就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】大型滑り台のある公園でBBQ!「長沼フートピア公園」

【宮城】大型滑り台のある公園でBBQ!「長沼フートピア公園」

子どもと一緒にバーベキューやキャンプを楽しめるオランダ風車が目印の「長沼フートピア公園」が宮城県の北部にあります。公園には、テントを張ってキャンプが楽しめるエリアの他に111mのローラー滑り台があり、ファミリーを中心に多くの子どもたちに人気のスポットです。

オランダ風車が目印の大型公園!

長沼フートピア公園はどんなところ?

大型のローラースライダーとオランダ風車が特徴の「長沼フートピア公園」。芝生がいっぱいの公園は、地元のファミリーを中心に様々な地域からも遊びに来る人が多い人気の遊び場です。

芝生の広場が多い公園には、ローラースライダーやアスレチック遊具、レンタサイクルなど様々な用途で利用することができ未就学の子どもから大人まで楽しめます。

街からも近く初心者も利用がしやすいバーベキューや芋煮会を楽しめるキャンプサイトは、GWやお盆期間が人気のシーズンになっています。

12月中旬から2月末までの冬季期間は利用できませんので注意しましょう。

アクセスは車がメイン

車の場合、東北自動車道「築館IC」から約25分、三陸自動車道「登米IC」から約25分の場所にあり、仙台中心部からは約1時間30分になります。

また電車での場合は、JR東北本線「新田駅」からタクシーで15分です。

公園は大型の無料駐車場も完備しており、6:00〜21:00まで利用することができます。

子どもとキャンプ&バーベキューを楽しもう

気軽に利用できるキャンプサイト

利用できるキャンプサイトは、オートキャンプ場(車乗り入れ、電源付)1区画3,500円、一般キャンプ場1張500円(タープも1張となります)、芝生広場キャンプ場1張(車乗り入れ)2,000円の3つのエリアがあります。

また、サイト料とは別に、キャンプ場利用料として一般300円、小・中学生200円が必要になります。未就学児は無料。

デイキャンプやバーベキューで利用しても、一泊料金と同額ですが、一般キャンプ場にてテントを張らずにバーベキューや芋煮をする場合はキャンプ場利用料のみで利用できます。

利用する際は、公園案内所(0220-22-7600)で日付と使用場所の空き状況を確認し、事前に予約行いましょう。

当日のチェックインの受付は公園案内所となります。チェックインの時間は午後2時〜、チェックアウトは翌午前11時までです。

キャンプ場にある食事棟、炊事棟は自由に利用をすることができす。また、オートキャンプ場と芝生広場キャンプ場のそばには、コインランドリー・シャワールーム・トイレが入っているサニタリー棟もあります。遊びまわって汗だくになった子どもたちには、ありがたい存在です。シャンプーやボディソープは、持ち込みとなります。

また、キャンプ専用駐車場近くにはゴミステーションがありキャンプで出たゴミは、捨てて帰ることができます。分別はしっかりとしましょう。

各場所、共有スペースとなっているのでマナーを守って楽しい空間で遊べるといいですね。

一般キャンプ場の近くには、キャンプ専用駐車場が30台用意されており、1グループに付き1台駐車することができます。バーベキューセットやテントを近くまで運べるので助かりますね。

必要な材料や道具は持ち込み

バーベキューをするのに必要な網や鉄板などは、持ち込みとなります。直火はNGなのでバーベキューコンロや焚火台も忘れずに!

また、公園から車で10分ほどの距離には、イオンやヨークベニマルなどのスーパーがあるので必要な食材は、公園に行く前に買い出しをしましょう。

キャンプ場エリアには、オムツ交換台などがない為、小さな子どもと一緒の場合は、車が乗り入れができるオートキャンプ場や芝生広場キャンプ場の利用がオススメです。

子ども用の携帯トイレや虫除けスプレーなどを持っていくと便利です。

子どもが夢中になる遊具がいっぱい

人気のローラースライダー!

公園で一番人気のローラー滑り台は、子どもたちの声が響き渡る111mの長さが魅力。滑り台のスタート地点からは、2020年東京オリンピックの候補地として名前が挙がった国内最大規模の長沼ボート場など、公園全体を見渡すことができます。

ローラースライダーを滑る時は、ダンボールなどをお尻に敷いて滑るのがオススメ。

持ってない人は、駐車場入り口の左手にある「ふるさと物産館」に行きましょう。すべり台用マットが110円で販売しているので、より快適に滑りたい方はゲットしてください。

アスレチック遊具も楽しめます

ターザンロープや木製のアスレチックがあります。

園児の年齢から楽しめるアスレチックには、大中小の滑り台もあり111mのローラースライダーを滑る勇気がまだ整っていない子は、この滑り台で遊びましょう。

鉄の滑り台なのでお尻が、やけどしないように肌があまり出ていない服装で遊ぶことをオススメします。様々な年齢の子が、遊べる場所になっているので、子どものそばで危険がないように見守ってあげましょう。

オランダ風車やアイスの天ぷらも注目

迫力満点の高さ21.22mの風車

長沼フートピア公園のシンボルでもあるオランダ風車「白鳥」は、風車の本場オランダから取り寄せた風力のみで動くタイプ。風車技師により金・土・日・祝に、天候や風向きに合わせ、風速2m~12m以下の状況下でグウォングウォンと音を立てて稼働します。

近くで見ると迫力に圧倒されます。更に週末は、風車1階の南側の扉から北側の扉まで通り抜けることができ、中には風車の模型などが置かれています。

全国で4基しかないという本場のオランダ風車を見られるのは、宮城県ではもちろんここだけ!遊びに行った際は、是非近くでその迫力を体感してみて下さい。

不思議な食感のアイスの天ぷら

駐車場入り口の左手にある「ふるさと物産館」では、地場の加工食品や飲食店が入っています。

公園に遊びに行ったら挑戦をしてもらいたいのが「アイスの天ぷら」。

天ぷら粉に包まれたバニラのアイスクリームにポテトフライが付いて460円。不思議な食感のアイスは、親子で食べるのに丁度いいサイズになっています。遊びに行った思い出としてもオススメで、若者を中心にアイスを目的に遊びにくる人もいる人気の商品です。

遊んだあとやバーベキューをした後にデザートとして⁉︎挑戦してみてください。

店内には、小さな子がいる家族には嬉しい小上がりの席も用意されているので、ジュースやアイスなどを食べながら休憩することもできます。

まとめ

小さな子どもも満足できるキャンプ&バーベキューが楽しめるのが「長沼フートピア公園」。食事だけでなく、思いっきり走り回れる芝生広場や大型の滑り台や遊具など子どもたちが楽しめるポイントがいっぱい!初心者から中級者向けのキャンプ場なので、初めての方はDAYキャンプから楽しんでみましょう。

長沼フートピア公園(ながぬまふーとぴあこうえん)

宮城県登米市迫町北方字天形161-84

0220-22-7600

6:00~21:00(案内所8:30〜17:00)

無休(案内所12/29〜翌1/3まで休み)

2歳以上

キャンプ場 一般300円、小・中学生200円、未就学児無料 サイト利用料 オートキャンプ場3,500円、一般キャンプ場500円、芝生広場キャンプ場2,000円

http://fp-naganuma.co.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、授乳室(応相談)、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

羽根田 圭司

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018