就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中の服はどうするの?快適な妊婦生活を送るための服選び

妊娠中の服はどうするの?快適な妊婦生活を送るための服選び

ゆったりフォルムのワンピースを選ぼう

あまりお出かけをしない妊婦期間はわざわざマタニティ服を購入せずとも、ゆったりしたフォルムの服をチョイスすることで代用可能です。ただ、普通のトップスの丈ではお腹が出てしまうこともあり、上下に分かれるとどうしてもお腹に締めつけがあるものが必要になるので、やはりワンピースが楽ちんです。

ウエストにしぼりのないストンとしたシルエットのワンピースで伸縮性があり、膝の下まで丈があるものだと家着やちょっとした外出着として最適です。丈が短すぎるとお腹の分だけ前が短くなってしまうので注意しましょう。

ジャージー素材やニット、マキシ丈やミモレ丈、といったポイントを押さえてワンピースを選ぶと妊娠中でも違和感なく着こなせますね。

トップスはメンズTシャツで乗りきろう

妊娠中は足元の冷えが気になりますので、レギンスやタイツで過ごしているママも多いのではないでしょうか。ワンピースではなく、程よいトップスが欲しいときはパパのメンズTシャツを拝借するというのもよいアイデアです。

メンズTシャツはもちろんレディースよりも丈が長く、身ごろもゆったりしたサイズになるのでママはお腹がはみ出すのを気にせず着用できます。パパと服を共用するのも妊娠期間ならではのあるあるなので、大好きなパパの香りに包まれる幸せを味わってみてはいかがでしょうか。

大きめサイズのアイテムも最近のトレンドなので、メンズTシャツではデザインが物足りないときにはレディースの「オーバーサイズシャツ」などを着てみてもよいですね。

レギンスなど小物は専用グッズを揃えよう

ほとんどのアイテムはマタニティで揃えなくても乗り切ることができますが、レギンスやブラジャー、タイツ、ショーツなどは専用のものを揃えるほうが快適に過ごすことができます。直接肌に触れるアイテムは、肌触りや素材、伸縮性や吸湿性などデザインや形以外でも妊婦に優しい機能であることが多くなります。

マタニティ用のレギンスやタイツはお腹周りが特殊なカッティングになっています。お腹に負担をかけず、ずり落ちないホールド感の高い仕様になっているのでぜひ揃えてください。同じ理由で、ジーンズなども妊婦用のほうが格段に着心地がよくなります。

生活スタイルや好きな服装なども考えながら、専用のものを揃えるかどうか決めていきましょう。

まとめ

ほんの短い期間しか着ないのなら揃える必要はないのでは、と考えてしまいがちなマタニティウェアですが、その短い期間をいかに快適に過ごせるかが妊娠中に着る服にかかっているとしたらどうでしょう。お家でリラックスするにも、食い込みや締めつけがあるとゆったりできませんよね。

妊婦服は、妊娠期間に女性の体に起きる変化に合わせて作られているので、着心地がよく実用性の高い服が多いのも事実です。必要なものと、代用できるものを上手に見極めて、快適なマタニティライフを送りましょう。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND