就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・四谷】消防の歴史を楽しく学ぼう!「消防博物館」

【東京・四谷】消防の歴史を楽しく学ぼう!「消防博物館」

火事が起きたときに助けに来てくれる私たちのヒーロー「消防士」。そんな消防士に憧れを抱く子どもたちも少なくないはずです。そんな消防士のお仕事や歴史を、子どもでもわかりやすく勉強できるのが「消防博物館」。貴重な展示や体験型コンテンツを通して、消防の世界を楽しく覗いてみましょう。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

「消防博物館」ってどんなところ?

子どもでも楽しく消防について学べる施設

消防の始まりから現在にいたるまで、消火方法・消防自動車・消防隊の装備は数々の進化を遂げてきました。「消防博物館」ではそんな消防の歩みだけではなく、現代の消防士の仕事などについても楽しく学ぶことができます。

防火衣を着て消防隊になりきったり、体験型コンテンツで消防のお仕事を体験してみたり、実際に活躍していた消防ヘリコプターに乗ってみたり…、ワクワクドキドキが止まらない「消防博物館」をじっくりみていきましょう。

各フロア情報

B1F:消防自動車の変遷・ミュージアムショップ

1F:エントランス

3F:現代の消防

4F:消防の変遷

5F:消防の夜明け

6F:企画展示室

7F:図書資料室(水・金・日 13:00〜16:30)

10F:防災ラウンジ

2Fは「四谷消防署」、8Fは「消防博物館事務室」、9Fは「事務室」になっているので、これらのフロアは見学できません。

子ども向けフロアは主にB1F・3Fです。これらのフロアを重点的にご紹介していきます!

ベビーカーについて

館内ではベビーカーでの移動はOK!エレベータがあるので、階の移動も楽チンです。ですが館内は、消防車やシミュレーターなど乗り込んで楽しむ展示も多く、フロア内は抱っこ紐などで回った方がフットワークがよいので、ベビーカー置き場を利用してみてください。

ベビーカー置き場は、B1F「ベンツ・メッツ」横、1F「ヘリコプター」奥、3F窓側、6F「ふれあいコーナー」横に、黒色のテープで指定されているスペースです。

B1F:かっこいい消防自動車が間近に!

大正から平成にかけて活躍した消防自動車たち

B1Fには、東京に初めて消防ポンプ自動車が導入された大正時代から平成にかけて活躍した消防自動車がずらり。歴史を重ねるにつれ、進歩を遂げてきた消防自動車たちは、子どもたちの心を奪う堂々としたいでたちです。

子ども用のいすが用意されているので、消防自動車たちとの記念撮影に使ってみてください。

このフロアの一角には、消防博物館のマスコットキャラクター「ファイアーくん」と一緒に写真が撮れる場所があります。

目の前に立つと、ファイアーくんが勢いよくしゃべりだします。ちょっとびっくりするかもしれませんが、せっかくなので試してみてください!(笑)

3F:体験型コンテンツが充実!

ショーステージで消防・救急活動を理解しよう!

消防活動のしくみについて学べるショーステージです。火事が起き、119番通報がきてから消火活動を終えるまで、消防隊がどのように動くのかが映像とモーターカーによって子どもでもわかりやすく学べるようになっています。

「消防隊に変身」であのかっこいい消防隊になれちゃう

「消防隊に変身」では、防火衣を着用できるコーナーがあります。着用できる防火衣は、「ポンプ隊」「特別消火中隊」「特別救助隊」の三種類。ヘルメットも一緒にかぶれば、かっこいい消防士に早変わり!

同じコーナーには存在感のある「消防ポンプ車」があり、防火衣を着たまま乗り込むことができるんです。より一層、消防隊の気分を味わうことができますよ!

「なろうよ!消防士」で消防士のお仕事体験!

「なろうよ!消防士」では、火事の現場に出動し消火活動を行うという消防士の仕事を、大きなスクリーンを通して体験することができます。

まずは火事の現場に向かいます!交通ルールを守りながら、一秒でも早く現場に到着できるように…。

一人でやるにはまだ難しい小さい子の場合は、ママとの協力プレーで乗り切りましょう!

火事の現場に到着!次は消火活動です。放水の位置を考えながら、消火をしていきます。

消火が終わると、結果発表!

点数に応じて、ランクが表示されます。ランクは東京消防庁の階級章で、「消防士」〜「消防総監」のいずれかをもらうことができます。目指せ、最高ランクの「消防総監」!

4〜5Fも見どころ満載です

4F:「消防の変遷」

4F「消防の変遷」では、明治から昭和にかけての消防の働きの移り変わりについて紹介されています。

内容は少し難しいので大人向けのフロアになりますが、写真のような迫力満点の展示がされているので、子どもでも見て楽しむことができますよ!

5F:「消防の夜明け」

5F「消防の夜明け」では、消防の始まりである江戸時代の火消について紹介されています。

江戸時代の消火風景がジオラマによって細部まで表現されていて、当時の火消の仕事ぶりを目の前で実際に見ているような気分を味わえますよ!

5Fの屋外には消防ヘリコプターが!

屋内に展示されているのは、東京消防庁で三番目に活躍した消防ヘリコプター「かもめ」。

実はこのヘリコプターの操縦席に乗ることができちゃいます!目の前には空が広がっているので、実際に操縦しているような気分になれるんです。

かっこいい…。特に男の子は喜びそうです!

ちなみに雨天・強風など、その日の天候によって閉鎖されていることもあるので、注意してくださいね。

10F:「防災ラウンジ」でひと休み

飲食OKの広々とした休憩スペース

10Fの「防災ラウンジ」は休憩スペースとなっています。

このスペースではお弁当などの持ち込みがOKなので、食事休憩に使ってもよいですね。ゴミ箱はありませんので、ゴミは持ち帰りです。ここには自動販売機がありますが食事の販売はしていないので、事前に準備をしていきましょう。

ほかのフロアでは飲食NGで、飲み物に関してはキャップ付き容器以外は持ち運びもできません。自動販売機で買ったパックの飲み物などは、このスペースで飲み終えてから見学をしましょう。

休憩スペースからの外の景色はとっても開放的!運がよければ富士山を眺めることができるかも?

休憩スペース内には授乳室があります

休憩スペース内には、清潔感のある授乳室が設置されています。完全個室のソファ席なので、ゆっくり利用することができますよ。

「消防博物館」へのアクセス

交通機関を利用される方

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」2番出口直結
JR中央本線「信濃町駅」・「四ツ谷駅」から徒歩各12分
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩7分

車でお越しになる方

駐車場はありませんので、交通機関を利用することをおすすめします。車で来館される場合は、お近くの駐車場をご利用ください。

まとめ

「消防」と聞いて真っ先に私たちが想像するのは、火事現場での消火活動と人命救助。そこにいたるまでどのように動いているのか、これまで消防はどんな歴史を歩んできたのかといった深いところまでを知る機会はなかなかないですよね。このように子どもだけでなく、ママの興味も引くような情報が充実しているのも「消防博物館」の魅力の一つです。

「消防博物館」は子どもたちが、「僕たち、私たちの生活を守ってくれている人がいる」ということ知り、「消防士はすごいお仕事なんだ!」と再確認できるような施設です。ぜひ一度は足を運んでみてくださいね。

消防博物館(しょうぼうはくぶつかん)

東京都新宿区四谷3-10

03-3353-9119

9:30〜17:00(図書資料室は水・金・日の13:00〜16:30)

月(祝日の場合は翌平日)、9月1日の防災の日、10月1日の都民の日、1月17日の防災とボランティアの日が月曜日の場合は翌平日、年末年始

0歳以上

無料

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台、授乳室、弁当持ち込み可(10Fラウンジでのみ飲食可)

ライター紹介

関口 栄理

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj