就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーカーでコンビニに行くのは迷惑?ほかのお客さんへの配慮の仕方

ベビーカーでコンビニに行くのは迷惑?ほかのお客さんへの配慮の仕方

ベビーカーでコンビニに行くと、通路が狭いし、すれ違えないし、ほかのお客さんに迷惑になるのではないかと思いませんか。でも、急に必要になったものを買うためや公共料金の支払いなどに便利なので利用したいですよね。今回は、ベビーカーでコンビニに行くとどう思われるのか、行くときのマナーについてご紹介します。

コンビニでベビーカーが迷惑に思われる理由

ベビーカーに狭い通路をふさがれる

ママでも体験したことがあるかと思いますが、コンビニの通路は狭くて人がすれ違うだけでも通りにくいと感じますよね。そんな場所にベビーカーがあると通路の大部分をふさいでしまうので、ほかのお客さんには迷惑です。

店内が混んでいない場合でも迷惑だと感じる人はいるので気配りは忘れないようにしましょう。「その通路の先に買いたい商品があるのに遠回りだな」とか「ベビーカーが邪魔で買いたい商品に手が届きにくい」などと思われることもあります。

郊外や田舎にあるコンビニなら店内が広めのところもありますが、それでも通路にベビーカーがあると通れないところや、通れたとしても避けながらではないと通れないところが多いです。店内の広さに関係なく迷惑になることも考えましょう。

混んでいるときはベビーカーが邪魔になる

上記で混んでいなくても迷惑になることがあるということをご説明しましたが、混んでいるときはよりベビーカーが邪魔だと思われるのは想像がつきますよね。

通路をふさぐということもありますし、「ベビーカーに当たらないように歩いても当たる」「ベビーカーのタイヤに足を踏まれる」「急いでいるのに邪魔で通れない」「距離感が分かっていないのかベビーカーでぶつかられる」などの意見があるようです。

ベビーカーを見慣れているママはあまり大きく感じないかもしれませんが、ベビーカーは案外大きいものなので、コンビニのような狭い場所では邪魔になります。また、子どもの足や手がベビーカーからはみ出していることもあるので余計に迷惑になってしまうのです。

赤ちゃんが棚の商品に触ってしまう

コンビニは商品棚の下の段まで商品が並べられていますよね。ママが商品棚の商品を選んでいるあいだに、赤ちゃんが商品を触ることがあるかもしれないので迷惑になるかもしれませんね。

ベビーカーが商品棚から離れた場所にあればよいですが、さきほどご説明したようにコンビニの通路は狭いところが多いです。どこを通っても赤ちゃんが手を伸ばせば届く範囲に商品があります。

赤ちゃんは上手に力加減できないので、商品を掴んで傷つけてしまったり、落としたり、陳列された商品を荒らしてしまったりすることがあるので、ほかのお客さんだけでなく、お店の人にも迷惑です。

とくに、お菓子コーナーには子どもが好きそうなお菓子が、商品棚の下の位置に置かれていることが多いので注意しましょう。

邪魔になっているという意識を持つ

モラルを持って周りに気配りをする

ベビーカーでコンビニに行くのが邪魔になると分かっていても、小さい子どもが2人いるとか、ベビーカーに荷物をたくさんぶら下げているので外に置いていけないなどということもあるでしょう。

たしかに迷惑になるかもしれませんが、ママの態度やちょっとした声掛けなど、モラルを持って周りに気配りすることが大切です。

たとえば、コンビニに入る前に店員さんにベビーカーで入っても大丈夫か確認するとか、もし通路でほかのお客さんの邪魔になってしまったら「すみません」といってすぐに移動するなど、不快に思われないよう気を付けましょう。それだけでも周りの反応や見方も変わってきます。

「子どもがいるんだからベビーカーで行くのは当たり前」というような態度は控えましょう。

立ち読みなど長居はしない

コンビニへ商品を買いに行ったついでに、ついつい新しい雑誌を読みたくなりますよね。普段は子どものお世話や、生活に必要なものの買い物だけで、あまり雑誌を読む時間がないので「ちょっとだけ」と思うかもしれません。

ただ、雑誌をチェックしているうちにどんどん興味が出てきて、ちょっとだけだと思っていても無意識のうちに時間が過ぎていることもあります。コンビニでは雑誌の立ち読みを推奨しているわけではありませんし、長居はしないようにしましょう。

雑誌コーナーで長い間立ち読みするのもよくないですが、食品や日用品などの商品を選ぶのに時間をかけてしまうことにも注意しましょう。なにを買おうか立ち止まって悩みすぎないようにしたいですね。

入口から買い物をしていき後戻りをしない

ベビーカーでコンビニに行くことは迷惑になりやすいので、お買い物も短い時間で終われるとよいですね。店内を歩くときは入り口から買い物をしていき、できるだけ後戻りをしないように効率よく回りましょう。 

スーパーでも入り口あたりに野菜コーナーがあって、それから魚コーナーや肉コーナーと続いて、なんとなくお客さんの流れができているので、そこで反対方向に向かって歩いている人がいたら歩きづらいですよね。また、急に立ち止まって後戻りすると、後ろを歩いている人が予想外でぶつかってしまうこともあります。

コンビニでも同じように、行ったり来たりすると迷惑だということを意識しましょう。後戻りしなくてよいように、なにを買うのか決めてから店内に入るとよいですよ。

コンビニにベビーカーで行くときのマナー

混雑する時間帯に行くのを避ける

どこのコンビニでも、朝の通勤時間帯やお昼のランチどきなどが比較的混雑しやすい傾向があります。おやつを買いに来たとか、パパに頼まれていたものを買いに来た、公共料金の振り込みをしにきたなど、とくに急ぎの用事でなければ混雑する時間帯に行くのは避けましょう。

出勤前で急いでいる人や、お昼休憩の時間が限られていて急いでいるという人からすれば、「こんな混んでいる時間にベビーカーで来ないでよね」と睨まれたり、嫌味をいわれたりすることもあります。

また、混雑しているとベビーカーで店内を移動するのはママにとっても大変ですよね。用事があるときは、出勤時間帯を過ぎてからや、お昼前の時間帯など、空いていそうな時間を狙って行きましょう。

混んでいるときはベビーカーをたたむ

混んでいるときはベビーカーをたたんで、赤ちゃんを抱っこした状態で買い物をするか、抱っこ紐を使って買い物するとよいでしょう。ベビーカーをたためば多少はコンパクトになるので、周りに迷惑をかける心配が少なくなります。

たたんだベビーカーは買い物中持ち歩かずに、店内の邪魔にならない場所に置かせてもらうのもよいですね。駐車場があるようなコンビニだと、店外のスペースに余裕があるので、そこにたたんだベビーカーを置くのもよいかもしれません。

コンビニによってはベビーカーが通れるような通路の幅がない場合があります。また、商品を補充しているときだと、商品の入ったコンテナが通路をふさいでいるときもあるので、ベビーカーが邪魔になるでしょう。

歩ける子どもはベビーカーに乗せない

子どもが足をケガしているとか、体調がよくないとかでない場合は、歩ける子どもはベビーカーに乗せずに一緒に歩いて買い物しましょう。

買い物といっても、コンビニで30分や1時間もかけて買い物することはないと思いますので、歩ける子どもをわざわざベビーカーに乗せる必要はないですよね。「子どもが自分で歩くと時間がかかるから」ということがあるかもしれませんが、ベビーカーを持ち込むと邪魔になるということを忘れないでください。

ただ、手を離すと走り回ったり、勝手に商品に触ったり、ほかのお客さんにぶつかったりなどして、迷惑をかけることがあるかもしれません。子どもとしっかりと手をつないで買い物をしてくださいね。

まとめ

ベビーカーでコンビニに行くのはやはり周りに気を遣いそうですね。普段の買い物はできるだけ大きなスーパーで済ませられるとよいですが、お散歩ついでや、公共料金の支払い、チケット購入時の支払いでコンビニの専用端末を使うなどで行く機会もあるでしょう。

混雑している時間を避けたり、迷惑にならないよう工夫をしたりなど、謙虚な気持ちを忘れないことが大切です。そうすれば、周りに嫌な顔をされることも少なくなるでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj