就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】ミツカンの博物館「MIM」で遊びながら“す”を学ぼう!

【愛知】ミツカンの博物館「MIM」で遊びながら“す”を学ぼう!

お酢は日本の食卓に欠かせないおなじみの調味料。酢の物や、みんなが大好きなお寿司にもたっぷり使われていますよね。そんなお酢やポン酢をはじめ、さまざまな食品を世に送り出している「ミツカン」の体験型博物館が「MIZKAN MUSEUM(愛称MIM)」。子どもも楽しく学べる仕かけがたくさんありました。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

事前予約制の見学ツアーを楽しもう

半田市は醸造業が盛んなまち

「MIZKAN MUSEUM」通称「MIM」は、“蔵のまち”と呼ばれる半田市の半田運河沿いにあります。江戸時代から醸造や海運で栄えてきたエリアで、今でも半田運河沿いには黒塀の景観が建ち並び、当時の面影を残しています。

「MIM」は無料の大型駐車場も完備していますが、JRの半田駅から徒歩約3分と電車でのアクセスも抜群。名鉄知多半田駅からは徒歩約13分で到着します。

和の外観は趣があり、さらにどこかモダンな雰囲気も感じられます。おしゃれなデザインに、入る前からわくわくしますね。早速、中に入ってみましょう!

2種類の見学ツアーがあります

「MIM」は基本的に事前予約制で、電話かインターネットで申し込みます。館内ツアーのコースは二つあり、「全館コース」は大人300円、「大地の蔵コース」は大人100円。どちらも乳幼児は無料で参加できます。

「全館コース」は館内にある五つのゾーンすべてを見学でき、「大地の蔵ゾーン」以外はスタッフのガイドを聞きながらじっくりまわることができます。所要時間は約90分で、定員は1回につき30名。もう一つの「大地の蔵コース」は、公式アプリをダウンロードすることで、解説ガイドを聞きながら「大地の蔵」ゾーンを自由に見学することができます。イヤホン持参ですが、忘れてもパンフレットがあるのでご安心を。所要時間は約30分で、定員は1回につき50名。どちらのコースも9時30分~15時30分まで30分ごとに開催されます。

時間のないときは「大地の蔵コース」を、じっくり見学したいときは「全館コース」というように、状況に合わせて選べるのが嬉しいですね。

見てさわって、楽しく学べる体験型施設

全部で五つのゾーンがあります

まず最初に見学するのは「大地の蔵」。江戸時代の酢づくりや現在の醸造の様子を見ることができます。

こちらは伝統を受け継ぐ“創業の逸品”「三ッ判 山吹」を醸造している様子。現在は機械で行うことが多い作業を昔ながらの製法で人の手で行っているため、作る量も限られている貴重なお酢です。この白い膜は、酢酸菌によって作られる菌膜なのだとか。

さらに進むと、江戸時代の職人さんの作業を体験することができます。約15㎏の桶を担いだり、中身量を叩いたときの音の高低で確認したり、普段できない体験がたくさん!子ども用のふみ台も用意されていますよ。

また“す”の穴を覗くと…お酢の豆知識が!ちょっとした仕かけにユーモアを感じますね。

大きな「弁才船」に大興奮!

「大地の蔵」ゾーンを抜けると、「風の回廊」へ。ミツカンがともに歩んできた半田の懐かしい情景や、伝統的な「はんだ山車まつり」に使われる山車31台のはっぴをモチーフにしたのれんが飾られています。

そして、その先には大迫力の大きな船が印象的な「時の蔵」が!

部屋の半分以上を占めるこの木造の船は、江戸時代に半田運河から江戸まで酢などを運んだ「弁才船」を再現しています。長さ約20mもありますが、当時では小型だったのだとか。

また時の蔵の壁には、創業から200年以上にもわたるミツカンの歴史が描かれています。ガイドさんが丁寧に説明してくれるので、子どもも飽きずに見学することができますよ。最後には「弁才船」の甲板に乗り込んで、航海の疑似体験へ。

その後、「水のシアター」で四季の中にある食といのちのつながりを表現した映像を鑑賞したら、ついに最後のゾーンです。

「光の庭」はわくわく体験がいっぱい!

最後のゾーンとなる「光の庭」は、小さな子連れに大人気のゾーン。まず目を引くのは、彩り豊かな握りずしのサンプルがずらりと並ぶ「すし大陸」。

その下には引き出しがあって、開けるとお寿司の豆知識やレシピなどが書かれています!子どもだけじゃなく、大人もためになる情報ばかりです。

「すし大陸」で学んだら、「すしスクール」のすしクイズに挑戦してみましょう!学んだ知識がでてくるはずですよ。

「なりきりすしや屋さん」では、紙粘土のしゃりを使って握りずしづくりの疑似体験ができます。

さらに、「味ぽんスタジオ」では、購入した味ぽん200円に、自分の写真を撮ってつくったオリジナルのラベルを貼り、「マイ味ぽん」をつくることができます。

最後は記念撮影!自分の体を使って“す”の文字を作りましょう。ちいさな“す”もあるので、子どもと一緒に撮影できますよ。

「MIZKAN MUSEUM(MIM)」へのアクセス

公共交通機関でお越しになる方

名鉄河和線「知多半田駅」から徒歩13分

JR武豊線「半田駅」から徒歩3分

車でお越しになる方

知多半島道路半田中央ICまたは半田ICから車で約15分

名古屋市内からは約1時間で到着します。

140台停めることができる専用駐車場を完備しています。

まとめ

「ミツカンや酢の歴史を学ぼう」と聞くと、ちょっと真面目なイメージを持つかもしれませんが、「MIM」には、実際に体験しながら、また子どもは遊び気分で楽しめる仕かけがたくさん。学んでいるという意識はないのに、気付いたらお酢について詳しく知ることができます。

特に小さな子ども連れのママやパパには、子どもに人気の「光の庭」も見学できる「全館コース」がおすすめ。約90分の間に濃い内容がギュッと詰まっていて、見学後は大満足です!事前予約制なので、訪れる前は予約をお忘れなく。

MIZKAN MUSEUM(MIM)(みつかんみゅーじあむ(みむ)

愛知県半田市中村町2-6

0569-24-5111

9:30~17:00(事前予約制)

木(祝日の場合は翌日)、年末年始

全館コース/大人300円・中高生200円・小学生100円、大地の蔵コース/大人100円・小中高生50円※乳幼児は無料

http://www.mizkan.co.jp/mim/

駐車場あり、おむつ交換台あり、授乳室あり、自動販売機あり、売店あり

ライター紹介

松田 支信

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj