就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】遊びながら交通ルールを身につけよう!「萩中公園」

【東京】遊びながら交通ルールを身につけよう!「萩中公園」

東京都大田区に、都内とは思えないほど広〜い公園があります。それは「萩中公園」。公園ですることといえば、すべり台やブランコなどの遊具で遊ぶイメージが真っ先に浮かびますよね。もちろんそういった遊具もありますが、「萩中公園」は一味違います。実は自転車などに乗りながら、交通ルールを身につけられるんです。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

「萩中公園」ってどんなところ?

公園だけど、学びの場でもあります

「萩中公園」には交通公園やガラクタ公園、プール、野球場などといったたくさんの施設があり、世代を問わず人気があります。広々とした「萩中公園」は全体的に開放感があり、追いかけっこをしている親子なども見受けられ、とても賑やかで温かい雰囲気の公園です。

今回はその中でも特に、遊びながら交通ルールを身につけることができる「交通公園」に注目しながら、取材に行ってきました!

「交通公園」で交通ルールを学びましょう!

まずは乗り物を選びます

「交通公園」で貸し出している乗り物は「自転車」「補助付自転車」「三輪車」「ゴーカート」「手押し車」で、いずれも無料です。

ちなみに手押し車はコースでの使用はできません。のちにご紹介するコース中央の広場で楽しむことができます!

お子さんの年齢や乗車経験などに応じて乗り物を選んであげてくださいね。

ちなみにサンダルでは乗車できません。運動靴の準備を忘れないようにしてくださいね。

交通公園の乗り物の貸出時間は、9:00〜16:00です。交通公園にいる係の方に相談すれば、ヘルメットも借りることができますよ。

信号や標識に気をつけて…

実際の道路と同じように、走るコースには信号や標識が備え付けられているので、それらに注意しながら走行します。まるで本物の道路のようですね!

歩行者用の信号もあるので、乗車していないときでも交通ルールの勉強ができます。道路を走行する側の気持ちと歩行者側の気持ちの両方を知ることができるので、子どもたちにとってよい経験になりますよ。

安全のため「自転車」だけ、走るコースが別になっています。

子どもが転んでしまったり、ほかの子にぶつかってしまったりしないか心配な場合は、乗車している子どものそばで補助についてもOKです。

コースは全体的に見通しがよく、子どもの姿を見守りやすいのも嬉しいポイントですね。

コースの中央の広々としたスペースには椅子が設置されているので、ちょっとした休憩にも使えます。

また先述した手押し車はこのスペースで利用することができるので、コースを走るにはちょっと危なかったり、まだ自転車に乗るのが早い小さい子どもはここで乗車を楽しむことができますよ!

椅子の中に、かわいいパンダさん仕様の椅子が紛れ込んでいました。子どもに座らせたらかわいさでキュンとしそうです(笑)

「交通公園」以外にも見どころ満載!

ローラースケートの練習もできちゃう

「交通公園」に隣接した「ローラースケート場」。外でのびのびとローラースケートができる場所は、都内になかなかありません。

ローラスケートの貸出はなく、ご自身のローラースケートを持ち込む形になります。「持っているけど、思いっきり練習する場所がない…」と思っていた方は、この機会に利用してみてください!

乗り物がいっぱい!「ガラクタ公園」

「萩中公園」のもう一つの魅力。それはたくさんのかっこいい乗り物が展示されている「ガラクタ公園」です。

ここでは蒸気機関車や都電、消防車、ボートなどなど、多種多様な乗り物を間近で見ることができるだけでなく、実際にそれらに乗り込むことができちゃいます!

写真手前に映るのが「蒸気機関車」、奥に映るのが「都電」です。

蒸気機関車の中をのぞいてみるとこんな感じ。

この蒸気機関車はイギリスでつくられ日本にやってきた、東武鉄道で最後の蒸気機関車なのだそう。中に入ると、全身でその歴史を感じることができます。

「ガラクタ公園」では、このような貴重な乗り物たちに気軽に乗り込むことができます。特に乗り物好きの子どもは大興奮すること間違いなしです!

「ガラクタ公園」内にあるのは乗り物だけではありません。

幅の大きなすべり台が特徴的な大型遊具や見た目がカラフルな小型遊具も設置されています。特に大型遊具のすべり台は子どもたちに大人気!親子で楽しそうにすべる姿がたくさん見受けられました。

公園といえば!複合遊具も充実

これまで「交通公園」や「ガラクタ公園」といった、「萩中公園」の特徴的な遊び場をご紹介してきましたが、「これぞ公園!」といえるような遊具ももちろん忘れていません。

小さい子向けの複合遊具もあるので、年齢問わず体を動かしながら遊ぶことができますよ!

子ども連れの方に寄り添った設備

室内休憩所でゆっくり休憩

「交通公園」前には、室内休憩所を備えた公園管理棟があります。ちょっとした休憩に使うのもよいですし、食べ物の持ち込みもOKなので食事休憩に使うのもよいですね。

休憩所内には手洗い場もあるので、たくさん遊んで手が汚れてしまっても大丈夫。

夏場は暑いし冬場は寒いので、外の公園で休憩をするといっても名ばかり。室内で休憩できる場所があるのは、公園を利用する機会の多いママにとって嬉しいポイントです。

授乳室やおむつ替え台も完備!

室内休憩所内には、授乳室やおむつ替え台も完備されいます。これらが完備されている公園はなかなか珍しいのではないでしょうか。これなら赤ちゃんを連れていても安心ですね!

「萩中公園」へのアクセス

交通機関を利用される方

電車:京急空港線「大鳥居駅」から徒歩6分

バス:JR「蒲田駅」から京急バス「萩中経由羽田空港行き」に乗車します。「萩中公園前」で下車し、そこから徒歩1分で到着します。

自転車:「萩中公園」内の駐輪場をご利用ください。

車でお越しになる方

公園内に有料駐車場があります。

収容台数:44台
料金: 30分100円
時間:4月~11月 6:30~20:30
   12月~3月 7:30~20:30

収容台数の関係上、満車の可能性がありますので、できるだけ交通機関を利用されることをおすすめします。

まとめ

「萩中公園」はいかがでしたでしょうか?

公園に遊びに行くというと、遊具を使って体を動かすというイメージが強いですが、「萩中公園」は自転車やゴーカートなどに乗りながら交通ルールを学べたり、貴重な乗り物に実際に乗り込めたりと、普通の公園ではできないことをたくさん経験することができます。

子どもであれば1日遊んでられるくらいの内容が詰まっている上に、子どもの教育にも繋がるので、少し遠くても行く価値のある公園です!ぜひ足を運んでみてくださいね。

萩中公園(はぎなかこうえん)

東京都大田区萩中3-26-46

03-3741-1946

ガラクタ公園 9:00〜17:00、交通公園の乗り物の貸出時間 9:00〜16:00

無休

0歳以上

無料

http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/haginaka.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台、授乳室、有料駐車場

ライター紹介

関口 栄理

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj