就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【神奈川・川崎】リニューアルした「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行こう

【神奈川・川崎】リニューアルした「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行こう

「ドラえもん」や「キテレツ大百科」など、藤子・F・不二雄先生の「すこしふしぎ」な世界を五感で楽しめる「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」。その中にある「みんなのひろば」が今年1月25日にリニューアル!より楽しく、よりのびのび遊べる内容になっているので、おでかけリストに追加しておいてくださいね。

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

藤子・F・不二雄ミュージアムとは?

すこしふしぎな世界を堪能できる美術館

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、藤子・F・不二雄先生の作品原画の展示や「Fシアター」という短編映画の上映、立体オブジェの展示などを目で見て触れて楽しめる美術館です。詳しくはこちらの記事で紹介しているのでご覧ください。

「みんなのひろば」がさらに楽しい空間に

©Fujiko-pro

最新技術を生かしたリニューアル

2Fにある「みんなのひろば」がリニューアルして生まれ変わりました!

今回は、巨大からくり装置の「ボールころころ大騒動」、1/5のスケールで再現した「のび太の家」、まんがの世界に入ったような「ギオンDEパチリ」の三つのコーナーが新たに追加されていて、どれも見逃せない内容になっていますよ。

現代と未来を行き来「ボールころころ大騒動」

壁一面に広がる巨大なからくり装置「ボールころころ大騒動」は、モニターと連動しておりボールが通過すると映像が流れる仕組みになっていて画期的!ボールの色によって映像の内容も変わるので、ついついずーっと見てしまいます。

緻密に計算されたアナログな仕組みとデジタルの最新技術が融合し、どちらのよさも詰まった仕掛けは圧巻!かっこよさの中にもあたたかみを感じます。

このからくり装置は左側が「現代」右側が「未来」をテーマに、二つの時空を行き来します。右側の「タイムマシン」から「どこでもドア」を抜け、地下・地上・空中と三つの空間に分かれたのちに「ドラえもん」のひみつ道具などを使って、冒険しながらのび太くんの街に帰っていく流れになっていますね!空には「パーマン」のマークも。

「これはなんの道具やマークなのかな?」と子どもと探しながらボールの行方を追うのも楽しそうです!子どもたちが釘付けになっている様子が目に浮かんできました。

「のび太の家」の再現率がすごい!

1/5のスケールで再現したという「のび太の家」。野比家がこんな形で目にすることができるなんて…感動です!!これは「ドラえもん」を見たことのある人ならきっと誰でも興奮するはず!

では、お邪魔してみましょう!

玄関のこの脱ぎっぱなしの青い靴は…きっとのび太くんに違いない!!ママの怒り声が聞こえてきそう…。

2Fののび太くんの部屋の再現度もカンペキです。散らかった部屋に本やオモチャの数々。細かい所まできちんと作られているので、じっくり見てみてくださいね!

ドラえもんとのび太くんが出現する!?

実はこの家、ただ見るだけじゃないんです!設置されているタブレットを部屋にかざしてみると…ドラえもんの鈴マークが出てきました。さらにそのマークをタッチしてみると…。

わードラえもんとのび太くんがケンカしてる!!なんと、お話が始まりました。これはすごい!!「すこしふしぎ」、いや「とてもふしぎ」な最新技術です。

のび太くんの部屋以外も同じようにかざしてみるといろいろなお話が楽しめるので、探してみてくださいね。

ギオンDEパチリでSNS映え記念写真!

「ギオンDEパチリ」のコーナーでは巨大なコマのパネルがユニークな形で展示されてます。まるでコマの世界に飛び込んだよう!

「ドガァ」「ギャ〜」「イヒヒ」など、マンガの表現には欠かせない擬音に合わせてポージングすると楽しい記念写真が撮れますよ。これはインスタ映え必至です。

企画展も新たな原画を展示しています

第1期から始まった「キテレツ大百科」×「ドラえもん」〜江戸時代の発明と未来のひみつ道具〜も第3期を迎え、今回は112枚の原画が展示されています。

第1、2期とはまた違った原画を楽しむことができて、3月に公開される映画「映画ドラえもん のび太の月面探査記」に登場するひみつ道具を使ったお話もみられますよ。子どもと映画を観に行く前後に足を運べば、より楽しめること間違いなし!

3月からFシアターでも新作短編映像を公開!

館内のFシアターでは、3月9日から1年半ぶりに新作「ドラえもん&Fキャラオールスターズ『月面レースで大ピンチ!?』」が上映されます。

3月に公開される映画の脚本も手がけており、ドラえもんの大ファンである直木賞作家の辻村深月さんが特別に書き下ろした短編映像になります。藤子F作品のキャラクターが大集合した「ここでしか観ることのできない」オリジナル映像なのでとってもレア!

短編映画とは思えない臨場感とスリル、すこしふしぎな世界を楽しめますよ。10分程度と子どもも飽きずに楽しめる長さなので、映画デビューにもおすすめです。

フードやグッズも新商品が登場!

食べるのがもったいない!キャラフード

3Fのミュージアムカフェにも新メニューが続々登場!ランチタイムには「ドラえもん三日月ラーメン」「コロ助チャーハン」。デザートには「のび太のおやすみチーズケーキプレート」「宇宙人からのクレーム?!タルト」。

どれも子どもが喜んでパクパクと食べてくれそうですが、正直かわいすぎて食べるのがもったいない!

キャラクターフードって実際味はどうなんだろう…と気になるところですが、どれもこだわったレシピで作られているのでとっても美味しかったです。

細かいところまでこだわるミュージアムにスタッフさんの藤子先生愛を感じますね!

ロゼットやピンズなど新作グッズもキュート!

ママに人気のロゼットは、藤子Fグッズとなるとこんなにポップで面白い!原画をそのままデザインした「ON-Naji!ピンズ」も、ドラえもんとのび太くんのやりとりについついほっこりしちゃう一品。どちらも子どものバッグなどにつけたくなります!

ほかにもポストカードやポーチなど新作グッズ目白押しなので、帰る前にじっくり吟味してくださいね。かわいいグッズがたくさんあるので、子どもよりも親の方がついつい見入ってしまう恐れがあります。

「藤子・F・不二雄ミュージアム」へのアクセス

日時指定の完全予約制なので注意!

入館時間は10:00・12:00・14:00・16:00の1日4回に分かれていますが、入れ替え制ではないのでゆっくり堪能できるのがうれしいポイント。チケットはローソンチケットで事前購入が必要なので、前もって準備しておきましょう!

電車の場合

JR南武線、小田急線「登戸」駅からシャトルバスが出ているのでアクセスもスムーズです!駅や街中でも藤子・F・不二雄キャラクターがお迎えしてくれるので、探してみてくださいね。

車の場合

駐車場のご用意はありませんので、公共交通機関をご利用ください。やむをえない場合は近隣にパーキングがありますが、台数が少ないので注意が必要です。

まとめ

パワーアップした「みんなのひろば」を筆頭に、ますます楽しい空間を提供してくれる藤子・F・不二雄ミュージアム。

何度行っても面白い場所なので、親子、祖父母、友人といろんな人と行ってみるとまた違った楽しさが味わえますよ。これを機会にまた藤子F作品を見返してみるのも、より「すこしふしぎ」な世界との距離が近くなるはず!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(かわさきし ふじこ・えふ・ふじおみゅーじあむ)

神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1

0570-055-245

入館時間は1日4回(10:00 / 12:00 / 14:00 / 16:00)
※事前完全予約制
※入れ替え制ではなく、開始時刻から30分まで入館可能

毎週火曜日、年末年始

0歳以上

大人・大学生  1,000円
高校・中学生  700円
子ども(4歳以上) 500円
※チケットは事前に全国のローソンで購入必要(日時指定予約制)
※購入済チケットの日時変更方法については公式HPを確認

http://fujiko-museum.com/

ベビーカー置き場・おむつ交換台・授乳室有、

ライター紹介

大曽根 真悠

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj