就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

親と同居での子作りの場所と機会!親に知られずうまくいく方法を紹介

親と同居での子作りの場所と機会!親に知られずうまくいく方法を紹介

家の外で子作り!ホテルや不妊治療も活用

ラブホテルは日本ならではの施設

ラブホテルという施設は、外国人から見ると、日本独特の文化なのだそうです。狭い住宅が多かった日本ならではの施設なのですね。

昔の日本は、6畳1間で家族全員が寝食をともにするという状況も多かったので、夫婦が子作りをするスペースは無いに等しいものでした。ですから、ラブホテルの原型でもある「連れ込み宿」に、夫婦で訪れることもあったそうですよ。

ラブホテルの大きな特徴は、休憩(ショートタイム)という料金体系ではないでしょうか。普通のホテルに宿泊するのはコストもかかりますし、時間的にも家族に迷惑をかけてしまいますが、ラブホテルの休憩を利用することで、家族に迷惑をかけずに夫婦水入らずの時間を作れるわけです。セックスレスにお悩みなら、選択肢に入れてみてください。

子持ちの場合も!ラブホテルで気まずさ解消

「家族がいる家で子作りは無理」だけど、「ラブホテルを利用するのも気が引ける」という夫婦もいると思います。

確かに「ラブホテル」というと、若い恋人やお忍びのカップルが利用するイメージが強いですよね。しかし、セックスレスや子作りにお悩みなら、一度その概念を忘れてみませんか。

また、ラブホテルを利用することで金銭面も気になりますが、親と同居していることで浮いたお金を当ててみるというのはいかがでしょうか。親と同居しているメリットを最大限に利用してみるのです。

パパとママも、ラブホテルという非日常な空間で二人きりになれば、恋人同士だった頃のような新鮮な時間を過ごせるでしょう。子どもや親とも気まずくならず、夫婦のリフレッシュにもなりますね。

不妊治療のことを親に話すかは夫婦次第

同居していると、親と顔を合わせる機会が多く、「早く孫の顔を見たい」などといわれて、ストレスに感じることもあるでしょう。

タイミングをみて子作りをしても授かれず不妊治療をしている場合だと、親からのプレッシャーにより心身ともに疲れ果ててしまいますよね。

不妊治療は、女性にとっては辛いこともあり、同居している家族のサポートがあることで乗り越えられる場合もあります。同居している親に正直に話すことで子どもを急かされるプレッシャーもなくなり、ストレスも減るのではないでしょうか。

しかし、やはり親には心配をかけずに、自然な形で子どもの誕生を喜んでほしいパパやママもいると思いますので、夫婦でよく話し合って決めるとよいでしょう。

まとめ

親と同居しながら、気まずくならずに子作りできる方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

家の中では、部屋の鍵をかけるなど、できるだけプライベートを守れるように工夫してみましょう。また、たまには子どもを親にお願いして、パパと二人だけのデートを楽しんだり、ラブホテルで恋人同士に戻る時間も作ってみてはいかがでしょうか。

親との同居で気を使いすぎてしまい、セックスレスになってしまうのはもったいないですよね。パパと相談しながらたくさん工夫をして、楽しい夫婦生活を送ってくださいね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND