就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後ママこそ「温活」を!闘病から学んだすぐに実践できる体調管理法

産後ママこそ「温活」を!闘病から学んだすぐに実践できる体調管理法

冷えに悩む女性は多いですよね。特に産後のママはホルモンバランスの変化によって冷えを感じやすいといわれています。今回は難病を患っている私が、主治医に受けたアドバイスを基に行っている食事中心の「温活」をご紹介します。どれも少し意識をするだけで実践できる方法になっていますよ。

なぜ産後「身体を冷やさない」ことが重要?

産後はホルモンの影響で冷えを感じやすい

冷えの主な原因は栄養不足や睡眠不足、運動不足など生活習慣によるものです。これに加えて産後のママは、ホルモンバランスの影響によって冷えやすいといわれています。さらに、産後はダメージを受けた骨盤が元に戻ろうとしてゆがむこともあります。その結果、血行や内臓機能が悪くなり、冷えにつながるそうです。

寒い時期に体を冷やさないようにすることも大切ですが、冷たいものの飲食や冷房によって夏でも冷えは起こります。季節を選ばず、体を冷やさないよう意識することは大切ですよ。

長引く産後不調や母乳不足の原因になる

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えが慢性化すると心と体に様々な不調があらわれます。肩こりや頭痛、産後太り、母乳不足の原因にもなります。

また、冷えを感じると体が縮まり、呼吸が浅くなり、不安や心細さを感じやすくなるそうです。出産前の体形になかなか戻らなかったり、母乳の出が悪かったりするのは冷えが関係しているかもしれません。

これから紹介する温活は食事を通して、内側から温める方法です。冷えが気になる方は参考にしてみてくださいね。

闘病から身についた温活法

野菜や飲み物を取るときのポイント

私はもともと野菜が好きで、よくサラダを食べていました。しかし、この食べ方があまりよくないと注意されたことがあります。

私は冷蔵庫から出したばかりの野菜を洗ってカットし、その日の気分に合わせてドレッシングをかけて食べていました。当然、生野菜はかなり冷えているので、この方法だと内側から体を冷やしてしまうということです。

それから野菜を食べるときには、電子レンジで軽く蒸したり、熱湯でさっと湯がいたりしてから食べるようにしています。また、夏場は野菜も飲み物も冷たい方がおいしいですが、冷たいものを摂取するときは、一緒に温かいスープを飲むことも意識しています。

チューブ生姜で手軽に温活を

温活には生姜がよいというイメージを持つ方も多いですよね。生姜には血行をよくする成分が含まれており、昔から冷えの解消によいといわれている食べ物の一つです。風邪の予防にもピッタリですよ。

私も体質改善を目指して、ここ数年意識して生姜を摂取するようになりました。ただ、生姜って皮をむいたり、すりおろしたりするのが結構めんどうなんですよね。

そこで私がお世話になっているのがチューブ生姜です。チューブ生姜は1年を通してどこでも購入することができ、値段も100円前後とお手頃価格ですよね。主菜や汁物にちょっと入れるだけで、体を内側から温めてくれますよ。

また、温活のために白湯を飲んでいる方もいるようですが、そこに生姜を少し入れるだけでも温活の効果がアップしますよ。
21 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版