就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【パリ】博物館から猫カフェまで!パリ歴16年ママのお気に入りスポット

【パリ】博物館から猫カフェまで!パリ歴16年ママのお気に入りスポット

パリ在住歴16年のライター、松田シャボ有紗です。仏人夫と日仏ハーフの娘5歳とともにパリで暮らしています。2003年にパリへ留学し、仏人夫と結婚、出産、そして今にいたります。夫は多忙なため、週末は母娘で出かけることが多く、娘と楽しめる穴場スポット探しが私の趣味になっています。今回は、私が娘とよく行くパリの穴場スポットをご紹介します。

1日中楽しめる「シテ科学産業博物館」

シテ科学産業博物館(La cite de la science)は、パリ19区にあります。敷地内には大きな球状の映画館ラ・ジェオードやアルゴノートと呼ばれる潜水艦、プラネタリウムなどがあり、1日中屋内で楽しむことができます。

私と娘が最初に訪れたのは、幼稚園のママ友に誘われたのがきっかけでした。実際に行ってみると娘が思いきり楽しむことができ、家からの交通の便も悪くはないので、今では年間パスを購入して毎週のように通っています。私たちにとっては、ちょっとした公園がわりになっています。

天候に関わらず一日中家族で楽しむことができるのでおすすめです。

一般展示コーナー

一般展示コーナーは、子どもと大人が一緒に楽しめる内容のものが多く、ママやパパも童心に返って楽しめます。2020年1月5日まで展示されている「隠れ家」(Cabanes)コーナーでは、私も娘と一緒になって布や棒を使って隠れ家を作ったり、紙の隠れ家や本の隠れ家などに入ったりして楽しみました。

学校の休暇中にはアニメを使ったプラネタリウムを上映しています。私たちも観たのですが、娘が地球や月に興味を持ち始めてびっくりしました。

「ラ・シテ・デ・ゾンフォン」コーナー

「ラ・シテ・デ・ゾンフォン」(La cite des sciences et de l'Industrie)は子ども向けの常設展示で、2~7歳と5~12歳向けの二つのコーナーに分かれています。

展示はすべて、5感を使って楽しむテーマになっており、2~7歳向けコーナーは水遊びや迷路、大きなブロック遊びなど、体を動かして遊ぶ内容がメインです。5~12歳向けコーナーには、映画撮影を体感できる展示や昆虫の生態を知る展示、水力や音がテーマの展示など、子どもの好奇心を刺激する内容が豊富です。

5歳の娘は、最近5~12歳向けコーナーにデビューしました。お天気お姉さんの真似をして天気を紹介したり、機械でステッカーや箱をデザインしてみたり、内容的に少し早いかな?と思う展示はあるものの、年上の子どもたちに紛れて楽しんでいました。

「シテ科学産業博物館」へのアクセス情報

シテ科学産業博物館は、メトロ7番線およびトラムT3b線のPorte de la Villette駅下車、徒歩3分です。パリの中心地からはメトロで約30分の距離とアクセスしやすい位置にあります。

休館日は月曜日で、火曜日~土曜日は10~18時、日曜日は10~19時まで開館しています。

入館料は、一般展示コーナーチケット(Billet Explora)は大人12ユーロ、子ども9ユーロとなっています。「ラ・シテ・デ・ゾンフォン」は大人12ユーロ、子ども9ユーロで、一般展示コーナーとは別売りなので要注意です。

一般展示コーナーと「ラ・シテ・デ・ゾンフォン」の両方を訪問する場合は、16ユーロのセット料金がお得です。(入館料はすべて2019年2月現在)

パリの猫カフェ「ル・カフェ・デ・シャ」

パリの猫カフェ「ル・カフェ・デ・シャ」(Le Cafe des Chats)は11区にあります。うちからの利便がよいので、娘と一緒に週末のランチやティータイムに通っているお気に入りカフェです。

観光に疲れたママとパパがゆっくりとランチやお茶を楽しみたいけれど、子どもが退屈してじっと座っていてくれないというときにもぴったりの場所ですよ。食事中、子どもが猫を追いかけて店内を移動していても、みんな優しく見守っていてくれます。

中に入ると、日本の猫カフェと同じように店内での注意事項などが説明されます。日本の猫カフェは、猫と触れ合うのがメインという印象のところが多いですが、ここは食の都パリ。お客さんが食事やカフェを楽しみながら、合間に猫と触れ合うといったコンセプトです。

店内にいるスタッフも、基本的にはウェイター1人だけのことが多く、客は各自、店内でのルールを守りながら自由に猫と触れ合うことができます。料理が来るまでの間、猫と遊ぶことができるので娘も退屈しないようです。

カフェメニューもおすすめ

「ル・カフェ・デ・シャ」では、食事やティータイムを楽しむことができます。

コーヒーは3ユーロ、アイスティーは4ユーロとなっています。ちょっとつまみたいときは、トルティーヤチップスとアボカドソースのセットやチーズの盛り合わせもよいですね。グラスワインやビールと合わせて頼んでいる人もよく見かけます。

しっかりと食事をしたい人には、ラムステーキと野菜のソテー17ユーロもしくはボリュームたっぷりのハンバーガー16ユーロもよいですね。女性一人では食べきれないほどのボリュームです。

ケーキはシャンティクリームたっぷりのフォンダン・オ・ショコラ7ユーロがおすすめです。大きめなので、私はいつも甘党の娘とシェアしています。(価格はすべて2019年2月現在)

「ル・カフェ・デ・シャ」へのアクセス情報

「ル・カフェ・デ・シャ」はメトロ5番線Breguet Sabin駅から徒歩約6分です。大通りから少し内側に入ったところにあるので、迷わないようにしましょう。パリの道にはすべて名前が表記されているので、道の名前を確認しながら地図を見れば、あまり迷いません。

Bastille駅からも徒歩10~15分ぐらいで行くことができますよ。Bastille駅周辺には、レストランやカフェ、ショップなども多くあるので、この辺りを散策して疲れたら「ル・カフェ・デ・シャ」で休憩するのもよいですね。

閉店日は月曜日、営業時間は火曜日~日曜日の12時~22時半(金曜日、土曜日のみ23時まで)なので、お茶はもちろんランチやディナーも楽しめますよ。

ルーブル美術館に隣接する「チュイルリー公園」

ルーブル美術館に隣接するチュイルリー公園には、大きな噴水や広場のほかにも、子ども向けの遊具もありますよ。近くにある日本人街に和食材を買いに行くついでに、娘と寄って遊んでいます。

高い滑り台やシーソー、グルグル回る円盤などがあるのですが、網のトンネルつきの滑り台は、私でも登るのが少し怖いぐらいの高さです。うちの娘は高いところが苦手なので滑り台では遊ばず、シーソーや回る円盤に乗って楽しそうに遊んでいます。

遊具コーナーの隣には有料ですが、写真映えするメリーゴーランドもありますよ。公園はかなり広いので、砂利道の上を思いっきり走り回ることができますし、疲れたら公園内にあるカフェで休憩することも可能です。街歩きに疲れたときの気分転換にもぴったりです。

夏と冬には移動遊園地もあって楽しめる

夏にはラ・フェット・フォレーンヌと呼ばれる夏限定の移動遊園地があり、パリの景色が一望できる観覧車やお化け屋敷、アスレチックハウスやミニジェットコースターなどで遊ぶことができます。

アヒルすくいや輪投げなどの出店のほか、綿アメやクレープなどを販売している屋台もありますよ。私も娘と毎年行っていますが、小さな乗り物なら2~3ユーロから乗ることができるので気軽に楽しめます。

2018年には、シャンゼリゼ通りの代わりにチュイルリー公園でクリスマス市が開催されました。2019年以降も毎年チュイルリー公園で開催されるかは未定ですが、もしクリスマスシーズンにパリを訪れる場合はチェックしてみてくださいね。夏限定の移動遊園地と同様、楽しい乗り物や出店がたくさんありますよ。

「チュイルリー公園」へのアクセス情報

チュイルリー公園は、メトロ1番線Tuileries駅が最寄り駅です。コンコルド広場のすぐ隣なので、Concorde駅で下車して、公園に入ることもできます。その際、メトロの出口は公園側を選ぶように注意しましょう。

また、ルーブル美術館に隣接していますし、チュイルリー公園の敷地内にオーランジュリー美術館もあるので、美術館めぐりの合間に公園で体を動かして遊ぶのも一案です。

公園への入園は無料で毎日開放されています。開園時間は9月最終日曜日から3月最終土曜日までは、7時半~19時半、3月最終日曜日から9月最終土曜日までは7時~21時、6~8月中は7時から23時となっています。

閉園時間30分前には、退去するよう注意をうながされるので、気をつけましょう。

まとめ

今回は、私がお気に入りのパリの穴場スポットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ほかにもパリには子どもと一緒に楽しめるスポットがたくさんあるので、またご紹介したいと思います。

パリは小さな子どもに寛容な街なので、子どもと一緒に積極的に街歩きを楽しんでみてくださいね。日本とは違うフランスの風景に、子どももきっとワクワクしてくれるに違いありません。家族で素敵なパリ旅行の思い出を作ってみましょう。

ライター紹介

松田シャボ 有紗

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR