就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児とベビーカーでお出かけ!スムーズに外出を成功させるコツ

1歳児とベビーカーでお出かけ!スムーズに外出を成功させるコツ

歩き始めの1歳児は、お出かけのときは自分で歩きたがったり抱っこをせがんだりします。そこで活躍するのがベビーカーです。今回は、1歳児とベビーカーでお出かけするときに気をつけることやお出かけのコツをご紹介します。合わせて、ベビーカーを拒否する理由や対策も解説します。

1歳過ぎたお出かけで気をつけることは?

ベビーカーを拒否されることも考慮する

赤ちゃんを連れてお出かけするときには、ベビーカーがあるととても便利ですよね。赤ちゃんは日に日に重くなってくるし、荷物も増えてくるので、ベビーカーを利用するママやパパは多いようです。

ところが、お出かけが楽になると考えて購入したベビーカーですが、嫌がる赤ちゃんは意外と多くいます。ベビーカーでお出かけしたのに、赤ちゃんを抱っこしながらベビーカーを押している姿は、よく見かけますよね。

家にいるときには機嫌がよかったのに、ベビーカーに乗せたとたんぐずり始めるということはよくあります。中には背中を反らして大泣きし、絶対に乗ろうとない赤ちゃんもいます。ですから、ベビーカーを購入する際には、拒否されることも考えておいた方がよいでしょう。

ママの抱っこも大好き!抱っこ紐を忘れずに

ベビーカーでの移動が大好きな赤ちゃんでも、外出先で急に抱っこをされたがることはよくあります。たとえ1歳を過ぎても、赤ちゃんはママの抱っこが大好きだからです。

このようなときのために、ベビーカーのほかに抱っこ紐があると便利です。また、赤ちゃんがぐずって抱っこをせがんだときだけではなく、抱っこ紐が必要なときがほかにもあります。

例えば、雨が急に降ってきたときや階段がある場所では、ベビーカーよりも抱っこ紐の方が移動しやすいでしょう。また、人混みや電車、バスの乗り降りのときも、抱っこ紐があると助かります。

1歳を過ぎた赤ちゃんとのお出かけはベビーカーが便利ですが、抱っこ紐と使い分けることでお出かけが快適になることでしょう。

お昼寝の時間を考えてお出かけを

赤ちゃんとの外出は、できれば赤ちゃんの生活リズムを乱さないように配慮することが大切です。授乳や食事、お昼寝の時間帯を避けた方が、赤ちゃんは機嫌よく外出できます。

それでも、長時間の外出では赤ちゃんの生活リズムはどうしても乱れてしまいます。このようなときには、移動中にお昼寝させるためにお出かけの時間を調整するとよいでしょう。

午後からのお出かけであれば、朝は少し早く起こして午前中に近くの公園などで思い切り遊ばせてみてはいかがでしょうか?遊び疲れた赤ちゃんは、ベビーカーでぐっすり眠ってくれることでしょう。

また、車でのお出かけの場合は移動中の車の中でお昼寝をさせておけば、目的に着いたときには機嫌よくベビーカーに乗ってくれるかもしれません。

ベビーカーを拒否する子、その理由と対策

子どもがベビーカーを嫌がる理由

子どもがベビーカーを嫌がる理由は、月齢や性格などによってそれぞれ異なります。1歳前後の赤ちゃんであれば、まだまだママの温もりが恋しくて触れていたいという気持ちからベビーカーを嫌がることはよくあります。

また、ママの顔が見えなくて不安になることも、ベビーカーを嫌がる大きな理由です。このようなときには、対面式のベビーカーにすれば嫌がらなくなるかもしれません。

さらに、ベビーカーの乗り心地も大きく影響します。移動しているときの振動や、シートの角度が合わなくて窮屈さを感じて嫌がっているかもしれません。

夏の暑さや冬の寒さなど、ベビーカーに乗っているときの環境の悪さが原因でベビーカーを嫌がっていることも考えられます。

ベビーカーのおもちゃで気をそらす

1歳を過ぎた赤ちゃんは、起きている時間が長くなって興味も広がります。長い時間ベビーカーに乗っているだけでは飽きてしまうかもしれません。そこで、ベビーカーに取り付けられるおもちゃで気をそらしてみてはいかがでしょうか?

