就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】歴史ある建築物と緑が気持ちのよい庭園「旧岩崎邸庭園」

【東京】歴史ある建築物と緑が気持ちのよい庭園「旧岩崎邸庭園」

国の重要文化財にも指定されている歴史的価値のある建築物と庭園がある「旧岩崎邸庭園」をご紹介します。上野動物園や国立科学博物館などファミリーのお出かけに最適なスポットが集まった東京都台東区にあるので、お出かけの定番スポットと合わせて行ってみるもアリですよ!

明治29年に建てられた歴史的建築物

国の重要文化財である「旧岩崎邸庭園」とは

東京都台東区にある「旧岩崎邸庭園」は、三菱を創設した岩崎家の本邸として明治29年に建てられた歴史的な建物と庭園を残す都立の庭園です。

完成当時は約15,000坪の広大な敷地に20棟もの建物があったそうですが、現在は洋館・和館の一部・撞球室(ビリヤード室)の3棟が残っています。

今回は、そんな歴史的価値のある館内や緑がきれいな芝庭の様子をご紹介していきたいと思います。館内は平日のみ撮影可能で、フラッシュ撮影や三脚・自撮り棒を使用した撮影等は禁止されていますので詳しくは旧岩崎邸庭園のHPをご覧ください。

館内は柱や壁、ドアなど触れることはできません。幼い子を連れての見学の際はご注意ください。また、館内での飲食はできません。

彫り装飾が特徴的な西洋の木造建築「洋館」

英国人の建築家ジョサイア・コンドルが設計を手がけた洋館は、当時としては珍しい木造2階建て地下室付きの建物(現在地下室の見学はできません)で、岩崎家の集まりやゲストハウスとして用いられていました。

館内の天井や柱には英国ジャコビアン様式の細やかな彫り装飾が施されており、格式高い重厚感のある雰囲気を醸しだしています。

洋館2階には、庭が見下ろせる開放的な窓とピンクの壁紙が特徴的な婦人客室があり、こちらは女性らしいデザインが採り入れられています。

列柱の並ぶコロニアル様式のベランダに出ることができます。1階と2階でベランダのデザインが異なるのでぜひチェックしてみてください。

毎日11時と14時に各回約1時間程度、ボランティアによるガイドツアーが行われます。予約不要、参加費無料なので、興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

古きよき日本を感じられる書院造の「和館」

洋館を順路通りに進むと和館へたどり着きます。岩崎家の居住空間として使用されていた和館は、書院造を基調としており、完成当時は約550坪で洋館よりも遥かに大きい建物だったそうです。

和館の広間にはお抹茶やお菓子がいただける茶席や売店があります。こちらの茶席では座敷でお茶をいただきながらゆったり過ごせます。

和館から眺める日本庭園は素敵です。涼しい季節は見た目も居心地もよさそうですね。

のびのびと過ごせそうな緑が広がる芝庭

四季により色を変える「芝庭」

和館の出口を通ると、そのまま芝庭へ出ることができます。洋館の南にある広大な芝庭には芝の緑が広がり、夏には青々とした木々が、秋には赤やオレンジに色づく紅葉が見られます。

芝庭であれば飲食OKです。レジャーシートの利用はできませんが、設置されたテーブル・ベンチでお弁当やおやつを食べながら、親子でのんびりピクニック気分を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

樹林地にはゴツゴツした石が多いところもありますので、幼い子がいる場合にはケガのないよう十分に気をつけてご利用ください。

社交場として利用された「撞球室」

撞球室(ビリヤード場)は、洋館とは少し離れた場所に別棟として建てられました。建物の中に入って見学することはできませんが、外から中の様子を見ることは可能です。

見学の順路は、洋館→和館→芝庭→撞球室の順なので、ここで見学は終了です。

利用しやすい入園料と子連れに優しい設備

旧岩崎邸庭園の入園料

旧岩崎邸庭園の利用には入園料が必要です。一般400円、65歳以上200円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料となっています。芝庭のみの利用でも同様の入園料がかかります。

入口の門からゆるやかな傾斜を登っていくと受付がありますので、こちらで入場券を購入します。

赤ちゃん連れも利用しやすい設備

受付のそばにはベビーカー置場があるので、ベビーカーでお越しの場合はこちらに置いておきましょう。また、数に限りがありますが、コインロッカーもあるので荷物が多いママも安心ですね。

外には多目的トイレが設置されており、おむつ交換も可能です。

「旧岩埼邸庭園」までのアクセス

交通機関を利用される方

東京メトロ千代田線「湯島駅」1番出口より徒歩3分、東京メトロ銀座線「上野広小路駅」A3出口より徒歩10分、都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」A3出口より徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」北口より徒歩15分。

車でお越しの方

駐車場はありませんので公共交通機関の利用をおすすめします。

まとめ

お城のような外観と、歴史的な装飾が施された繊細な内装デザインの旧岩崎邸庭園では、時代を感じながらも普段味わうことのできない非日常的な雰囲気を体験できます。

庭園でベンチに腰を下せば鮮やかに色づいた葉と木々に癒されること間違いなしです。

貴重な建築物を見学しつつ、広々とした庭園でゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。

旧岩崎邸庭園(きゅういわさきていていえん)

東京都台東区池之端1-3-45

03-3823-8340(旧岩崎邸庭園サービスセンター)

9:00~17:00(入園は16:30まで)

12月29日~翌年1月1日 ※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。

6歳以上

入園料:一般400円、65歳以上200円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※20名以上の団体の場合、一般320円、65歳以上160円

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

ベビーカー置場有り、和館におむつ交換台有り、館内飲食持込不可※ただし芝庭のみOK

ライター紹介

野々山 恭江

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR