就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

イタリアの幼児教育を知ろう!日本でも話題の 2つの教育法

イタリアの幼児教育を知ろう!日本でも話題の 2つの教育法

モンテッソーリ教育とレッジョエミリアアプローチはイタリアで発祥した、話題の教育方法です。この2つの教育方法の特徴や違いを含めて紹介していきます。また、幼児教育はいつからどんなことができるのか、日本と欧米の幼児教育の違いなどもみていきましょう。

大事な時期に必要な教育を「幼児教育」とは

そもそも幼児教育とはいつやるもの?

幼児教育は小学校入学前までに行う教育のことです。

「教育」と聞くと、英語を教えたり、数字を教えたりするようなお勉強を思い浮かべるママもいるかもしれません。しかし、小学校入学前の子どもには、その子の発達に合わせた遊びや家族やお友達とのコミュニケーションが大きな学びの場となっているようです。

ママは子どもとのふれあいの時間を大切にし、たくさんの刺激を脳に与えてあげましょう。とはいうものの、子どもの発達には順序があります。生まれたての赤ちゃんは視覚はまだ発達していないので、視覚に訴えかけるよりも発達している聴覚に働きかけてあげるなど、子どもの発達の状況をよく観察し、タイムリーな働きかけを行う必要があります。

実は家庭でもできる!さまざまな幼児教育

子どもにとって、ママやパパとの遊びや触れ合いが幼児教育となります。今すぐにでもできる、おすすめ幼児教育の方法を紹介します。

【いないいないばあ】 脳科学者もおすすめする、赤ちゃんの脳の発達にとてもよいとされる遊びです。この遊びを通じてワーキングメモリーと呼ばれる脳の機能が発達するようです。

【紙を破らせる】 手は「第2の脳」とも呼ばれ、指先を使った遊びは脳の発達にいいといわれています。赤ちゃんにも、十分に自分の手を眺めたり、舐めてみたりする時間を与えてあげましょう。

【絵本の読み聞かせ】 絵本の読み聞かせは、言葉を覚え、感情を豊かにし、想像力を育みます。

そのほか、日常生活でも五感を刺激する工夫を行ってみましょう。

日本と欧米の幼児教育は何が違う?

日本は教育においても「みんなと同じ」であることを好む傾向がありますが、欧米では、一人ひとりの個性を尊重し、伸ばす教育が行われており、両者の違いと言えます。

日本では、すべての教科で平均点を取ることを目指していること子も多いですが、欧米では、興味がなかったり、不得意な教科は無理に勉強させることは少なく、得意なことを伸ばしていきます。

日本と欧米では授業での質問形式も異なるようです。日本では正解が1つしかない質問形式をとることが多いですが、欧米では、答えが何通りもでてくるような質問形式や、お友達の発表に対して、どう思うかなどといった、自分の意見を考えさせる質問をします。

また、日本は欧米に比べ、子どもに干渉することが多いようです。

日本でも人気!モンテッソーリ教育とは

イタリアが発祥!モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育の創設者であるマリア・モンテッソーリはイタリアで初めての女性医学生として医学を学んだ、当時としては先進的な女性です。モンテッソーリ教育は、彼女が大学で学んだ生物学的知識と、障害児治療教育の経験をもとに生み出されました。

モンテッソーリ教育では、子どもの中に潜むその子らしさや、可能性を妨げることなく、育むためのお手伝いをすることが目標になっています。

モンテッソーリの園では、独自に開発された知育おもちゃが用意され、子どもたちはその中から自由に選んで遊びます。最初はできなくても、繰り返し遊ぶことによりできるようになっていき、その経験から得られる達成感や充実感を子どもに味わってもらうことがねらいなのです。

モンテッソーリ教育のメリットデメリット

モンテッソーリ教育のメリットとデメリットをみてみましょう。

【メリット】
  • 子どもの個性が尊重され、伸ばすことができる
  • 自信がつくことで、自己肯定感が生まれる
  • 自分の頭で考える能力が身につく
  • 集中力がつく
  • 手先が器用になる
  • なにか問題が起こったとき、試行錯誤して解決する力がつく
【デメリット】
  • 集団行動が苦手になる
  • 自発性が過剰になるとわがままになる
  • 運動不足になる
今紹介したメリットやデメリットは、幼稚園や教育者の方針や力量によっても違ってくるので一概にはいえません。室内での活動のほかにも、毎日外での遊びの時間を十分にとっている園や、集団行動ができるように配慮されたプログラムがある園もあります。

日本でも広がるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は1960年台に日本にやってきました。ママやパパの中にもモンテッソーリ教育を受けたという方がいることでしょう。

モンテッソーリ教育を行う幼稚園や保育園は全国各地にあるので、あなたがお住いの地域でもみつけることができるかもしれませんよ。

首都圏には、日本モンテッソーリ教育綜合研究所が運営する幼稚園や、モンテッソーリ教育を実践するインターナショナルスクールなど、幼稚園や保育園がたくさんあるようです。幼稚園や保育園のほかにも、幼児教室として、ママと一緒に1歳くらいから通うことができる教室もあります。

まずは1回だけお試しでモンテッソーリ教育に触れることができる幼児教室もあるので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

今注目!レッジョエミリアアプローチとは?

レッジョエミリアアプローチの教育法とは?

「レッジョエミリアアプローチって何?」と思われたママも多いのではないでしょうか。実はレッジョエミリアアプローチは世界中から注目を集めている教育実践方法です。

レッジョエミリアアプローチは、イタリアのレッジョ・エミリア市と教育家のローリス・マラグッツィが協力して築かれました。子どもの自主性を大切にしながら、コミュニケーション能力、思考力、探究心、表現力などを伸ばすことが目標とされています。

その中でもアートが重要視され「今食べたオレンジの香りを、絵や音で表現してみよう」など、アートを使って自分を表現する方法を学びます。また、親や保育者が子どもの様々な表現に対して、同じ目線で応対するテクニックが求められます。

モンテッソーリ教育との違いとは?

モンテッソーリ教育とレッジョエミリアアプローチは、その子らしさを大切にする点など類似点もありますが、違いはどこにあるのでしょうか。

レッジョエミリアアプローチは、モンテッソーリ教育に比べて、決まった教材や公式などというものがありません。保育者は、子どもとの関わりを通じて、子どもたちの興味や必要性にそったカリキュラム作りをしていきます。そのため、同じ学年でも、去年と同じカリキュラムが繰り返されるということがないようです。

また、レッジョエミリアアプローチでは、コミュニティ全体で子育てをするという考え方が強くあります。そのため、保護者、保育者、子どもは常に三位一体であり、保護者や保育者も常に学んでいくことが求められます。

日本で受けられるところはあるの?

レッジョエミリアアプローチを実践する幼稚園は増えているものの、まだまだ少ないのが現状です。ここでは、レッジョエミリアアプローチを実践する東京都の幼稚園をご紹介します。

【大和(やまと)幼稚園】
広々とした敷地内にはミニ田んぼやビオトープなどがあり、自然とふれあいながら、外で絵を描くなどといった芸術活動も多く行われます。
http://www.yamato-k.ed.jp/

【まちの保育園・子ども園】
吉祥寺、小竹向原、六本木、代々木上原、代々木公園、5箇所にあります。子どものために、保護者、保育者、地域が一体となって関わっていくことを大切にしています。
https://machihoiku.jp/

まとめ

イタリアでの幼児教育をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

イタリアでは日本にも浸透してきた、モンテッソーリ教育や、まだまだ耳慣れないかもしれませんが、レッジョエミリアアプローチなどという、個性を大切にした教育法が誕生し、世界に広まっています。

お住いの地域に、モンテッソーリ教育やレッジョエミリアアプローチを実践する園がなくても、お家で取り入れられることもあります。モンテッソーリの教材はネットで購入することや、手作りすることができるものもあるので、やってみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018