就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】ゴーカートに乗れる児童遊園地「愛知こどもの国」

【愛知】ゴーカートに乗れる児童遊園地「愛知こどもの国」

愛知県西尾市出身の筆者にとって、「愛知こどもの国」はとても馴染みのあるスポット。幼い頃に度々遊びに連れて行ってもらった記憶があります。記憶の限りでは、確かゴーカートにも乗せてもらったような。今回はそんな筆者の淡い記憶を辿るための取材でもあります。みなさまどうか最後までお付き合いくださいませ。

愛知こどもの国ってどんなところ?

アクティビティ満載の自然あふれる遊園地

愛知こどもの国は、愛知県西尾市東幡豆町にある県立の児童遊園地。愛知県政100周年を記念して、「こどもと自然との対話、こどもとこどもとの対話、こどもと親との対話」をテーマに1974年に完成しました。

園内は管理棟のある「中央広場」をはさみ、東側の「あさひが丘」と西側の「ゆうひが丘」に分かれています。

ワークショップやキャンプなど、自然を生かした様々なアクティビティを始め、蒸気機関車やミニカーに乗れるなど、遊園地と呼ばれるだけあって乗り物も充実。

幼児に人気のミニカー

1日駅長にもなれるよ!スタッフさんに無理言って撮ってもらいましたが、指入ってましたね。

愛知こどもの国への気になるアクセスは

愛知こどもの国へは、車の場合は名古屋から約90分、国道247号線「東幡豆根ノ上」信号を右折すぐ。

公共交通機関の場合は、名鉄蒲郡線「こどもの国駅」下車徒歩15分となっています。

土日祝日はこどもの国駅からの無料送迎サービスも行っているそうです(予約制 連絡先/0563-62-4151 ※予約は1週間まで)。

ちなみに駐車場は1回500円です(各駐車場は民間経営となります)。

さっそくゴーカートにチャレンジ!

ゴーカートに乗れるのは西側の「ゆうひが丘」

ベビーカーが必要な小さいお子様や年配の方と一緒のご来園の際は、 あさひが丘駐車場に停め、ランドトレイン(園内移動車)に乗り、ゆうひが丘へいくのがおすすめ!

また、体力のある方は、ゆうひが丘駐車場に停めて、山道を歩いて ゆうひが丘へ行くのもよいですね!

ゆうひが丘駐車場からゴーカート乗り場までは徒歩5分ほどのところにあります。

森の中を駆け抜ける爽快感がたまらない!

さてさて、いよいよ待望のゴーカートとご対面。恒例のビジュアルチェックと参りましょうか。

まずは、レッド。スポーツカーと言えば昔から赤と決まっています。

車体にはわかりやすく右が「アクセル」、左が「ブレーキ」と書かれています。子どもに優しい配慮ですね。

こちらはブルー。クールな表情がたまらない。

根っからの青好きの筆者が選んだのはもちろんブルー。ここのゴーカートは走路にレーンが敷いてある車体固定タイプ。ハンドルを誤っても大きくコースアウトすることはありません。

最初のカーブ。緩いぜ。平気だぜ。幼い頃の筆者もこんな風に感じていたのかな?記憶が少し蘇る。

カーブを曲がると前方には森が!

うおー!森!興奮のあまり手ぶれがすごいぜ!

森を抜けると今度は開けた直線。この展開、まさにドラマチック!写真には収めきれませんでしたが、右側奥には三河湾が広がっています。お見せしたかった!

自然豊かな園内にあるだけに、コースも多彩!森の中を駆け抜ける爽快感はクセになりそう〜!

1台につき1回200円で乗れます

ゴーカートの利用料金は、1台につき1回200円。小学生以下は保護者の同乗が条件。

1周約500mなので、だいたい3分ほどでしょうか。めまぐるしく景観が変わるので、感覚的にはあっという間。子どもはもちろん、大人も十分楽しめますよ。

兄弟がいてもたっぷり遊べちゃいます!

あさひが丘には様々な遊具があります!

ゴーカート以外もここには遊べる設備がいっぱい。園の東側にあるあさひが丘には、「遊具広場」と呼ばれる遊具で遊べるエリアがあります。

ヘビみたいになが〜いトンネル

たくさんの動物たち

ロング滑り台。森の中を滑る?

ひろ〜い芝生

謎の覗き穴。何が見える?

たんぽぽのかくれんぼ

アリジゴクのようなダイナミックな遊具

お弁当持参でピクニックするには絶好のスポットと言えます。ここからさらに南へ歩を進め「ぼうけん広場」と呼ばれるエリアには、、、、

またまたロング滑り台。しかも3基。これでもかと言わんばかりの遊具のオンパレード。これなら1日たっぷり遊べますね。

幼児向けの室内で遊べる場所も完備

遊具が少し大きい子向けなら、中央広場にある「キッズプレイルーム」は0〜3歳寄りの小さい子向け。

積み木で遊べるお部屋や

絵本が読めるお部屋

おもちゃで遊べるお部屋など静かに遊べるお部屋が充実しています。

おむつ換えや授乳できるスペースもあるので、赤ちゃん連れも安心して過ごすことができますよ。

まとめ

自然を満喫できる「愛知こどもの国」は、三河エリアでも貴重なスポットのひとつ。ゴーカートはそんな自然を肌で感じることができるので、おすすめです。

ただ、園内はとても広いので、移動が大変かも。そんな時に利用したいのは園内移動サービスです。平日に限り園内を車両で移動できるので、利用をおすすめします(連絡先/080-3639-4151)。

筆者の幼い頃の自然を残したまま、子連れに嬉しい設備やサービスも充実。次回はぜひ家族で訪れたいですね。

愛知こどもの国(あいちこどものくに)

愛知県西尾市東幡豆町南越田3

0563-62-4151

9:00〜17:00

無休

0~6歳

無料

https://www.kodomo-aichi.jp

ベビーカー入園可、おむつ交換有、授乳室有、飲食店有、弁当持込有、自動販売機有

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018