就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママのコミュニティは身近に!家のように自然と集える場所

子育てママのコミュニティは身近に!家のように自然と集える場所

子育てをしていると、色々な悩み相談や情報交換ができるコミュニティがあればよいのに、と思うこともありますよね。そこで今回は子育て中のママのコミュニティについて、コミュニティはどんな場所なのか、家をコミュニティの場にしている事例などについてご紹介しています。

子育て中のママのコミュニティとは?

「コミュニティ」とは自然にできた集まり

よくSNSを覗いてみると「◯◯のコミュニティ参加者募集」といった文章を目にすることもあるでしょう。特に違和感を覚えない人も多いですよね。「コミュニティ」と聞くと、ある事象についての情報をシェアするために意図的に人を集めグループを作ること、というように捉えてしまいがちです。

しかし本来の「コミュニティ」の定義は、何かを軸にして自然発生的に人が集まった状態を指します。つまり何かをしたいと思ったときにすでにそこに人が集まっている状態なのです。

理論社会学者のマッキーバーによると、コミュニティは「ある地域にて形成される自主的な共同生活」とされており、ある目的を持って人為的、計画的に作られる繋がりである「アソシエーション」とは一線を画しています。

公園や児童館など、身近なところに

自宅近くに子育てママが集まるコミュニティがないか探しているママもいるかもしれません。公園や児童館など、子どもが集まる場所にそういったコミュニティがあることが多いので、情報収集をしてみましょう。

小さなコミュニティだと、サイトに情報を掲載していないということもあるので、公園や児童館にある掲示板をチェックしてみるのも一案ですよ。もしくはよく見掛けるママやパパに聞いてみるのもよいですね。もしかすると口コミで集まって活動をしているコミュニティがあるかもしれません。

公園や児童館に出かけるときは、時間帯に注意することも大切です。時間によって集まってくる子どもの年齢層も変わってきます。どの時間に行けば同世代の子どもが集まるのか、時間をずらして訪れてみましょう。

地域のコミュニティカフェも探してみよう

お住まいの地域にコミュニティカフェがないか探してみましょう。地域によっては任意団体としてコミュニティカフェが設立され、活動を行っていることもあります。

コミュニティカフェは、「地域に貢献したい」「ほかの人と繋がりたい」と願う人達によって運営されています。飲み物や軽食などがあるところがほとんどですが、どんな経済状況の人でも利用しやすいよう、値段は通常のカフェよりも低価格のところが多いようです。

中には、親子で参加できるワークショップやバザーを行っているところもあるので、近くにあれば参加してみたいですね。コミュニティカフェを通じて、仲良くできるママ友が見つかるかもしれません。

子育て中は人間関係も偏りがちなので、積極的に人と関わるようにしましょう。

コミュニティはママが悩みを相談できる場所

身近で本音で話せる実母や頼れる夫の存在

子育ての悩みや家庭の悩みなど、他人に話すのには抵抗があるというママもいるかもしれません。近所のコミュニティで知り合った人に悩みを話して、噂になると困るという考えのママもいることでしょう。

こんなときは、実母や夫に相談してみるのもありですよ。何よりも実母は育児について一通りのことを経験してきています。それに、安心してママ自身の弱みを見せることができるので、本音で相談することができることでしょう。

パパに子育ての相談をしたくても平日はパパも疲れているので難しいかもしれません。その場合、パパが休みの日で少し時間に余裕がありそうなときに相談してみましょう。ママには思いつかなかったようなアイデアやアドバイスをくれるかもしれませんよ。

共感してくれるママ友や相談しやすい友人も

「悩みがあるけれど実母には心配を掛けたくないから話したくない」もしくは「パパには相談しにくい」という場合には、親しいママ友や昔からの友人などに悩みを打ち明けるのもよいですね。

同じ年齢の子どもを持つママ友なら、育児の悩みを共有できるかもしれません。「それうちも同じよ」と言われるだけで、ママの気持ちがすっと軽くなることもあるでしょう。

もしくは昔からの友人に相談してみるのも名案です。まだ付き合いの浅いママ友よりも、ママの性格をよく知る友人なら、何か適切なアドバイスをくれるかもしれませんよ。友人の子どもがわが子よりも年上の場合、先輩ママとしての話も聞けますね。

仲良しのママ友や知人を集めて、小さな子育てコミュニティを作ってみるのもよいでしょう。

支援センターや電話相談サービスを利用

育児の悩みを相談したいけれど、できれば専門家に相談したいという場合には、子育て支援センターに足を運んでみるのもよいでしょう。お住まいの地域に子育て支援センターがないか、探してみてくださいね。

通常、子育て支援センターには栄養士や保健師、保育士、子育てアドバイザーなどの専門家がいます。たとえば子どもの躾に困ったときや子どもの食事に悩んだときなど、専門家からアドバイスを貰うことができます。

匿名で相談をしたいときは、住んでいる地域の自治体の電話相談サービスを利用するのも一案ですよ。顔が見えない分、本音で相談しやすいですね。

またはネット上の子育てフォーラムやSNS上の子育てコミュニティを利用してみるのもおすすめです。

ママが家をコミュニティの場にしている事例

ママ友が集うカフェのような家

仲良しのママ友がいる場合、天気のよい日ならば公園で集うことも可能ですが、天候の悪い日には集まる場所に困ることもあるでしょう。子連れでカフェやレストランに行っても、ほかのお客さんに迷惑を掛けないか気を遣ってしまいますよね。

ママの中には自宅内に広めのプレイスペースを設け、ママ友が気軽に集えるような内装にしている人もいます。自宅をカフェのような家にし、仲良しのママ友や友人が集い、子どもを遊ばせながらゆっくりとおしゃべりができるという環境も素敵ですよね。

もし、そういったママ友と知り合い自宅に呼ばれるようなことがあれば、あらかじめ会費や持ち寄りなどについても確認し、お互いに気持ちよく過ごせるようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC