフロアでは外から展示を見るのではなく、「見る人が実際に展示の中に入って体感する」という珍しいスタイルをとっています。

銭湯や薬局、おもちゃ屋さん、家の中の様子などが再現されていました。

自分がビルの中にいることを忘れてしまうほどリアルで忠実な江戸時代の大坂の町が再現されていました。そして時間の流れの演出も行っているので、夜になり周りが暗くなったら月が出て流れ星が見えたり、朝にはニワトリの鳴き声がしたりと、江戸時代の1日を実際に体感することができるのです。

街の中にいる動物を見つけてみよう!

小さい子どもに人気があるのが「町の中の動物探し」です。町にはねこや犬、すずめ、ニワトリなど様々な動物たちも生活しています。屋根の上や、カゴの中、いろんなところにいるのでパンフレットに書かれているヒントを見ながら探してみましょう。

着物やハッピを着てまわれる!

町の中を歩いていると、着物を着た人たちがたくさんいました。なぜだろう?と思っていると、なんと町の中に着物の着付け所がありました。券売機でチケットを購入し、スタッフさんに渡してくださいね。1人500円でレンタル可能です。

子どもも110cmから着ることができます。それより小さい子どもにはハッピの貸出を200円で行っています。家族みんなで江戸時代の住人になって、家族写真を撮ってみるのもよい思い出ができそうですね。

大阪の歴史をジオラマで再現

昔と今の街の様子を比べてみよう

8階では明治・大正・昭和時代の住まいや暮らしを模型で表現した展示が行われていました。

実際に模型を見た人がその時代の暮らしぶりがよく分かるように、とても細かく忠実に作られていました。街灯を毎日人の手で付けていたり、人力車が日常的に走ったりしていますね。大阪に住んでいる人は、自分の今住んでいるところと照らし合わせて街並みを観察してみてください。

1日12回、約20分間「住まいの劇場」というシアターも行われています。実際に模型の中で物語が進んでいくので、新鮮でとてもおもしろかったです。

時代の流れを感じる電化製品も

昔使われていた電化製品の展示も行われています。一枚目は初代カラーテレビ。二枚目は昭和初期・中期のトースターです。子どもにとっては形も現代のものと大きく違っているので興味津々。今家にあるテレビやトースターとはどんなところが違っているのか比べてみるのもおもしろそうですね。

小さい子ども連れでも安心の館内

赤ちゃん連れでも大丈夫!

今昔館では小さい子ども、赤ちゃん連れでも楽しんでもらえるように設備が整っています。おむつ交換台付きトイレは8階にあり、授乳室はスタッフさんに声をかけると7階のフロアを使うことができるそうです。

ベビーカーの無料貸出も行っています。展示は3フロア続いていますが、ベビーカーの方はエレベーターを使うことができます。展示室もスペースが広いためゆったりまわることができそうです。

座って休憩できるスペースも広いですよ。

くらしの今昔館へのアクセス方法

【電車の場合】

地下鉄Osaka Metro谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目駅」下車後、3号出口を出てすぐのところにあります。JR大阪環状線を使う場合は「天満駅」から商店街を右(北)に歩いて約7分で到着します。

【車の場合】

阪神高速道路「守口線」長柄出口から都島通りを経由し、約500mのところにあります。専用駐車場はないので近くのパーキングを使ってください。

まとめ

訪れた人々を歴史の旅へと連れていってくれる「大阪くらしの今昔館」。昔のくらしを知ることで今の生活を考えるきっかけにも繋がるのではないでしょうか。

そして教科書や本などでしか見たことがない昔の町並みを実際に見て体感できたのがとても楽しかったです。訪れた後はより一層、自分の住む【町】を好きになっているかもしれませんね。

大阪くらしの今昔館(おおさかくらしのこんじゃくかん)

大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センタービル8階

06-6242-1170

10:00~17:00(入館は16:30まで)

火、年末年始

0歳〜

大人600円、高・大生300円、中学生以下無料

http://konjyakukan.com/index.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台、授乳室有

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

迫間 恵

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018