就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが大きい声で泣くのはなぜ?その理由と対処法について

赤ちゃんが大きい声で泣くのはなぜ?その理由と対処法について

赤ちゃんは周囲の大人がびっくりするほどの大きな声で泣きますね。泣き声を聞いているとママはかわいそうで、赤ちゃんをなんとか泣き止ませようとしがちです。でも赤ちゃんは悲しくて泣いているわけではないのです。今回は赤ちゃんの泣く理由やその対処法についてご紹介します。

そもそも赤ちゃんはなぜ泣くの?

ママに何かを伝えるため

赤ちゃんはまだ話すことができません。そのため赤ちゃんは、言葉の代わりに生理的不快や不安感などを伝えるために泣くのです。また赤ちゃんが泣くことで不快を感じているとわかるから、ママはおむつを替えたり授乳したりするタイミングを知ることができます。

逆に赤ちゃんが泣かないと、ママは赤ちゃんの不快感を知ることができないかもしれません。例えば背中が汗でびしょびしょなのに赤ちゃんが泣かずに気づくことができないと、汗疹になったり風邪をひいたりしてしまうかもしれません。

いつもと違う様子で力いっぱい号泣しているときなど、泣き方によっては重要な病気を知らせてくれている場合があります。どんな泣き方で何を伝えようとしているか、観察することも大切です。

生理的な不快感を知らせるため

赤ちゃんはママになにかを知らせるために泣きますが、ただ赤ちゃんもはじめから泣いて伝えることができるわけではありません。学習しているのです。

生理的な不快感を感じたとき、例えばおむつが濡れたときに、泣くことでおむつを取り替えてもらえると知っている赤ちゃんは泣きます。しかし常におむつが濡れる前におむつを替えていれば、赤ちゃんは不快感を理解することができないのです。

ママは赤ちゃんを泣かせないように、つい先回りをしてしまいがちです。しかし赤ちゃんが不快感を覚えるためには不快な思いをして、泣いて、それを取り除いてもらうという経験が必要になります。

赤ちゃんが泣いて知らせた時点で何を求めているのかを感じ取り、応えてあげるとよいですよ。

運動やストレス発散のため

赤ちゃんが泣くことには、不快感を知らせること以外にも大切な役割があります。じつは赤ちゃんは、泣くことでストレス発散や運動をしているのです。

不快感を感じないよう、ママが先回りしておむつを替えたり授乳したりすると、不快感を理解できなくなることはすでにお伝えしました。実際にはそれだけでなく、赤ちゃんは「泣く」ことが減ってしまうとストレス発散や運動をする機会までも失ってしまうことになるのです。

ママやパパは、赤ちゃんが泣いているとどうにかして泣き止ませたくなるものです。でも赤ちゃんが力いっぱい泣いているのは、元気に成長している証でもあります。泣いているときは「今日も元気に泣いているね」ととらえて、どんと構えてくださいね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんの奇声や大きな声で泣く理由

大きな声で泣くのは生きていくため

ほとんどの動物の赤ちゃんは、生まれてすぐに大きな声で泣くことはしません。もし人間の赤ちゃんと同じように大きな声で泣けば、すぐに天敵に見つかって食べられてしまいます。彼らは生きるために「泣かない」のです。

泣かない代わりに、多くの動物は生まれてすぐに歩いたり走ったりすることができます。脚を使って逃げることで、天敵から身を守って生きていくのです。

それに対して生まれたばかりの人間の赤ちゃんは、歩くどころか寝返りすら打てませんね。大人に守られないと死んでしまいます。

だから赤ちゃんは大きな声で泣いて訴えることで、大人に守ってもらうのです。大きな声で泣くことは手助けがないと死んでしまう赤ちゃんならではの知恵なのかもしれません。

摂取しすぎに注意!カフェインが原因

母乳を飲んだあと、赤ちゃんの寝つきが悪くなったり、奇声をあげたりして興奮した様子が見られたら、ママのカフェイン摂取を思い返してください。ママが摂取したカフェインは約30分後に母乳へ流れるのだそうです。

カフェインを多く含む飲み物はコーヒーや紅茶、緑茶などです。一般的にこれらの飲料は1日2~3杯であれば母乳に影響ないといわれています。ただし個人差があり、少量のカフェインでも影響を受ける赤ちゃんもいるようです。

カフェインを含まない水や麦茶、またノンカフェインのコーヒーなどであれば、赤ちゃんへの影響はないため安心です。授乳中はなるべくこうした飲料を利用して、カフェインの摂取を控えることをおすすめします。

大きな奇声なら、自分の声を楽しんでいる

赤ちゃんの発する奇声でも、問題のないものもあります。赤ちゃんが自分の奇声を大きな声で楽しんでいるときです。

赤ちゃんが奇声を楽しむのは、聴力が発達して自分の声と周囲の音を聞き分けられるようになったころにみられます。大きな奇声を出したり長く伸ばしたりして、自分の出した声を聞いて楽しんでいるのです。

奇声は赤ちゃんによって様々です。「あー」「わー」「キー」と言ったり、強弱をつけたり、何度も繰り返したりして遊びます。

赤ちゃんが楽しんでいる様子を見かけたら、ママも一緒に喜んであげましょう。「元気な声が出せるね!」と言いながらスキンシップをすれば、赤ちゃんは満足感と達成感を感じてもっと喜びますよ。

赤ちゃんが大きな声で泣いたときの対処法

おしゃぶりや抱っこなどを試してみよう

赤ちゃんが泣くのは自然なことです。しかしTPOによっては泣かれては困る場合もありますね。そんなときの対処法をご紹介します。

道具を使った対処法ではおしゃぶりが効果的です。赤ちゃんがおしゃぶりで泣き止むのには理由があります。おしゃぶりを吸うことでオキシトシンの分泌が増加するのです。オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれ、赤ちゃんのストレスを軽くする働きをしてくれますよ。

また抱っこも有効です。ママの抱っこで赤ちゃんが安心し、落ち着くことができれば泣き止みます。ただし新生児の時期は、ママのおっぱいの匂いで赤ちゃんが興奮してさらに泣いてしまうこともあるようです。そんなときは抱き方を工夫するなどしてみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事