就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中にマタニティアートをしよう!セルフでやる方法や魅力を紹介

妊娠中にマタニティアートをしよう!セルフでやる方法や魅力を紹介

「マタニティアート」をご存知でしょうか?最近ではテレビや雑誌などで取り上げられることも増え、妊婦さんの間で人気が出てきています。妊娠中だけの特別なアートを、ぜひ体験してみませんか?今回はマタニティアートについて紹介します。セルフで行う方法もありますので、参考にしてみてください。

マタニティアートの時期や時間、値段の目安

マタニティアート(ベリーアート)とは?

「マタニティアート」は、ベリーアートやベリーペイント、マタニティペイントとも呼ばれ、安産祈願や赤ちゃんの健やかな成長を願って、妊娠中のママのお腹に絵を描くことをいいます。

インドや北アフリカなどの地域では、古来より魔除けや安産祈願を兼ねて、妊婦さんのお腹にペインティングする「メヘンディ(ヘナアート)」がありました。その伝統文化が徐々に世界に広まり、今ではマタニティアートとして多くの妊婦さんの注目を集めています。

もとは植物染料のヘナで伝統的な絵を描いていたものが、現代ではカラフルな絵具でそれぞれの思いを描くようになりました。マタニティアートは、安産祈願とともに気持ちも明るくしてくれる素敵なアートといえるでしょう。

マタニティアートの時期や時間は?

マタニティアートをする時期は、妊娠8カ月から9カ月頃がおすすめです。

妊婦さんは、一般的に妊娠6カ月頃からお腹がふっくらし始めます。10カ月以降はというと、お腹も大きくなり、同じ体勢でいることが負担になる可能性が出てきます。さらに臨月はいつ産気づいてもおかしくないことから、やはりお腹の丸みもあり、妊婦さんの負担にならない妊娠8カ月から9カ月頃がよいといえるでしょう。

中には、安産祈願を込めて戌の日に1回目、8カ月から9カ月に2回目といったように2度アートを楽しむ人もいます。お腹の大きさも比較でき、素敵な記念になりそうですね。ペイントの時間は大体1時間程度、撮影も入れると休憩をはさんだとしても合計2時間程度で終わるようです。

マタニティアートの値段は?

次に、依頼方法や値段の目安をお伝えしましょう。まずは「日本ベリーペイント協会」という社団法人があるので、そこから希望に合った地域やアーティストを探すことができます。

それぞれペイント料金・交通費・出張費・オプション料金などの設定金額が違いますので、よく確認してみましょう。アーティスト先に出向いてペイントする場合は、講師で13,000円、アーティストは11,000円、新人アーティストのモニターなら6,000円ほどのようです。

また、マタニティフォトを行っているフォトスタジオでは、オプションとしてマタニティアートをしているところがあります。料金やデザインの傾向などフォトスタジオによって違いますので、事前にチェックしておきましょう。

マタニティアートの魅力的なポイント

赤ちゃんと会うのが楽しみになる

マタニティアートは芸術的なだけではなく、妊婦さんにとって嬉しい魅力がたくさんあります。いくつか紹介しましょう。

まずは、より「赤ちゃんと会うのが楽しみになる」という点です。妊娠中はホルモンバランスや体の大きな変化により、精神的に不安になったり、イライラしたりすることが多いものです。幸せなはずの妊娠生活が、ネガティブに感じてしまうこともあるかもしれません。そんなときに、妊娠中の大きなお腹だからこそできるマタニティアートをすることは、妊婦さんに特別感を抱かせてくれます。

また、お腹に描かれた素敵なアートから、赤ちゃんの存在を強く感じることができるでしょう。お腹を見ているだけで愛おしく、赤ちゃんと会うのがとても楽しみになりますよ。

リフレッシュにもなり、リラックスできる

次に、ママの気分が「リフレッシュできる」点も魅力として挙げられます。マタニティペイントは、妊娠中という限られた期間にしか体験できないもの。多くの人にとって、新しい体験になることでしょう。楽しく新しい体験をすることは、脳の活性化を促すといわれているのです。

また、実際にお腹に絵を描く様子を一から見ることができるので、芸術的な体験もでき、さらなるリフレッシュ効果が期待できます。

お腹の赤ちゃんを思いながら描かれていくアートを見ているだけでも、とても優しい気持ちになるものです。アーティストと会話を楽しむのもよいですし、徐々にできあがっていく様子をじっくり眺めるのもよいですね。穏やかで優しい時間にリラックスできる点も魅力ですよ。

写真で残すと一生の記念になる

できあがったマタニティアートは、ぜひ写真に残しましょう。月日が経ってからでも、当時の気持を思い出すことができるのが写真のよいところです。なにもしていない大きなお腹を写真で残すよりインパクトがあり、とてもよい記念になります。「写真で残すと一生の記念になる」こともマタニティアートの魅力の一つです。

成長した子どもにもぜひ見せてあげてくださいね。子どもに会えるのを心待ちにしていたママ、パパの気持ちが伝わりますよ。

写真を撮るときは、色々な撮り方をしてみてください。お腹のアップや全身、斜めから撮るのも素敵ですよ。中にはパパのお腹にもペイントを施して、ママと一緒に写真を撮る人もいるそうです。夫婦や家族みんなで、楽しみながら写真を撮ってみましょう。

セルフでもできるマタニティアートのやり方

セルフアートを始める前に用意する物

マタニティアートは専門家にお願いするだけでなく、セルフアートをすることもできます。自分で描くマタニティアートは、ママの思いが詰まったとても素敵なものになりますよ。始める前に、セルフアートに必要な物を用意しましょう。

【用意する物】
・肌に使用できるボディペイントやフェイスペイント用の絵具
・筆(太さの違うものをいくつか)
・筆を洗う容器(紙コップなど)
・パレット(なければ紙皿でも可)
・ウェットティッシュ(間違えたときに消すため)

服装は、お腹が出しやすい上下セパレートの服が便利です。絵具が服につくと困る場合は、フェイスタオルなどを服にかけてカバーしましょう。また、新聞紙を足元にしいておくと床も汚れず安心ですよ。

簡単に落とせる安全な絵の具を選ぼう

妊娠中は、普段より肌が敏感になっています。セルフアートで炎症や痒みを起こさないためにも、安全な絵具を選びましょう。

おすすめは、オーストラリアの安全基準をクリアした「クロマクリル」です。毒性の物質を一切含まず、フェイスペイントとして使用しても安全性が高い絵具となっています。カラーバリエーションも豊富で、華やかなデザインにピッタリですよ。また普通の絵具のように混ぜて色を作ることも可能です。水性アクリル絵具なので渇くと耐水性がでます。落とすときは、せっけん水で優しく洗い流してください。

安全安心なものでも、使用の際は必ずパッチテストを行いましょう。また肌への負担を最小現にするために、広範囲に長時間使用することは控えてくださいね。

失敗が少ないセルフアートのやり方

必要な物を揃えたら、いよいよ制作にとりかかります。しかし丸いお腹に絵を描くことは意外と難しいもの。失敗が少なくなるよう、「トレーシングペーパー」を使って、絵を肌に写してから絵具で塗ってみましょう。

肌への転写の仕方は簡単です。まず紙に描いたデザインを、トレーシングペーパーに鉛筆などでなぞって写してください。次に、お腹をウェットティッシュなどで拭きます。肌が少し湿ったままの状態で、なぞった面が肌側にくるようにトレーシングペーパーをのせましょう。

その上から、水で湿らせたティッシュやタオルで20秒ほど押さえます。その後、ゆっくりとトレーシングペーパーを剥がせば、転写完了です。あとは、絵柄に合わせて絵具で色を付ければ完成です。

まとめ

限られた期間である妊婦生活を、少しでも楽しく思い出深いものにするためにも、ぜひマタニティアートにチャレンジしてみてください。「セルフアートにチャレンジしたいけど、絵が苦手」という人は、ボディペイント用のシールもありますので、上手に利用してみてくださいね。

マタニティアートはママだけではなく、パパやお兄ちゃん・お姉ちゃんにとっても、赤ちゃんを迎えることへの期待や心構えを再確認できるものです。マタニティアートを通して、素敵な家族の思い出を作ってみませんか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018