就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳の女の子の身長の平均は?子どもの健やかな成長の方法と考え方

6歳の女の子の身長の平均は?子どもの健やかな成長の方法と考え方

6歳頃になると、体格の差が大きくなってくる時期。なんだか最近うちの子、周りの子に比べて小さいような、大きいような...そんな心配も出てきますよね。個人差が大きいものですが、身長を伸ばすために親がサポートできること、また女の子の成長について知ることで、今の不安が減らせるかもしれません!

6歳の女の子の平均身長と考え方

6歳の女の子の平均身長

厚生労働省がまとめた「平成29年度学校保健統計」(学校保健統計調査報告書)によると、6歳の女の子の平均身長は115.7cmです。

祖父母世代(55年前)と比べると、身長、体重共に大きく増加していますが、親世代(30年前)と比較するとそれほど大きな差は見られません。身長の平均値は平成6年度から平成13年度をピークにほぼ横ばい傾向となっています。

また、年間の発育量を見ると、現代に近い世代ほど、年が若い内に増加する傾向が見られるようです。祖父母世代の女の子が11歳から12歳頃にかけて身長が伸びやすい時期であったのに対し、親世代、子世代では9歳から11歳頃にかけて身長が伸びやすい時期になっています。

気になるときは成長曲線をチェックしよう

最近母子手帳をチェックする機会はありましたか?6歳ともなると、予防接種のときくらいしか見ることがなくなってしまったかもしれませんが、母子手帳には乳幼児の「身体発育曲線」というものが載っていますよね。母子手帳に載っているものは乳幼児期がメインですが、簡単に成長曲線をチェックできるアプリやウェブサイトもあります。

成長曲線は平均身長と体重の年齢による変化を曲線で表したもので、その年齢(月齢)の平均値からどれくらいの差があるのか、というのを視覚的に見ることができるものです。

今後の成長のピークを知るためにも、一定の間隔ごとに身長と体重をチェックして成長曲線を書いておくと、子どもの成長の経過を確認することができます。

女の子の背が伸びやすい時期に備えて

最近の傾向として、女の子の身長が伸びるピークは9歳から11歳頃。平均身長をたどっていくと、6歳頃からほぼ毎年6cmずつ伸びています。毎月の身長を記録していくことで、その身長がぐんと伸びる、「成長スパート期」というものを知ることができます。

成長スパート期は主に女の子のジュニアアスリートが気をつけておくとよいといわれていますが、毎月一定だった身長の伸びが3カ月連続で加速したときに、成長スパート期に入ったといえるそうです。

6歳の今、身長が低いかな、と悩んでいたとしても、この成長スパート期には30cmも身長が伸びる子どももいるようなので、その成長スパート期に備え、良質な睡眠、適度な運動、栄養の高い食事を心がけることが大事です。

6歳の女の子の身長が気になる成長障害とは

成長障害とは標準からのずれが激しいこと

「睡眠」「栄養」「運動」に注意をしていても、身長が平均値よりあまりに低い、という場合があります。また、低身長が取り上げられがちですが、平均値よりも高すぎる、という場合も同様に「成長障害」である可能性があります。

成長障害とは主に身長の伸びに関して、何らかの原因により障害があることをいいます。

成長障害であるかどうかの判断は、前述した成長曲線を元に行われます。定期的につけている成長曲線によりその子どもの成長の経過を判断することができますが、成長曲線が平均値から大きくずれていたとしても必ずしも成長障害であるとはいえません。あくまで子どもの成長の経過の参考にし、もし異変を感じたときや心配なときは、専門家に相談するのもよいでしょう。

低身長の場合に考えられる原因

医学的に低身長とされる場合の原因は、「原因不明の突発的低身長」「家族性低身長」「病気による低身長」の三つであるといわれています。

遺伝の影響を受けることもあり、両親の身長が低身長の原因となることもありますが、多くは特に原因もなく体質的に低身長となっている「突発的低身長」であるようです。

また、病気が原因となっている場合は、染色体の病気、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気、骨の形成に関わる病気、子宮内発育不全などの可能性が考えられます。

原因がどこにあるかにより、治療の方法や今後どのくらい身長が伸びる可能性があるか、など変わってきますので、成長曲線をつけて子どもの成長を把握しておくことが大事です。

高身長の場合に考えられる原因

高身長の場合に病気を疑うことは少ないと思いますが、医学的には低身長と同じように「原因不明の突発的高身長」「家族性高身長」「病気による高身長」に分けることができます。

ほとんどは病気などは関係なく高身長となりますが、病気による高身長は「成長ホルモンの分泌過剰」「甲状腺ホルモンの分泌過剰(バセドウ病)」などが挙げられます。また、「思春期早発症」という本来なら思春期に起こる体の変化が低年齢のうちに起こり、その一つの症状として身長が大きく伸びる、という場合もあります。

また、稀ではありますが染色体や遺伝の病気が原因の場合もあり、いずれも難病や小児特定慢性疾患とされる病気の可能性もありますので、心配される場合は専門の病院での受診をおすすめします。

身長を伸ばしてあげるために必要なこと

バランスのとれた食事と大事な栄養素

身長を伸ばすのに必要不可欠なものの一つは食事です。

基本は3食欠かさず食べることであり、肉、野菜、穀物をバランスよく摂ることが必要です。また食の細い子にはどうしてもママやパパは「たくさん食べてね」といってしまいがちですが、食事を義務のように、楽しくないものと感じることは子どもにとってもストレスになってしまうかもしれません。

楽しく食卓を囲むことができるよう、工夫をしてあげることが大切ですね。

その上で、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDを意識して摂ることが身長を伸ばすのに有効です。カルシウムは骨を形成するのに重要な栄養素ですが、吸収が悪いため大豆やナッツなどに多く含まれるマグネシウムを一緒に摂るとよいでしょう。

継続的な運動でしっかりとした体作りを

適度な運動も成長ホルモンの分泌を促すのに必要なものです。今後どれだけ身長が伸びるかに関わる「骨端線」という軟骨部分に刺激を与えることで、身長を伸ばすことの手助けになります。

幼児から小学生の間くらいまでは、筋肉や骨に負担のかかる重いものを持ったり、激しい運動は避け、縄跳びや軽いジョギングなどを継続的に行うとよいそうです。これから習いごとを始める場合は、座って行う習いごとばかりにはせず、体を動かす習いごとを一つ選ぶのもよいでしょう。

友人のスポーツトレーナーによると、子どもであっても自重を利用する運動や筋トレ(うんていや腹筋運動など)は適度に筋肉もつけられ、体への負担が少ないので行ってもよいそうです。

深い睡眠を十分な時間とることが大切

しっかりと睡眠をとることは子どもの健やかな成長に不可欠です。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるといわれており、諸説ありますが22:00から2:00の間に多く分泌されるともいいます。

小学生になると忙しくなり、夜型になっていく子どもも多いですが、今後の成長のことを考えると10時間程度の睡眠をしっかりとるようにしたいですね。深い睡眠を促すためには、寝る前にスマホやテレビなどの視聴など、脳への刺激になることを控えるのも大事です。

寝るときにはなるべく部屋を真っ暗にするようにし、起きてすぐに朝日を浴びることで体内のリズムを整え成長ホルモンの分泌を増やすことができるといわれています。規則正しい睡眠習慣をつけることが身長を伸ばす助けになりますよ。

まとめ

子どもにとって大切な成長期は短い時間ですので、後悔のないように今できることをしておきたい、と思うのは当然のことです。

その上で、身長を伸ばすために親ができることは、成長の変化を見逃さないように成長曲線を意識しつつ、食事の支度や睡眠習慣を整えることです。そして万が一病気の心配があれば、専門の病院を受診することも視野にいれておくとよいですね。

パパママ自身が成長のタイミングを見逃さないようにしつつ、「いつか大きくなるよ」と心配しすぎずにのびのびと愛情たっぷり育ててあげたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018