就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

「スマートテックサウンド」シリーズの機能と魅力

サウンド選択と録音機能で遊びの臨場感UP

2020年秋のバージョンアップで、新たに追加されたのが録音機能です。機関車本体の録音ボタンを押すことで、6秒間までの音声を録音して再生することができます。(録音・再生はアプリ上からも操作可能)

たとえば「パパ、誕生日おめでとう!」と吹き込んで、パパをびっくりさせてみたり、ママが「おやつの時間ですよ」と吹き込んでみたりと、アイデアは無限に広がります。親子やきょうだいで色々な音声を録音してみてくださいね。

BRIO World - Smart Tech Sound Product Demonstration Video

また旧シリーズに比ると選べるサウンドの種類も増え、BRIOレールウェイの遊びの世界をより臨場感たっぷりに楽しめるようになりました!

「アクショントンネル」で自由度の高いレイアウトを実現

本シリーズの大きな特徴の一つが、組み立てたレール上の好きな場所に配置や移動が可能な「アクショントンネル」です。このトンネルたちは、先でも紹介したようにレール上を走る機関車と無線周波数通信を行い、機関車の以下のようなアクションを引き出します。

・警笛や収録音を鳴らす
・バック(後進)する
・故障する(機関車が壊れる音が鳴り、ぎこちない動きになる)
・修理する(修理音が鳴り、機関車がスムーズに走り出す)  など

一度組み立てたレールのレイアウトを組み直すことなく、しかけ部分を自由に移動可能なアクショントンネルは、本シリーズならでは。子どもたちはより遊びの世界に集中できるでしょう。

専用アプリで運転や細かなカスタマイズが可能に

そして今回のバージョンアップの柱となるもう一つの機能が、専用アプリ『BRIO スマートテックサウンド』との連携です。

「アプリでの操作はうちの子にはまだ難しいかな」と思うかもしれませんが、操作画面はいたってシンプル。例えば上の画像はアプリの運転モード画面ですが、マスコン風の操作レバーを上向き矢印の方向へスワイプすれば前進、下向き矢印なら後進、赤いボタンで警笛を鳴らすなど子どもにもわかりやすいデザインになっています。

機関士席のような本格的な操作画面は、きっと子どもたちの汽車ごっこを盛り上げてくれることでしょう。同時にメカ好きなパパも思わず夢中になってしまうかも。

さらに、詳細設定モードでは機関車や各アクショントンネル・駅などの各パーツごとにサウンドの種類を選択・設定、画像右側のマイクアイコンをタップすればアプリからの録音・再生も可能です。

アプリはiOS・AndroidOSともに対応。

手持ちのBRIO木製レールが使える

ママやパパの中には、我が子が初めて汽車や電車に興味を持ち始めたときに最初に手に取ったレールトイがBRIOだったというご家庭もあるかも知れません。

BRIOのレールトイの中には本シリーズのほかにも、手押し機関車・電池式機関車やけん引できる客車やコンテナなど様々な種類の商品があります。そして、どの機関車や電車でも木製レールは共通で使用可能。

すでに持っているBRIOレールに本シリーズを買い足して、子どもの成長に合わせたより本格的なレール遊びを楽しむことも可能です。お友だちやきょうだいが持っているレールを組み合わせて大きなレールタウンを作って遊ぶなど、夢が広がりますね。
55 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版