就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

100均素材でマルチクリップを作ろう!さまざまなアレンジ活用法

100均素材でマルチクリップを作ろう!さまざまなアレンジ活用法

アレンジ広がるゴム製マルチクリップ

落とす心配なしおもちゃ留めクリップ

子どもがベビーカーに乗っていても飽きないように、好きなおもちゃを渡す多いことはですよね。でも、子どもがおもちゃをずっと持ち続けることは難しく、すぐに落としてしまいます。そんなときに、おもちゃ留めマルチクリップがあれば地面に落ちることがないので、汚れずにまたすぐに渡してあげられます。また、ゴム製なら子どもが引っ張っても安心です。

作り方は簡単です。基本のマルチクリップの作り方のカバンテープをゴムに変えるだけです。ベビーカーと子どもの距離もある程度決まっているので、移動カンは必要なければ省略できます。クリップはベビーカーに直接留めたり、マルチクリップのゴムにクリップしてフロントガードに通すこともできます。

また、抱っこの際も使うことができ便利ですよ。

とても衛生的!マルチクリップスタイ

このマルチクリップスタイは、我が家ではおおいに活用してきたアイテムの一つです。スタイは、洗濯まで濡れたままの状態であることが多く、ふちが意外と乾きにくいため、何回か使っているうちにカビができることが多いと思います。

特に我が子のようなよだれの多い子は、吸収のよいスタイでは意外とお値段がはり、枚数がたくさん必要になります。そんな時、ただタオルを変えるだけのマルチクリップタオルはタオルを二つ折りにしてスタイにするので、吸収もよいうえ広げて干すことができるので乾きやすいです。

直接肌に触れるものなので、肌が弱い場合はゴムを布(ガーゼ)で覆うとよいでしょう。
ゴムが伸びる分、布は長めに作るとよいです。

子どもも安心のマルチクリップマスク

最後は、マルチクリップマスクをご紹介します。マスクがない時や外出時にマスクが汚れてしまった際に、このマルチクリップを2つカバンに忍ばせておけば、さっとマスクにすることができます。
このマスクは手持ちのハンカチでできるので、汚れたらすぐに交換することができます。また、子どもの好きな柄のマルチクリップマスクに仕上げることができるので、子どもたちがとても喜びます。

このマルチクリップマスクもゴムが肌に当たるので、肌荒れが気になる場合はゴムを布で覆うと耳が痛くなりにくいです。またクリップが直接肌に触れる部分があるので、肌への当たりが気になる方は、シール付きの布などをつけると肌への当たりが柔らかくなります。

まとめ

マルチクリップは、さまざまな使い方ができ、とても便利ですね。5mm以内の厚さの部分があれば、どこでもつけることができるので、ご紹介した以外にもさまざまな使い方ができそうです。人によって使いやすい長さや幅などは異なるため、自分で作ることで自分好みに仕上げることができますよ。

また、機能的なマルチクリップですが、ゴムや布を自分や子どもの好みの柄に変えれば、ワンポイントおしゃれとして楽しむことができます。
ぜひ、あなたオリジナルのマルチクリップを作ってみてくださいね。
46 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND