就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・文京区】金魚に囲まれた休日を過ごせる「金魚坂」

【東京・文京区】金魚に囲まれた休日を過ごせる「金魚坂」

文京区本郷。みなさんもご存知、東京大学のある街です。住宅が立ち並ぶ静かな路地裏に、気になってつい中を覗き込みたくなるような雰囲気をまとうお店が一軒。今回ご紹介する「金魚坂」です。釣り堀のあるレストランという、ちょっと不思議なお店。どんな場所なんだろう。はしゃぎたくなる心を抑えつつ、取材に伺いました。

「金魚坂」ってどんなところ?

創業350年、金魚釣りができるレストラン

創業350年の金魚屋。まわりに漂う静かで穏やかな空気をまったく崩すことなく、大きな存在感を持つ。その佇まいが「あ、このお店はずっとここにあり続けてきたんだなぁ」という感想を抱かせます。

本業は金魚と錦鯉の卸問屋。金魚を身近に感じつつ、ゆったりとくつろいでほしいという思いから、食事処「金魚坂」をオープンしたそうです。

飲食店の看板を掲げている「金魚坂」ですが、楽しめるのは食事だけではありません。嬉しいことに、お店の外では金魚釣りや金魚すくいができちゃうんです。子どもを連れて行ったら、喜ぶこと間違いなしですね。今回はレストランの外、「金魚釣り」の方をメインにご紹介したいと思います。

ワクワクドキドキの金魚釣り体験

なん匹釣れるかな…?

それでは早速「金魚釣り」にチャレンジ。

いけすの中を覗くと、150匹前後の錦鯉や金魚(和金)がひらひらと泳いでいます。「かわいい…」今から釣り上げる身にもかかわらず、つい見とれてしまいます。

まずは、釣竿とエサをレンタル。

料金は小学生以下の子どもで30分500円、中学生以上の大人で30分700円でチャレンジできます。時間も料金も、気軽にできる設定なのが嬉しいポイントです。

金魚を釣るには、金魚の小さな口に入るくらいのサイズにエサを丸めます。それを針につけ、釣り糸をたらすと…、「やった!ごはんだ!」と言わんばかりに、金魚たちが群がってきました。もうどの子が食らいついているのかわからない…(笑)金魚たちも元気そうです。

普通の釣り堀と違って、いけすの水は透明。魚の様子を見てエサを動かしたり、口にエサが入ったタイミングを見計らって竿を引き上げたりするので、少し技術が必要です。

子どもには少し難しいのかな?と思いましたが、お店の方によると子どもは頭が柔らかく、よい意味でずる賢いので、大人よりコツをつかむのが早いそう。

私も子どもを見習って、「何が何でも釣ってやる!」と戦闘態勢に。我を忘れて本気でやりましたが、なかなか釣れず…。子どもには到底敵いそうにありません(笑)

お店の方に釣りのコツを教えてもらいながら根気強く続けていると、やっと釣り上げることができました!成果は30分ほどやって金魚2匹。少ないと思ったかもしれないですが、「大人だから」多めに見ていただけると嬉しいです…(笑)

金魚釣りは、10匹以上釣ると「小赤3匹」か「メダカ5匹」をプレゼントしてもらえます。また、20匹以上、50匹以上と、釣れた匹数に応じて、もらえるものが豪華に!チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

小さな金魚の群れの中に、一際目立つ大きなお魚が。錦鯉です。「いけすには入ってるけど、まさか釣る対象ではないだろう」と勝手に思っていたのですが、なんと釣れるらしい。大物を釣ってやるぞ!というチャレンジャーさん。エサを底に沈めると釣れやすくなるそうなので、ぜひやってみてください。ちなみに私もちゃっかりチャレンジしてみましたが、錦鯉には見向きもされませんでした(笑)

いろ〜んな種類の金魚、観るのも楽しい

「金魚と錦鯉の卸問屋」という本業の姿

52 件

ライター紹介

関口 栄理

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC