就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの退院時が秋のときの服装!便利グッズやママの服装も知ろう

赤ちゃんの退院時が秋のときの服装!便利グッズやママの服装も知ろう

「天高く馬肥ゆる秋」と、秋の天候のよさを表現することも多いですよね。いっぽうで、「女心と秋の空」といわれるほど、秋の天候はころころとよく変わるのも特長。大人でも「今日は何を着よう?」と悩んでしまう季節に、生まれたばかりの赤ちゃんにはどんな服装をさせればよいのか、今回は服装の選び方をご紹介していきます。

秋に退院する赤ちゃんの服装はどう選ぶ?

肌着と脱ぎ着しやすいカバーオールで退院

赤ちゃんを秋に出産予定というママ、退院時は残暑厳しいのか、それともすでに肌寒くなっているのか…赤ちゃんの退院着を選ぶのに悩みますよね。9月下旬以降であれば、長袖のカバーオールまたはドレスオール、ツーウェイオールなどが脱ぎ着しやすくておすすめです。

・カバーオール
トップスとボトムスがつながった、「つなぎ」のようなベビー服

・ドレスオール
ボトムス部分がスカート状になっているカバーオール

・ツーウェイオール
ボトムス部分を、パンツとスカートにボタンで調節できるカバーオール

新生児の場合、まだ脚が短くて「W」の形(がに股)になっているので、男女にかかわらずドレスオールタイプだと着せやすいですよ。インナーには短肌着やコンビ肌着を着せておきましょう。

セレモニードレスを使用するかは人それぞれ

退院服の定番といえば「セレモニードレス」というイメージを持つママも多いでしょう。一般的にセレモニードレスは薄手の綿やシルクのような素材が多いようです。肌寒くなってくる秋には、少し寒いかもしれません。

ママやおばあちゃんが手作りしたドレスがある、ドレスを着て退院記念写真を撮りたい、など、それぞれの家族に事情があると思います。やっぱりドレスを着せたい、という場合は、「おくるみ」や新生児でも着られるアウター(ポンチョタイプなど)を準備しておくと安心です。

着せるのは病院から自宅までの短時間なので、あえてセレモニードレスにこだわることはないと思います。赤ちゃんが快適にお家に帰ることのできるお洋服を準備してあげたいですね。

気温差が激しいので体温調節できるものを

秋の天候は、台風が過ぎ去るたびにどんどん気温が下がっていきます。また、夏とは違って湿度が低くなるので、気温が高くても日差しが出ていないと肌寒く感じることも多いですね。

さらに、日中と朝晩の気温差が激しいのも注意したいところ。新生児は体温調節が苦手なうえ、「暑い」「寒い」などと口で訴えることができないので、ママがこまめに赤ちゃんの様子を確認しながら、着るもので体温調節してあげる必要があります。

すぐに脱ぎ着できるデザインのベビーウエア、レッグウオーマーや靴下など足元の防寒小物、寒くなったときにサッとかけられるブランケットやおくるみ。荷物は多くなるかもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんを守るための防寒対策は万全にしておきたいですね。

退院が秋のときに持っていると便利なグッズ

寒いときに赤ちゃんをさっと包めるおくるみ

新生児用の「おくるみ」ですが、初めての赤ちゃんを迎えるママは「なにに使うんだろう…?」と戸惑ったこともあるのではないでしょうか。実際、おくるみはかなり万能アイテムで、子どもが大きくなってからもなにかと用途があるのです。

退院が秋の赤ちゃんなら、さっそく出番がありそうですね。風が強いとき、日が落ちて寒いとき、日差しが強くて暑いとき…など、とにかく赤ちゃんを守りたいときにサッと包めるのでとても便利です。

ほかにも、お風呂上りにおくるみの上に寝かせたり、泣き止まないときに包んで抱っこしたりと、とにかく便利。1カ月を過ぎてお散歩に出るときはベビーカーでひざ掛けに、大きくなったらお昼寝の掛布団に…など、大活躍のアイテムです。

ベビーベストで赤ちゃんの体温を調節できる

新生児は体温調節機能が未発達なため、体温が上がったり下がったり、一定に保てないことも多いといわれています。皮下脂肪がまだ少なく、すぐに熱が外に奪われてしまったり、汗をかく機能が未発達であることなどが原因です。

そのため周りの大人が赤ちゃんの体温を気にかけて、調節する必要があるのです。生まれたばかりの赤ちゃんが最初に屋外に出るのは、ほとんどの場合「退院時」になりますよね。

秋の退院に便利なアイテムといえば、すぐに脱ぎ着のできる「ベビーベスト」。肩から腰のあたりまで隠れるベストなら、身体が冷えるのをしっかり防いでくれます。また、腕と脚は隠さないので、暑くなりすぎるのを避けることができます。ちょっとした外出や自宅で肌寒いときにも使えて便利ですよ。

足元を温めたいときにはレッグウォーマー

退院時、カバーオールやツーウェイオールなどを着せていると、赤ちゃんが足をバタバタさせることで足元がはだけて、冷たくなってしまうことがよくあります。足元が冷えると、身体全体が冷えやすくなってしまうので、しっかりと寒さ対策をしたいですね。

足元を温めたいときに便利なアイテムは「レッグウォーマー」です。最近は色々な素材、色、丈が選べて、防寒対策としてだけではなく、オシャレの一部としても人気のようです。

新生児は本当に小さいので、サイズ選びの際は「新生児期から使える」というものを探すとよいですよ。大きすぎるとすぐに脱げて無くしてしまいやすいので注意してくださいね。数はたくさんなくてもよいので、肌触りのよいものを1、2足準備しておきましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版