就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の室内遊び!雨の日でも子どもと楽しく遊んじゃおう!

1歳児の室内遊び!雨の日でも子どもと楽しく遊んじゃおう!

1歳を過ぎると歩けるようになる子も増えてきて、公園などに遊びにいくことも多いですよね。しかし、お天気の悪い日や、梅雨の季節などは外にいけないので「室内でどう遊んでいいか分からない」と悩むママも…。今回は、1歳の子どもにおすすめの室内での遊び方や、雨の日におすすめのおでかけスポットなどをご紹介します。

1歳児のできることを知って一緒に遊ぼう!

1歳児とはこんな時期

1歳という年齢は、赤ちゃんから子どもへの第一歩を踏み出したばかりの大切な時期です。1歳の子どもは好奇心旺盛なので、毎日さまざまなことを吸収して、心や体が成長していきます。

1歳を過ぎると個人差はありますが、ほとんどの子どもが1人で立てるようになったり、歩けるようになったりします。1人で歩けるようになると、ハイハイや掴まり立ちの時期と比べて、行動範囲が広がりますよね。

また、「ママ」や「わんわん」など、短い単語を話し始める子もいます。少しずつ話せるようになると、ママも子どもとコミュニケーションがとりやすくなりますね。どんなことにも興味津々な時期なので、室内でも一緒に楽しむ方法はたくさんありますよ。

1歳児の心と体の変化

1歳児の成長はパパやママもびっくりするくらい、早く感じるものではないでしょうか。1歳1カ月、1歳2カ月と、月齢を重ねるにつれて心や体はどんどん成長していきます。

1歳児の心の変化には、次のようなものがあります。
  • 大人のすることをなんでも真似っこする
  • 食べたり、靴を履いたりするときに、自分でやりたがる
  • パパやママにかまってほしくて、わざといたずらをする
  • 音楽を聞くとリズムに合わせて踊る
1歳児の体の変化には、次のようなものがあります。
  • 積み木を2~3個積める
  • 階段を1人で登れる
  • 滑り台やブランコなどの遊具で遊べる
  • 「バイバイ」「まんま」など、意味のある言葉をいえる
  • ボールを投げたり蹴ったりできる

1歳児の遊びで重視したいこと

赤ちゃんの頃に比べると1歳児は生活リズムが整っているので、夜寝ると朝までまとまった睡眠をとり、お昼寝も1回と少なくなる子が多いです。1回に起きていられる時間が長くなる1歳児は、赤ちゃんの頃に比べて体力があります。

月齢を重ねるにつれて体力がどんどんついてくるので、日中にしっかり遊ばないと体力が余ってしまい、夜なかなか寝てくれなくなりますよ。1歳児は体力がつくだけではなく、手先を使った動きができるようになる、好奇心や探究心などが発達する大切な時期でもあります。

コミュニケーションがたくさんとれるようになる可愛い時期ですが、いたずらも増えるのでパパやママが大変と感じることも…。危険なこと以外は、なるべく子どもの好きなように遊ばせてあげるとよいでしょう。

1歳児の室内遊び!雨の日も楽しく遊ぼう!

色々な室内遊具で遊ぼう

「雨の日におうちの中で遊ぼうとしても、すぐに飽きられてしまう」と悩むママも多いのではないでしょうか。1歳頃になると体を使った遊びが中心になるので、室内遊具をおうちに置いてもよいかもしれませんね。

先輩ママに聞いてみると、子どもの1歳の誕生日に滑り台とジャングルジムのアスレチックを購入したそうです。購入してからは、毎日楽しそうに遊んでくれているので嬉しいと話してくれました。

「アスレチックは、値段も高いし買いづらい」という方は、ダンボールで作るアスレチックもおすすめですよ。ダンボールをいくつかつなげるだけでトンネルのようになり、ハイハイでくぐって遊ぶことができます。ダンボールは使ったあと捨てられるので、場所をとらなくてすみますね。

室内でもできる体を動かす遊び

1歳くらいの子どもは体力がついてくるので、室内でも体を動かす遊びをするとよいでしょう。たとえば、追いかけっこやかくれんぼなど、分かりやすい遊びを一緒にしてあげると喜ぶ子が多いですよ。

友人に聞いてみると雨の日はおでかけができないので、おうちの中で子どもと一緒に体を動かして遊ぶようにしているそうです。四つんばいになってお馬さんごっこをして遊んだり、「ガオー」とライオンの真似をして子どもを追いかけたりして遊ぶと子どもが喜ぶと話してくれました。

また、おうちの階段を子どもと一緒に登り降りするだけでも、楽しんでくれるそうですよ。体を使った遊びはママも体力を使うので疲れますが、おでかけしなくても夜にぐっすり寝てくれるそうです。

お手伝いも遊びになる

1歳頃の子どもは、パパやママの真似っこをするのが大好きですよね。ちょっとしたお手伝いをお願いするのも、子どもにとっては楽しい遊びと感じてくれますよ。

1歳くらいの子どもにお手伝いをお願いするときは、簡単なお手伝いからお願いしましょう。たとえば、ゴミをゴミ箱に捨てる、おもちゃをおもちゃ箱にお片付けする、オムツ交換のときにオムツをとってきてもらうなど、おうちの中でお願いできる簡単なお手伝いはたくさんありますよね。

子どもがお手伝いをしてくれたときは、「嬉しい。ありがとう」「すごいね。助かるわ」など、たくさんほめてあげましょう。パパやママにほめられると子どもも嬉しい気持ちになって、積極的にお手伝いをしてくれるかもしれませんね。
33 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC