就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・目黒区】子どもの心を解放する絵本探し「絵本の店・星の子」

【東京・目黒区】子どもの心を解放する絵本探し「絵本の店・星の子」

絵本といっても千差万別、0歳・1歳・2歳…と成長に合わせて楽しめる内容も変わっていきますよね。今回紹介する「絵本の店・星の子」さんは、「子どもの成長に合わせた絵本を読んでほしい」という元保育士の高橋さんが経営する絵本専門店。独自のセレクトで子どもたちの発想力や自己肯定感を育む絵本に出会えますよ!

「絵本の店・星の子」はどんなお店なの?

閑静な住宅街にあるアットホームなお店

絵本の専門店「絵本の店・星の子」は、東急東横線の「自由が丘駅」からひと駅の東急大井町線「緑が丘駅」から徒歩7分ほど。のんびりとした雰囲気の商店街を抜けて呑川という小さな川沿いを歩いていくと住宅地の中にお店があります。

店主の高橋さんのご自宅の1Fを改装して作られたということもあり、とても親しみのある店舗になっています。

お店の営業日は木・金・土のみなので注意が必要です!(木・金・土が祝日の場合も営業します)

店主は元保育士、子育てのベテランが営む

2001年の4月に開店し、お店は今年で18年目。
店主の高橋さんは、お店を始める前は一般企業での勤務を経て、保育士として長年勤務されていたのだとか。

「前から児童書の専門店をやりたいという夢があったんです。保育士として働きながらこの先のことを考えていた頃に、夫の「商店街じゃなくてもお店のやり方は色々あるんじゃないか?」という言葉に励まされて、自宅を改装して開業することにしたんです。」と高橋さん。

定年退職する1年前から絵本について勉強しつつ開店準備を始めて、それと同時に毎月1回おはなし会を友人と開催していたのだそう。

定年というひとつの人生の節目に、新しい夢に向かって歩き出すなんてとても素敵で憧れます!

プレイルームやコミュニケーションルームも

店内には子連れにうれしいプレイルームとコミュニケーションルームがあります。読み聞かせやわらべうたなどのイベントも行われているのだとか!

絵本を通じてさまざまな交流ができますよ。

どんなものが置いてあるの?

海外作品をメインに年齢に合った絵本を選定

「絵本の店・星の子」には乳幼児向けの絵本から児童文学まで、壁一面に本がぎっしり並んでいます。

「ピーター・ラビット」や「マドレーヌ」、「かいじゅうたちのいるところ」で有名なセンダック作品など…海外で出版された作品の翻訳版を多く取り扱っていますが、これは特に意図したわけではないのだそう。

「日本の絵本もありますが、自然と惹かれるものが海外作品だったんです。いわゆるベストセラーだとか学校推薦図書ではなく、自分がぜひ手渡したいと思う本を入れていますね。一番大事にしているのは、子どもの年齢にあった内容の絵本が手元に渡るように意識しています」と、高橋さん。

有名作だけでなくたくさんの絵本があるので、年齢に合わせた絵本をおすすめしてくれますよ。

年齢に合わせた絵本を選ぶことの大切さとは

年齢に合わせた絵本選び、具体的にはどんなものがよいのでしょうか?

「3歳児はやっと自立をし始めますが、自分の周りにあるのはまだ家族や生活の上で見かけるものが中心。そういうものや自分がいる場所がテーマになっている作品がおすすめです。あまり複雑なものは理解できないし、日々の生活が喜びにあふれていたり自分と同化できるものがよいですね」

「4〜5歳になると、ファンタジックなものも入ってきて世界が広がってきます。関係も家族だけでなく、友達や出かけた先のことなども入ってきて興味関心も広がってくるので、それに沿うような本がよいのではないでしょうか。星の子では、感覚的でファンタジックなものでも具体的に目の前にあるかのように展開していく作品を大事にしています」

なるほど!日本の絵本には対象年齢が書かれていることが多いので、それ以外はなんとなく選んでいることが個人的に多かったのですが、成長に合わせて選ぶ視点は大事ですね。とても参考になりました。

絵本はしつけるものではなく楽しむもの

最近は「親が子どもにこうあってほしい」という目的に合わせた絵本が日本には多いように感じます。その点はどのように感じているのでしょうか?

「私は説教くさくない、子どもらしさを感じる絵本を好みます。丸ごと子どもを子どもとして受け入れる『自分は自分らしくあっていいんだ』と自己肯定感を育むような本を読むことで、人生経験を積んでいくのではないかと思いますね」

店主の高橋さんは現代の風潮には流されず、子どもが楽しめる絵本セレクトをしているのだなと感銘を受けました。

「絵本でしつけや説教をして欲しくないですね。大人から見た「いい子」の絵本が日本には多いので、心が解放されるような絵本を未就学児の子どもたちにはたくさん読んでほしいです」

おすすめの絵本を紹介してもらいました

3歳児には日常の物語

「せきたんやのくまさん」はぬいぐるみのくまさんのシリーズで、ヨーロッパで石炭が盛んだった頃のおはなし。

1日の生活のお話で、1・2・3と数を数えたり繰り返す擬音も楽しい!身近なものをとおしてお金や仕事などの社会の話も盛り込まれています。

4〜5歳児には日常に少し冒険を

「こぐまのくんちゃん」は冬眠に入る前の晩秋にお散歩していたときのおはなし。くんちゃんの好奇心と両親の「子どものやりたことを抑えない」姿勢が心温まります!

ほかには雑貨もたくさんあります

ヨーロッパ製のおもちゃがカワイイ!

絵本以外にもお店にはスイスやドイツなどヨーロッパ各地のおもちゃがたくさん!

デザインもとってもかわいいので、どれにしようか選ぶのに迷ってしまいます。小さな人形はインテリアとして部屋に飾ってもステキですね。

お店までのアクセス

「絵本の店・星の子」へは、東急大井町線「緑が丘駅」から徒歩7分ほど。呑川という小川沿いを歩いていくと住宅街の中にあります。

車でお越しの場合は、店舗と近隣には駐車場がないので、駅の付近で探すとよいでしょう。

まとめ

「絵本の店・星の子」では大人目線の絵本選びではなく、子ども自身が物語の世界を楽しめる絵本選びをしていて、その大切さがよくわかりました。

また、子どもの成長に合った絵本を読むことでより感受性を豊かにしたり自己肯定感を伸ばしていくことは、「しつけ」よりも大事なことだなと強く実感させられました。

のびのびとした子育てをしたい人、子どもにどんな作品を読ませたらいいのか迷ったときは、ぜひ星の子さんにおすすめの絵本を紹介してもらいましょう!

絵本の店・星の子(えほんのみせほしのこ)

東京都大田区石川町1-26-8

03-3727-8505

木・金11:00~18:00
土・祝日11:00~17:00

月・火・水、その他

0歳以上

商品により異なる

http://hoshinoko.la.coocan.jp/

駐車場なし ※ベビーカーは入口横のスペースに

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

大曽根 真悠

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018