就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・文京区】金魚に囲まれた休日を過ごせる「金魚坂」

【東京・文京区】金魚に囲まれた休日を過ごせる「金魚坂」

文京区本郷。みなさんもご存知、東京大学のある街です。住宅が立ち並ぶ静かな路地裏に、気になってつい中を覗き込みたくなるような雰囲気をまとうお店が一軒。今回ご紹介する「金魚坂」です。釣り堀のあるレストランという、ちょっと不思議なお店。どんな場所なんだろう。はしゃぎたくなる心を抑えつつ、取材に伺いました。

「金魚坂」ってどんなところ?

創業350年、金魚釣りができるレストラン

創業350年の金魚屋。まわりに漂う静かで穏やかな空気をまったく崩すことなく、大きな存在感を持つ。その佇まいが「あ、このお店はずっとここにあり続けてきたんだなぁ」という感想を抱かせます。

本業は金魚と錦鯉の卸問屋。金魚を身近に感じつつ、ゆったりとくつろいでほしいという思いから、食事処「金魚坂」をオープンしたそうです。

飲食店の看板を掲げている「金魚坂」ですが、楽しめるのは食事だけではありません。嬉しいことに、お店の外では金魚釣りや金魚すくいができちゃうんです。子どもを連れて行ったら、喜ぶこと間違いなしですね。今回はレストランの外、「金魚釣り」の方をメインにご紹介したいと思います。

ワクワクドキドキの金魚釣り体験

なん匹釣れるかな…?

それでは早速「金魚釣り」にチャレンジ。

いけすの中を覗くと、150匹前後の錦鯉や金魚(和金)がひらひらと泳いでいます。「かわいい…」今から釣り上げる身にもかかわらず、つい見とれてしまいます。

まずは、釣竿とエサをレンタル。

料金は小学生以下の子どもで30分500円、中学生以上の大人で30分700円でチャレンジできます。時間も料金も、気軽にできる設定なのが嬉しいポイントです。

金魚を釣るには、金魚の小さな口に入るくらいのサイズにエサを丸めます。それを針につけ、釣り糸をたらすと…、「やった!ごはんだ!」と言わんばかりに、金魚たちが群がってきました。もうどの子が食らいついているのかわからない…(笑)金魚たちも元気そうです。

普通の釣り堀と違って、いけすの水は透明。魚の様子を見てエサを動かしたり、口にエサが入ったタイミングを見計らって竿を引き上げたりするので、少し技術が必要です。

子どもには少し難しいのかな?と思いましたが、お店の方によると子どもは頭が柔らかく、よい意味でずる賢いので、大人よりコツをつかむのが早いそう。

私も子どもを見習って、「何が何でも釣ってやる!」と戦闘態勢に。我を忘れて本気でやりましたが、なかなか釣れず…。子どもには到底敵いそうにありません(笑)

お店の方に釣りのコツを教えてもらいながら根気強く続けていると、やっと釣り上げることができました!成果は30分ほどやって金魚2匹。少ないと思ったかもしれないですが、「大人だから」多めに見ていただけると嬉しいです…(笑)

金魚釣りは、10匹以上釣ると「小赤3匹」か「メダカ5匹」をプレゼントしてもらえます。また、20匹以上、50匹以上と、釣れた匹数に応じて、もらえるものが豪華に!チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

小さな金魚の群れの中に、一際目立つ大きなお魚が。錦鯉です。「いけすには入ってるけど、まさか釣る対象ではないだろう」と勝手に思っていたのですが、なんと釣れるらしい。大物を釣ってやるぞ!というチャレンジャーさん。エサを底に沈めると釣れやすくなるそうなので、ぜひやってみてください。ちなみに私もちゃっかりチャレンジしてみましたが、錦鯉には見向きもされませんでした(笑)

いろ〜んな種類の金魚、観るのも楽しい

「金魚と錦鯉の卸問屋」という本業の姿

「金魚坂」は、本業の姿も魅力的なお店です。「金魚と錦鯉の卸問屋」ということで、外にはたくさんの種類の金魚たちが、優雅に泳いでいる姿を観ることができます。

卸問屋に加えて、小売の方もちょこっとやっているそうで、一般のお客さんも金魚を購入することができます。

写真の金魚は「ながすジャンボオランダ」という、熊本県長洲町で生まれた品種です。最大で40〜50cmまで大きくなることもあるそうで。

他にも、「らんちゅう」や「朱文金」など本当に多種多様な金魚たちを観ることができるので、釣りをしたついでに観てみることをおすすめします。

金魚鉢なども販売しています

実際に金魚が泳いでいますが、味のある金魚鉢や水槽も購入することができます。他にも水槽の底にひきつめる砂など、金魚を飼うのに必要なものが売っているので、購入を検討してみるのもいいかもしれないですね。

お食事処「金魚坂」で穏やかな時間を

前述していた通り、「金魚坂」はレストランと釣り堀のあるお店です。レストランからは足を踏み入れたくなる雰囲気がぷんぷん…。「金魚釣り」をメインにご紹介するとは言ったものの、ぜひこちらもご紹介したい。そこでお食事の方はいただかなかったのですが、カフェの方もしっかり覗かせていただきました。

かわいらしい金魚グッズ

扉を開けて店内に足を踏み入れると、かわいらしい金魚グッズが並んでいました。「かわいい、ほしい…」と思いながらも、がまんがまん。

お土産にとてもいいなと思えるグッズばかりでしたので、子どもと一緒に選んでみてもいいですね。

ほっと一息つくにはもってこいの雰囲気

店内は一階と二階に分かれています。写真は一階の様子です。アンティーク調のテーブルや椅子が並べられ、雰囲気はバッチリ。まったく期待は裏切られませんでした。

レストランでは、ケーキやトーストといった軽い食事から、カレーといったしっかりした食事までを提供しています。

こちらが二階になります。木目調のテーブルや椅子が並び、温かい雰囲気。一階とはまた違うよさがありますね。

二階に上がるには階段を使用する必要があります。ベビーカーを持ち込むことは可能ですが、少し大変かも。入店時に貴重品だけを持って、ベビーカーをお店に預けることもできますので、お店の方に相談してみてください。

店内にはたくさんの金魚たちが

コースターや絵画、飾り物やトイレマットまで…。店内に入ると、いたるところに金魚たちが。「金魚坂」は外も中もとにかく金魚であふれています。なん匹の金魚がいるのでしょう?探してみると楽しいかも。

アクセス

営団地下鉄「本郷三丁目駅」から徒歩5分。都営地下鉄「本郷三丁目駅」から徒歩4分。本郷通りをまっすぐ進み、花屋さんが見えてくるのでそこを左に曲がります。

「金魚坂」には専用の駐車場はありません。車で行く場合は、「金魚坂」周辺のコインパーキングをご利用ください。

まとめ

「金魚坂」の客層は幅広く、小さいお子さんからお年寄りまで性別にかかわらず、たくさんの方が訪れるそうです。親子連れの方はもちろん、子どもだけで遊びにくることも多いらしく、15〜16時あたりは、学校終わりの子どもたちがランドセルを背負って顔を出すのだとか。このことからも「金魚坂」には、子どもが楽しめる要素がたくさん詰まっていることがうかがえます。

金魚釣りを楽しんでもよし、カフェでゆったりとくつろいでもよし。子どもだけでなく、大人も満足できる場所になっています。「金魚坂」で子どもと一緒に、金魚に囲まれた休日を過ごしてみてはいかがですか?

金魚坂(きんぎょざか)

東京都文京区本郷5-3-15

03-3815-7088

〈釣り堀〉夏季4月〜9月 11:30〜20:00(最終受付19:00まで)、冬季10月〜3月 11:30〜19:00(最終受付18:00まで)、〈カフェ〉平日 11:30-21:30 (L.O/21:00) 、土日祝 11:30-20:00 (L.O/19:30)

月・第3火曜 (祝日の場合は営業/翌日振替休日) 、年末年始(12/30-1/4)

釣りができれば何歳でもOK

〈30分〉子ども(小学生以下):500円、大人(中学生以上):700円、〈エサの追加〉100円、〈延長30分毎〉子ども:300円、大人:500円

http://www.kingyozaka.com/

ベビーカー入場可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

関口 栄理

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018