就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのためにお金を投資したい。投資の種類やNISAについて

赤ちゃんのためにお金を投資したい。投資の種類やNISAについて

赤ちゃんが誕生して喜びでいっぱいの中でも、やはり気になる「お金」のこと。子どもひとり育てるのに、何千万円もかかると聞くと不安になりますよね。赤ちゃんの将来のためにしっかりと貯蓄したいというママのために、単なる「預貯金」だけではなく「投資」による資産運用について解説していきます。

子どもにはどのくらいのお金がかかるの?

子どもにかかる教育費はどのくらい?

1人目の子どもの場合、成長に応じてどれくらいの教育費がかかるのかイメージできないというママも多いと思います。教育費は、子どもが選ぶ進路によって大きく変わってくるというのがポイントです。

・幼稚園から大学まですべて公立に通った場合…約1,000万円
・幼稚園から大学まですべて私立に通った場合…約2,500万円

この数字は文部科学省が発表している平均教育費です。ここには学費だけでなく、習い事や塾の費用も含まれています。特に大きな差が出るのが、義務教育期間である小学校・中学校で私立に進学した場合です。

公立であれば学費は無料なので、大学進学に向けて余裕をもって貯蓄したいという場合は、公立を選択したほうが安心かもしれませんね。

子どもにかかる養育費はどのくらい?

子どもにかかるお金は「教育費」だけではありません。いわゆる「養育費」といわれる「生活全般にかかるお金」も必要です。「教育費」も養育費の一部ではありますが、ここでは教育費以外の養育費をご紹介していきます。

養育費の中には、食費や医療費、娯楽費や交通費、洋服やおもちゃにかかる費用などがあります。ある保険会社の調査によると、0歳から大学を卒業する22歳までにかかる養育費として、約1,640万円という平均額が発表されています。

単純計算して1,640万円を22年で割ると、年間約77万円が養育費として必要になると考えられます。主に生活費なので、あらかじめ貯金しておくというよりは、毎月のやりくりの中から捻出するということになるでしょう。

子どものためにどれだけ貯蓄したらいい?

子どもの将来に向けた貯蓄は、主に「教育費」のためにすることになるでしょう。そうなると、やはりどのような進路を選ぶのか、ある程度イメージしておいた方が貯蓄の目標額が設定しやすいかもしれません。

例えば、子どもが「お医者さんになりたい!」といって、医科系大学に進学することになった場合、費用は6年間で約2,000万円~2,500万円かかります。目標金額が大きい分、貯蓄も計画的に進める必要があるでしょう。

医科系の大学でなくても、教育費が一番大きくかかるのはやはり大学入学のタイミングです。一般的な大学にかかる費用は約500万円なので、高校を卒業する18歳頃までに500万円程度を準備しておくというのがひとつの目安になるかもしれません。

赤ちゃんのお金を投資しておこう!

銀行は超低金利時代に突入

メディアでもよく目にする「超低金利時代」。景気回復のため金融緩和を行った結果、大手銀行では「金利0.01%」という超低金利が続いています。

例えば、銀行に定期預金として100万円を1年間預けても、利息はたったの100円。コンビニのATMで一度お金をおろして手数料を取られたら、利息分はあっというまになくなってしまいます。

一般的な銀行は店舗数も多く、気軽にお金を預けることができるので、普通預金のほかに定期預金や積み立て預金の口座を持っているという人も多いと思います。しかし、超低金利時代にただ預貯金だけしておくというのは、自宅で「タンス貯金」するのとほぼ変わらないか、もしくは手数料分でマイナスになるか、というのが実情なのです。

学資保険は安全な貯蓄方法

子どもが生まれたら、将来のために「学資保険」に加入するという人は多いと思います。最近では妊娠中から加入できる保険もあるようです。

学資保険の多くは元本割れすることなく、銀行の利息よりも高い返戻率(へんれいりつ)であることがメリットです。返戻率とは支払った金額に対して、受け取れる金額の割合のこと。現在、返戻率の平均は108%程度なので、100万円支払った場合108万円が受け取れるということです。

また、学資保険は途中解約すると元本割れするので、満期まで引き出すことなく確実に貯蓄できるのもよいですね。ただし、親の死亡保障や、子どもの医療保障などが充実しているタイプの学資保険は、まれに元本割れすることがあるので内容をよく確認する必要があります。

税制優遇のある投資に目を向けてみよう

教育資金を貯蓄するための手段としては、銀行の「定期預金」や「積立預金」、保険会社の「学資保険」などが広く一般的な方法です。しかし近年、注目されているのは税制優遇のある「投資」です。

「投資」というと、「専門的な知識がないと難しそう」とか「まとまった資金がないと始められないのでは」というイメージの人も多いと思います。しかし近年では、「NISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」など、個人で資産運用する際に税制優遇されるような制度が始まってきています。

とくに「NISA」は少額から始められ、購入できる金融商品も限定的。投資初心者には比較的始めやすい内容になっています。超低金利時代にかしこく教育資金を貯めるなら、「投資」に注目してみてもよいでしょう。

NISAが気になる!詳しく教えて!

NISAってどんなものなの?

「NISA」とは、「少額投資非課税制度」のこと。通常、投資で得た利益には約20%の税金が課せられます。しかし「NISA」では毎年120万円の投資までは非課税となります。「120万円」と上限があるところが「少額投資」といわれる理由です。

現在「NISA」には3種類あり、それぞれ対象者や非課税枠などの条件が異なります。

【NISA】
対象年齢…20歳以上
非課税投資枠…毎年120万円まで
非課税期間…5年

【つみたてNISA】
対象年齢…20歳以上
非課税投資枠…毎年40万円まで
非課税期間…20年

【ジュニアNISA】
対象年齢…0~19歳までの未成年者
非課税投資枠…毎年80万円まで
非課税期間…5年
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC