就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの英会話学習は幼児期から。その理由と英会話学習のポイント

子どもの英会話学習は幼児期から。その理由と英会話学習のポイント

「子どもの英会話学習を始めるなら早い方が良い」とよく聞くけれど、どのように学習を進めていけばいいのか悩みますよね。幼児期から英会話学習を始めることのメリットや学習の進め方のポイント、学習方法の具体的な種類についてご紹介していきたいと思います。

英会話を幼児期から開始するメリットは?

必修化した時に英語を受け入れやすくなる

早期英語教育の必要性はよく耳にしますよね。小学校においても、2020年には3年生から英語が必修化され、5・6年生では成績がつく教科に格上げされることが予定されています。小学校のうちから英語を学ぶことは当たり前の時代になってきましたね。

子どもの習い事の中で人気の高い英会話ですが、教科として本格的に学習することを踏まえ、幼児期から始める英会話学習への関心はますます高まっています。

小さいうちから英語の音にふれ、英語に親しんでおくことで、苦手意識を持たずに英語学習に積極的に取り組めるようになります。中学や高校で難しい文法や文章を読むようになっても、より苦労が少なく学習を進めていけるようになりますよ。

英語が話せれば海外へ行くことに臆さない

経済のグローバル化によって国際的な共通語である英語の重要性がますます高まっている今、子どもの将来を見据えると英会話学習の素地をもつことは大切ですよね。

英会話学習を幼児期から始めることにより、英語に自信が持てる、英語を用いて積極的にコミュニケーションをとれる、国際感覚を身につけることができるなどのメリットがあります。

会社内の公用語に英語を採用するグローバル化企業も増えていますし、英会話ができるということはビジネスをするうえでの強みになります。

英語で世界中の人々とコミュニケーションが取れると、臆することなく海外でも活躍することができますね。早期英会話学習は、子どもの将来の可能性を広げることにつながりますよ。

英語と日本語は全く異なり習得に時間が必要

赤ちゃんの耳は2歳ごろまでに母国語を認識し、必要でない発音は次第に聞き取れなくなります。「rとlの発音の違い」や「子音でおわる単語」といった、英語にあっても日本語にない音が聞き取れなくなってしまうのです。

英語と日本語は音の周波数帯も違うため、どんな音でも聞き分けられる幼少期に英語の音に親しんでおかないと、大人になってから「英語を聞き取る耳」を獲得するのは大変な労力を要します。

ヨーロッパの言語と英語は共通点が多いのですが、日本語とはまったく違うため、「日常生活が困らない程度に英語が話せる」「ビジネスで英語を使用できる」レベルになるためには、相当の学習時間が必要となります。その学習を容易にするために、幼児期に学習の基礎をつくることが必要なのです。

ポイントを押さえて効果的な英語学習を!

開始時期は到達したいレベルで決める

「幼児期から英会話学習を始めてみよう」とは漠然と思っていても、巷には英語学習に関する情報や教材がたくさんあり、「いつから始めたらいいの?」「どんな学習方法が効果的なの?」と頭を悩ませているパパやママは多いのではないでしょうか。

英会話学習を始める時期を決めるためには、まず「子どもに到達してほしい英語のレベル」について考えることが大切ですよ。

ネイティブ並の英語力を身につけてほしいのであれば早期に英語学習を始める必要がありますが、一般的な日常会話ができるレベルならばそこまで急ぐ必要はないでしょう。幼児期のうちは無理せず少しずつ英語に慣れ、小学校に入ってから本格的に学習を進めていくのも1つの手です。

子どもが英語に触れる機会を積極的に増やす

英語が話せるようになるには、きちんとした発音の英語を聞き取ること、単語や文法を学んで理解することなどのインプットが大切です。英語の童謡や手遊び歌などで親子で一緒に楽しみながら英語に触れるようにしていくといいですよ。

ネイティブスピーカーと触れ合う機会をつくり、子どもに実際の英会話体験を積めるようにすることも大切です。異なる文化や言語の人とコミュニケーションをとることにより、自分の思いを相手に伝えたい、相手の言おうとしていることを理解したいと思うコミュニケーション能力の基礎を養うことができますよ。

インプットだけでなく、アウトプットする機会を作ることで、英会話の練習だけでなく英会話学習へのモチベーションを高める効果が期待できますね。

他の子と比べず本人のペースを大切にする

小さいころから英会話を習い始めるメリットはたくさんありますが、注意してほしいのは「焦らない」ということです。

英会話を習い始めると、英語を理解しているのに話そうとしない、ついついほかの子の学習進度が気になってしまい我が子とくらべてしまう、という悩みを耳にします。

幼児期の英会話学習にとって一番大切なことは「英語は楽しい」と思えることです。少し発音が悪くても、単語を間違えたとしても、まずは親子で英会話を楽しむことが大切です。焦らない、叱らない、比べないという気持ちでお子さんの英会話を楽しむ様子を見守るようにするといいですよ。

英語を楽しむことができると、その気持ちを土台にして、英語学習への意欲をさらに高めていけますよ。

英会話学習の具体的な種類と特徴を知ろう

英会話教室は通いやすさや教え方をチェック

子ども向け英会話スクールは、教室やコースによって様々です。プライベートレッスンなのかグループレッスンなのか、ネイティブの先生なのか日本人の先生なのか、どのようなレッスン内容なのかをチェックしましょう。

レッスン代だけでなく入会金や教材費、運営費などの費用も確認が必要です。教室への通いやすさ、先生と子どもとの相性などとあわせて比較検討しましょう。

無料体験教室などで実際に教室の雰囲気を知り、英語を多角的に教えているかも見るといいですよ。「聞く、話す、読む、書く」という英語の4技能を高めるようにしているか、子どもが英会話に意欲的に取り組める工夫がされているかどうか、などを確かめてから通い始めるといいですよ。

身近な題材が多く始めやすいのは英語教材

「英会話教室に通いはじめるのまだ早いかな」「仕事が忙しく、習い事の送迎ができない」という方でも取り入れやすいのは英語教材です。

英語の絵本や童謡、おもちゃは、子どもが夢中になって英語に親しむきっかけをつくるのに最適ですよ。パパやママも一緒に遊ぶことを通して、さらに楽しみながら英語を学習することができます。

英語の歌やDVD、絵本やおもちゃ、フラッシュカードなどがセットになった通信英語教材もたくさんあり、値段も内容も様々です。子どもが興味を持ちやすいよう、身近な題材を扱っているもの、楽しみながら学べるものを選ぶようにしましょう。高額なものもありますが、一連の流れに沿って楽しみながら学んでいけるので、費用や内容を確認し、検討してみるといいですよ。

ゲーム感覚でお勉強ができるアプリ

英語教材や英会話教室に通い始めたとしても途中であきてしまうかも、と心配になる方もおられるのではないでしょうか。そんなときには、知育英語学習アプリが便利ですよ。

有料のものもありますが、歌や楽器ゲームが楽しめる音楽系のもの、アルファベットや身近な英単語などが学べる学習系のもの、絵本や英会話表現を楽しめるものまで幅広くあります。子どもの興味を引きそうなものをダウンロードし、英語力を伸ばすのに役立ててみてはいかがでしょうか。

ゲーム感覚で楽しみながら英語にふれ、英語表現に親しむことが簡単にできますね。電車や車での移動の際、少しぐずったときなどにも短時間見せることもできるので、ぐずり対策にも役立ちますよ。

まとめ

幼児期から英会話学習を始めると、小学校から始まる英語学習の土台を作ることができ、子どもの将来の可能性を広げることができるなど、多くのメリットがあります。

英会話学習を進めるうえでのポイントを押さえ、習い事や教材、アプリなどの多岐にわたる選択肢の中から子どもに合った方法を取り入れ、効果的に英語学習を進めてみてください。

この記事が、幅広い選択肢の中から学習方法を選ぶ際に役立てていただけたら嬉しいです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018