ベビーカーのおもちゃを選ぶときには、取り外しが簡単なおもちゃを選びましょう。赤ちゃんがぐずったときに素早くベビーカーに取り付けられるおもちゃがおすすめです。なお、音の出るおもちゃは周囲に迷惑になるので避けた方がよいでしょう。

また、洗ったり拭いたりできるおもちゃを選ぶと、清潔さが保てます。移動中にうっかり地面に落としたとしても、除菌シートなどで拭き取れば赤ちゃんが舐めたり触ったりしても安心です。

お菓子や飲み物で気分転換する

ベビーカーに乗るのをどうしても嫌がるときには、お菓子や飲み物を用意しておくのもよい対策です。すぐに泣きやんで欲しいときには、とても効果的です。

子どもが大好きなお菓子や飲み物があると、とたんに機嫌がよくなって泣きやむことはよくありますよね。おやつや飲み物を口にしている間は、ベビーカーに乗るのが嫌だという気持ちを忘れてくれるかもしれません。

ただし、お菓子や飲み物の与えすぎには注意をしましょう。肥満などの生活習慣病の原因になってしまうかもしれません。また、「ベビーカーが嫌だとぐずればお菓子や飲み物がもらえる」と知恵がついてしまいます。

なお、ベビーカーに取り付けられるドリンクホルダーがあると、飲み物を落とす心配も少なくなって便利です。

ベビーカーでお出かけするときのコツ

目的地付近に休憩所があるか確認をする

ベビーカーでお出かけするときには、途中で何度か赤ちゃんを降ろして休憩を入れてあげましょう。ずっと同じ姿勢でいると、赤ちゃんに負担を与えてしまうからです。

特に、長い距離の外出であれば、経路の途中や目的地付近に休憩所があるか事前に確認をしておいてください。赤ちゃんを休憩させるために知らない土地で休憩所を探そうとしても、簡単には見つからないかもしれません。

また、お出かけの途中でおむつ替えや授乳、水分補給が必要になることもあるでしょう。急に雨が降ってきたり強い風が吹いてきたりすることも考えられます。

休憩所としておすすめのスポットは、大手スーパーやショッピングモール、児童館です。授乳室が設置されていることが多く、安心して休憩できます。

ママの顔が見えるようにして会話も楽しむ

ママの姿が見えずに不安に思っている赤ちゃんのために、ベビーカーで移動中でも顔が見えるようにして会話を楽しんでください。対面式のベビーカーであれば、いつでもママの顔が見えて赤ちゃんは安心します。

ベビーカーに乗せるときにも「お買い物にお出かけしようね」などと優しく話しかけて、赤ちゃんを楽しい雰囲気にさせてあげることも大切です。また、ベビーカーで移動中もきれいな花が咲いていたり、かわいいワンちゃんがいたりしたら立ち止まって、赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう。

ママ自身が、赤ちゃんとの会話を楽しむ心の余裕が必要です。時間に余裕をもって少し早めに出発すれば、目的地に着く時間が遅くなることはありませんよ。

快適にお出かけできるように温度調節を

赤ちゃんは、夏の暑さや冬の寒さを不快に感じてぐずったり泣き出したりすることがあります。赤ちゃんがベビーカーで快適にお出かけできるように、温度調節をしっかりとしてあげましょう。

ベビーカーの中は、夏場は直射日光などで熱がこもってしまいます。ベビーカーに保冷シートを敷いておくと暑さが和らぎ、機嫌よくベビーカーで過ごすことができます。暑くて蒸してしまう日には、肌と服の間にガーゼを挟んでおくとよいでしょう。

冬場のベビーカーは、シートがひんやりして不快に感じることがあります。ブランケットやフットマフを用意して、冬の寒さから赤ちゃんを守ってあげましょう。暖房の効いた室内に入ったときには、簡単に取り外しができて便利です。

まとめ

子どもが1歳を過ぎると、お出かけの回数や場所が増えてきます。ママやパパにとっては、赤ちゃんも荷物も乗せられるベビーカーはぜひ用意したいアイテムの一つです。ところが、せっかく購入したベビーカーに乗るのを嫌がる赤ちゃんも決して少なくはありません。

ここでは、赤ちゃんがベビーカーを拒否する理由とともに、対策もご紹介しました。1歳児とベビーカーでお出かけするときに気をつけることやお出かけのコツを知って、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR