就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

愛知県の子どもと行ける屋内施設!親子で楽しめるスポットを紹介

愛知県の子どもと行ける屋内施設!親子で楽しめるスポットを紹介

雨が降ったときや家で遊ぶのも飽きてしまったというときには、屋内施設で遊ぶのも楽しいですよ。最近では様々な趣向をこらした屋内施設が増えています。今回は、愛知県にある子どもと一緒に行って楽しめる屋内施設をご紹介します。親子で出かけて思いっきり楽しみましょう。

雨の日も体を動かして遊べる屋内施設3選

無料で遊べる「豊田地域文化広場こども体験館」

雨の日でも体を動かして遊びたいと思ったら、無料で遊べる「豊田地域文化広場こども体験館」に行ってみませんか?この施設はあそぶ、みる、うごかす、つくるが体験でき、子どもが体や頭を使ってのびのびと楽しむことができる屋内施設です。

ネットでできた空中トンネルなどのアスレチック遊具があるちびっこひろばでは、体を動かして楽しめます。動物の形をした遊具や世界の様々なゲームで遊べる森の中をイメージしたわくわくひろばでは、頭を使って遊ぶこともできますよ。

世界中のボードゲームもできますから、日本にいながら色々な国を感じることができそうです。雨が降った日や寒い日、暑い日でも天候を選ぶことなく無料で遊べるのも嬉しいですね。

好奇心が刺激される「愛知県児童総合センター」

子どもの五感や好奇心を刺激しながら楽しむことができる「愛知県児童総合センター」も、親子で楽しむことができる屋内施設です。入場料は中学生以下が無料、大人は300円で一日中遊ぶことができます。

この施設は、愛・地球博記念公園内にあり、音や光を体で感じられるコーナー、秘密基地のような建物、迷路のような道、アスレチックで遊べるエリアなど色々な感覚を刺激する遊び場があります。定期的に親子で楽しめるイベントも開催されていますから、イベント目当てに行ってもよいですね。

0歳児から楽しむことができ、子どもの年齢に合わせて遊び方を変えて楽しむことができそうです。レストランやお弁当が食べられる休憩室もありますから、一日中遊んで過ごせるでしょう。

砂遊びもある「ファンタジーキッズリゾート」

12歳までの子どもとその家族が遊ぶことができる日本最大級の室内遊園地「ファンタジーキッズリゾート 名古屋北店」に行ってみませんか。およそ1,000坪の広さの室内に親子一緒に遊べるものがたくさんありますから、どこで遊ぶか迷ってしまうかもしれませんよ。

色々なエア遊具があるふわふわエリア、氷上のスポーツが楽しめるファンファンリンク、好きな衣装を着て写真が撮れるファッションフォトスタジオ、さらさらした清潔な砂で遊べる砂場などがあります。一日中子どもも飽きずに遊べそうですね。

大人も子どもも同料金で一日遊べるファンタジーパックは平日990円、休日1,300円で一家族につき年会費350円です。昼食は子どもの遊び場と一緒になったカフェで食べられますよ。

晴れた日に行っても楽しい水族館3選

触れ合い体験ができる「南知多ビーチランド」

家族みんなで一緒に楽しめる水族館に行ってみませんか?晴れた日に行っても楽しめて、時間を忘れてしまうかもしれませんよ。

総合海浜公園内にある水族館の南知多ビーチランドは、約1,000名を収容できるイルカスタジアムでイルカショーを観ることができ、イルカやアシカ、アザラシなどと触れ合い体験ができる珍しい水族館です。ペンギンやペリカンなどに餌をあげられますから貴重な体験ができそうです。

入場料は2歳以上の子どもが800円、高校生以上が1,800円と少し高めですが、年間パスポートもありますから年中楽しみたいママはパスポートを買うのも一つですね。レストラン、バーベキューと食べるものも充実していますから、色々な楽しみ方ができそうです。

アシカショーが観られる「竹島水族館」

小学生未満は無料で楽しむことができ、大人は500円で入場できる竹島水族館は、安くて楽しめる水族館です。海水魚と淡水魚の両方がいて、約500種類で4,500匹ほどの生き物を観ることができますから、魚好きにはたまりませんね。

竹島水族館で行っているアシカショーは、どのような天候でも行っており、小さなショープールで行いますから、アシカとの距離が近く迫力を感じながら観られますよ。魚の説明文は飼育員が手書きをしていますから、ほのぼのとした雰囲気のなか家族みんなで楽しむことができるでしょう。

また、深海魚の展示数も全国で最も多く、ここでしか観られない深海魚もいるそうです。カピバラもいますから、珍しい生き物が観られる水族館ですね。

イルカショーが楽しい「名古屋港水族館」

イルカやペンギン、シャチなど色々な動物がパフォーマンスする様子を観たければ、名古屋港水族館に行ってみるとよいですよ。電車でも行けて周囲に食事や買い物をする場所もありますから、一日中楽しめるでしょう。

日本最大のメインプールではイルカが自然のままに泳ぐ様子や、力強いパフォーマンスを存分に観られます。イルカだけでなく南極の自然環境を再現したエリアでは、4種類のペンギンを間近で観ることができます。

また、様々な動物が餌を食べるフィーディングタイムがありますから、ペンギンやウミガメなどがどうやって餌を食べるか学べるでしょう。水族館のみの利用は幼児(4歳以上)500円、大人2,030円の入場料がかかりますが、一日楽しむことができそうです。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版