就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【仙台】特殊な砂でガラスを削る…?「ガラス工房 初月」

【仙台】特殊な砂でガラスを削る…?「ガラス工房 初月」

誰しも一度は見たことがあるであろうすりガラス。実はこれ、特殊な砂を吹きかけて削ることで描かれていたことはご存知でしたか?このサンドブラスト製法、とても難しいように感じますが、ここガラス工房初月ではお手軽に楽しむことができるんです。好きな絵柄で、ご自分用に、プレゼント用に…。鮮やかに色めくガラス細工には心がとても癒されます。

「ガラス工房 初月」って、どんなとこ?

とんぼ玉作りからすべては始まりました

綺麗な模様のついたガラス玉、とんぼ玉。そのデザインはまさに人の数だけあるともいえるほど。ガラス工房初月の店長・佐藤さんもその魅力に取り付かれた一人です。

十数年前からとんぼ玉作りをメインとしてガラス工房初月を営まれてきた佐藤さんご夫妻。ある日、体験教室にいらした生徒さんから、ガラス玉の裏面に施されていたサンドブラストの模様を見て、グラスに描いてみたい!とのご要望があったことが、サンドブラスト体験を始められたきっかけでした。

サンドブラストってなに?

サンドブラストは、もともとアメリカで工業向けのサビ取り用に開発された機械でした。その機械がその後ヨーロッパにまわり、いろいろな歴史を経てガラス加工用に開発され、今のガラス彫刻の技法の1つとなったのです。

サンドブラストで使われる砂も、研磨成分の含まれる特殊なもの。ガラスをも削ってしまうのでかなり硬い粒なんだそうです。

サンドブラストと言われるとあまりイメージが湧いてこない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆるすりガラスのこと。私たちの周りでよく見かけるあのすりガラスは、実は特殊な砂を吹きかけて削ることで作られたものだったのです!

さっそくサンドブラストに挑戦です!

まずはデザインを決めましょう

サンドブラスト体験で使用する道具はこちらです。

下絵用の紙、カーボン紙、マスキングシート、カッティングシート、シャープペン、マジックペン、アートナイフ、はさみ、のり。

そして、グラスはこちらからお好きなものを選びます。

グラスによってお値段が異なります。

私は1番ベーシックな、入門コースのコップで挑戦させて頂きました。

お次は、デザイン考案です!

デザイン決めのコツは『あまりややこしいものにしないこと!』

なぜかというと、この後下書きに沿ってアートナイフを使ってカットしていくからです。細かい模様や複雑な絵柄にしてしまうと、アートナイフの扱いに慣れていない方にとっては至難の技になってしまいます…。

何もデザインが思い浮かばない!という方には、デザインの見本や切り抜きスタンプもあるので大丈夫!

シルエットでも可愛い、わんちゃん・ねこちゃん。

女の子に大人気、アリス。

小学校の頃、先生からもらえるのが楽しみだった『たいへんよくできました』スタンプ!

ちなみにこれは、かなり難易度高めです!未だに誰一人として作られた方はいないそう。挑戦者求む…。

ワンポイントの絵柄には、こちらの切り抜きスタンプがとっても便利ですね。

アルファベットや数字の切り抜きスタンプもあり、体験した日付やご自分のお名前の切り抜きを作られる方も多いようです。

好きなイラストをその場でスマホで検索して紙に写したり、ご自宅でプリントアウトして持ってきてくださる方もいるそうです!

また、同じデザインのものでも、マスキングシールの貼り方によってグラスの雰囲気や色味もガラッと変わります。

くり抜いたマスキングシールを貼ってサンドで削るとこのようになり…

逆にくり抜いた外側のマスキングシールを貼ってサンドで削るとこのようになります。

どちらのデザインで進めていくかによって、シールのくり抜き方も変わるそうなので、迷われた方は下へを書く前に講師の方にご相談してみてくださいね。

私がお伺いした時期はクリスマス間近でしたが、ちょっと先を見込んで春先イメージのデザインで進めていくことにしました。くり抜いたマスキングシールを貼る、白い部分の多い作り方に挑戦してみることに。

好きな形のマスキングシールを作りましょう

デザインがまとまってきたら紙に書き出していきます。

『春』、それからテニテオにちなんで『子ども』から連想されるもの…。私の中では、やはり『ランドセル』でした。

その場でスマートフォンを使ってランドセルのイラストを検索し、下絵の用紙に写しました。シャープペンで書くので消しゴムで消しながら何度でもやり直し可能です。

下絵が完成しましたら、カッティングシートにマスキングシールを置き、その上にさらに下絵の用紙を重ねます。

ずれないように、しっかりと両方ともマスキングテープで止めて…。

下絵用の紙とマスキングシールの間にカーボン紙をサンド!下絵をもう一度シャープペンでなぞっていきます。

なぞり終えたら、カーボン紙で写し出された下絵のままですと作業中に手で擦れて下絵が消えてしまう可能性もありますので、油性ペンでさらになぞりましょう。

油性ペンのラインに沿って綺麗にはさみで切り抜いたら…

これで貼り付け用のシールの完成です。

実際にコップに貼り付けていきましょう

コップに貼り付けた後に完全にくりぬいてしまう部分が分からなくなってしまわないよう、車線で印をつけてみました。

内側から外側へ、しっかりと空気を抜くように……ペタッ。

コップが丸い形状のため、しっかりと貼り付けるのが難しい場合は講師の方が切り込みを入れて下さるなどお手伝いしてくださります。

そして、アートナイフでカット作業へ。
初めに講師の方にお手本を見させていただきました!

コツは、コップは持ち上げたりせずにしっかりとテーブルにつけたまますすめていくこと。

それから、手(刃)を動かすのではなく、コップをくるくる回しながら切っていくこと。

先ほど斜線を引いた部分、また線として浮き上がらせたい部分をくり抜くと、このようになります。正面から見ると少しわかりづらいかもしれませんが…

裏側から見ると、より完成図がイメージしやすくなりますね。
さらに飾り付けを、ということで、子どもに大人気という切り抜きスタンプも活用。

思っていたよりも小さかったのですが(1cm×1cm位)、アートナイフやシャープペンの先を使うと上手く貼り付けられます。

春らしく、桜の切り抜きスタンプで作った花びらも散りばめて…

コップへの貼り付け作業も完了しました。

サンドで削っていきましょう

サンドで削る際、コップの中にサンドが入ってしまわないように蓋を閉めます。その蓋のラインが綺麗な一本線になるよう、マスキングテープを貼ります。

この線の通りに模様になりますので、隙間などなく、線がよれないよう丁寧に貼り付けてくださいね。

こちらがサンドブラスト専用の機械、サンドブラスターです!

中を覗くと…

ガンのついたホースと、分厚い手袋と、キラキラサラサラの砂が入っています。

しっかりと蓋を閉めた作品をしっかりと持ち、作品をくるくる回しながらサンドを吹き付けていきましょう!

この際、砂が舞ってしまうため機械の蓋を閉めますので作品の状態はあまりよく見えません。なので、何回か機械を止め、中を覗いて削られた部分にムラがないかなどを確認してみてくださいね。

こちらが1度目の確認の時のものです。お写真だとわかりづらいですが、やはり白い削られた部分に濃淡のムラができていました。

この作業を何度か繰り返していきます。

細かくて難しい部分と仕上げ作業は講師の方がやってくださいました。

できたてほやほや!サンドをかける前とは手触りが全く異なりザラザラしていて、ようやくサンドで削れているんだ!ということを実感できました。

実際に砂をかけているときは、さほど砂の勢いや圧を感じることがなかったので、とにかくびっくりです!

丁寧にマスキングシールを剥がし、水で綺麗に洗ったら…

いよいよ完成です!

裏側の桜の花びらもしっかりと浮かび上がりました。

サンドブラストの体験料金は、グラスの種類にもよりますが、私が体験させて頂いた入門コースですと1,500円(税別)。体験時間はおおよそ2時間です。アートナイフを使用するため小さなお子さまおひとりでの体験は難しいですが、親子でお楽しみ頂けます。

体験は要予約となります。体験日程も不定期ですので、HPまたはお電話でご確認ください。

「ガラス工房 初月」までのアクセス方法は?

お車でお伺いする方

ガラス工房 初月は閑静な住宅街の中にあります。仙台市内からお伺いする場合は、仙台西道路(国道48号線)を通ると便利です。

またガラス工房 初月は近くに秋保温泉郷があるということもあり、ご宿泊のお客様のご来店がもっとも多いそうです!秋保温泉からお伺いする場合は、県道132号線、錦ヶ丘を便利です。

交通機関でお伺いする方

仙台駅からJR仙山線に乗車、陸前落合駅で下車すると便利です。陸前落合駅からはタクシーで5〜10分で到着します。

この辺りは野生の動物がたくさんいるそうで、イノシシの親子やクマを目撃することもあるそうですよ…!

まとめ

ご夫婦で、一軒家で開催されている様々なガラス細工の体験教室。優しいお二人とは体験以外のお話でもとっても盛り上がってしまい、楽しい雰囲気の中でリラックスして作らせていただくことができました。

サンドブラストは子ども会などでもとても人気のあるイベントだそうです。中には、事前にデザインを考えて、プリントアウトして持ってきてくださる方や、マイカッターを持参する方も…!

お子さんよりもママ達の方が真剣になってしまうことも多々見られるそうです!ぜひ、親子で素敵な思い出作りとしてご参加されてみてはいかがでしょうか?親戚のお家に遊びに来たような、そんな和やかな雰囲気にとてもホッとしますよ。

ガラス工房 初月(がらすこうぼう はつき)

宮城県仙台市青葉区 高野原3-2-8

022-796-6939

10:00~17:00

水曜、第2第4木曜

3歳〜

メニューによる

http://hatuki.her.jp/index.html

駐車場

101 件

ライター紹介

佐藤 かおり

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj