就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの退院時が秋のときの服装!便利グッズやママの服装も知ろう

赤ちゃんの退院時が秋のときの服装!便利グッズやママの服装も知ろう

赤ちゃんの退院が秋のときのママの服装

授乳に備えて前開きの服か授乳服だと安心

出産準備の際、産後用に「授乳服」を用意していたというママも多いと思います。新生児の授乳は頻回なので、退院時から授乳服を着ておくことをおすすめします。

まだ授乳服を準備していない、というママは、手持ちの服の中で、ボタンやジッパーなどで「前開き」ができるものでも代用できますよ。おすすめは前空きできるシャツやブラウス。退院時、記念写真を撮ったりするのに、ちょっときちんとした雰囲気になるのでよいですね。

「楽だから」という理由で、前が開かないタイプのワンピースなどを着てしまうと、赤ちゃんがおっぱいを欲しがったときに対応できないので困ってしまうかもしれません。病院から自宅までの短時間かもしれませんが、赤ちゃんのためにも授乳できる服を着るとよいでしょう。

妊娠前の洋服は退院時は入らないことが多い

妊娠中はお腹が大きくなるので、妊娠前の服が着られなかったと思います。妊娠することで変化した体型は、産後すぐに元通りになるわけではありません。骨盤周りのサイズはまだ大きいままですし、胸も張って大きくなっています。

妊娠前の洋服は、よほどゆったりとしたデザインでない限り、入らないことが多いようです。妊娠中に着ていたマタニティウエアや、産後の授乳服として購入した服を準備しておいた方が安心ですよ。

元の体型に戻るのは、個人差がありますが、だいたい産後2、3カ月してからのようです。中には産後太りで妊娠前の体型とは程遠くなってしまうママもいるようです。その都度、ママの身体に負担のないサイズの服を着るようにしたいですね。

ママの寒さ対策に羽織るものも準備しよう

産後のママの身体はまさに「満身創痍」といってもよいほど疲弊した状態にあります。ホルモンバランスの乱れや寝不足によって、免疫力が低下して、体調を崩しやすくなっているといえます。

産後は赤ちゃんを一番に考えると思いますが、同時にママ自身の身体のことも大切にしてあげてくださいね。首回りや足元が冷えないように、ストールやブランケットを用意しておくとよいですよ。

入院中の数日のうちに、外の気候がぐっと秋めいていた、ということも考えられます。あらかじめ寒さ対策として、羽織るものを持って入院するのもよいでしょう。緊急入院で、羽織るものを忘れてしまった場合は、パパにお願いして、持ってきておいてもらうと安心です。

まとめ

出産前は「赤ちゃんを産む」ということで頭がいっぱいで、退院のときの服装まで気が回らないということもあると思います。「出産」は、妊娠生活のゴールではありますが、同時にこれから始まる「育児生活」のスタートでもあります。

赤ちゃんとの生活を快適に過ごす、初めの第一歩が「退院」ともいえるでしょう。気候の安定しない秋の退院は、なにかと心配なこともあると思いますが、しっかりと準備をして、赤ちゃんとママが元気に自宅に帰ることができるようにしてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND