就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・四谷】消防の歴史を楽しく学ぼう!「消防博物館」

【東京・四谷】消防の歴史を楽しく学ぼう!「消防博物館」

4〜5Fも見どころ満載です

4F:「消防の変遷」

4F「消防の変遷」では、明治から昭和にかけての消防の働きの移り変わりについて紹介されています。

内容は少し難しいので大人向けのフロアになりますが、写真のような迫力満点の展示がされているので、子どもでも見て楽しむことができますよ!

5F:「消防の夜明け」

5F「消防の夜明け」では、消防の始まりである江戸時代の火消について紹介されています。

江戸時代の消火風景がジオラマによって細部まで表現されていて、当時の火消の仕事ぶりを目の前で実際に見ているような気分を味わえますよ!

5Fの屋外には消防ヘリコプターが!

屋内に展示されているのは、東京消防庁で三番目に活躍した消防ヘリコプター「かもめ」。

実はこのヘリコプターの操縦席に乗ることができちゃいます!目の前には空が広がっているので、実際に操縦しているような気分になれるんです。

かっこいい…。特に男の子は喜びそうです!

ちなみに雨天・強風など、その日の天候によって閉鎖されていることもあるので、注意してくださいね。

10F:「防災ラウンジ」でひと休み

飲食OKの広々とした休憩スペース

10Fの「防災ラウンジ」は休憩スペースとなっています。

このスペースではお弁当などの持ち込みがOKなので、食事休憩に使ってもよいですね。ゴミ箱はありませんので、ゴミは持ち帰りです。ここには自動販売機がありますが食事の販売はしていないので、事前に準備をしていきましょう。

ほかのフロアでは飲食NGで、飲み物に関してはキャップ付き容器以外は持ち運びもできません。自動販売機で買ったパックの飲み物などは、このスペースで飲み終えてから見学をしましょう。

休憩スペースからの外の景色はとっても開放的!運がよければ富士山を眺めることができるかも?

休憩スペース内には授乳室があります

休憩スペース内には、清潔感のある授乳室が設置されています。完全個室のソファ席なので、ゆっくり利用することができますよ。

「消防博物館」へのアクセス

交通機関を利用される方

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」2番出口直結
JR中央本線「信濃町駅」・「四ツ谷駅」から徒歩各12分
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩7分

車でお越しになる方

駐車場はありませんので、交通機関を利用することをおすすめします。車で来館される場合は、お近くの駐車場をご利用ください。

まとめ

「消防」と聞いて真っ先に私たちが想像するのは、火事現場での消火活動と人命救助。そこにいたるまでどのように動いているのか、これまで消防はどんな歴史を歩んできたのかといった深いところまでを知る機会はなかなかないですよね。このように子どもだけでなく、ママの興味も引くような情報が充実しているのも「消防博物館」の魅力の一つです。

「消防博物館」は子どもたちが、「僕たち、私たちの生活を守ってくれている人がいる」ということ知り、「消防士はすごいお仕事なんだ!」と再確認できるような施設です。ぜひ一度は足を運んでみてくださいね。

消防博物館(しょうぼうはくぶつかん)

東京都新宿区四谷3-10

03-3353-9119

9:30〜17:00(図書資料室は水・金・日の13:00〜16:30)

月(祝日の場合は翌平日)、9月1日の防災の日、10月1日の都民の日、1月17日の防災とボランティアの日が月曜日の場合は翌平日、年末年始

0歳以上

無料

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台、授乳室、弁当持ち込み可(10Fラウンジでのみ飲食可)

70 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND