就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

里帰り出産の時期や期間は?メリットやデメリットと帰省時の注意点

里帰り出産の時期や期間は?メリットやデメリットと帰省時の注意点

きちんと準備をしていても、妊娠経過によっては里帰り出産ができなくなってしまう場合があります。とくに、切迫早産や妊娠合併症になった場合には里帰りできなくなるケースが多いようです。妊娠中に無理は禁物ですから、医師と里帰りできるかどうか相談して決めるようにしてくださいね。

仮に里帰り出産が無理になった場合、自宅近くの病院で新たに分娩予約をとったり、産後の時期をパパと乗り切るための準備が必要になったりします。

パパの帰宅が遅く、家事や育児への協力が得にくいことが予想される場合には、お住まいの自治体で産後ヘルパーの派遣がないか、家事代行サービスやお弁当宅配サービスでよいものがないかどうかなどを調べ、準備をしておくとよいでしょう。

パパと十分に話し合って里帰りしましょう

大きなお腹をかかえ、お産への不安や産後の育児への心配をしながら過ごしているママの中には、少しでも早く実家に帰って残りの妊娠期間をリラックスして過ごしたいと考える方は少なくありません。

しかしその一方で、長く実家に帰ってしまわれると寂しくなってしまうパパは多くいます。忙しい仕事の合間をぬって赤ちゃんに会いに行こうにも、実家との距離が離れていたり、パパの仕事が忙しかったりすると難しい場合も多々ありますよね。

里帰りに対する夫婦間の意識の差はあるかもしれませんが、今後のためにも産前産後の時期をどのように過ごすのかについて夫婦でしっかりと話し合っていただき、パパの理解を得たうえで里帰りするように努めてくださいね。

まとめ

里帰り出産をする人、里帰りをせずに夫婦で乗り切る人とさまざまですが、まずは里帰りの期間や準備すべきもの、里帰りをすることのメリットやデメリットなどについて知っていただき、里帰り出産を検討する際の参考にしていただければ嬉しく思います。

妊娠は必ずしも計画どおりに進まないため、里帰りを予定していたとしても無理になってしまう場合もありますが、パパや周りの方に協力してもらいながら元気な赤ちゃんを産み、産後の時期をゆっくり過ごしてくださいね。
25 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND