就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】子どもの好奇心を育てる「ギャラクシティ」

【東京】子どもの好奇心を育てる「ギャラクシティ」

子ども向けの体験施設と多種多様な公演が行われるホールを併設し、子どもから大人まで幅広い年代に利用されている「ギャラクシティ」。今回はギャラクシティの中でも未就学児が楽しめるエリアをご紹介します。体を動かすのが好きな子にも、ものづくりが好きな子にもおすすめの遊び場です。

大型のネット遊具やクライミングで運動遊び

「ギャラクシティ」ってどんなところ?

東京都・足立区にある「ギャラクシティ」は、体を使った遊びや工作体験ができ、音楽コンサートなどの文化に触れることのできる「西新井文化ホール」を併設する複合施設として、多くの方に親しまれています。

東武スカイツリーライン「西新井駅」東口から徒歩3分のところにあり、アクセスは良好!キッズメニューや離乳食も提供しているカフェ「ギャラクカフェ」を隣接しているため、普段から子連れの利用が多いそうです。

1番人気はコレ!国内最大級のネット遊具

ギャラクシティいち押しの人気遊具は国内最大級の大きさを誇る、3階建ての大型ネット遊具「スペースあすれちっく」です。直径17m・高さ10mの巨大なネットの上で思いっきり体を動かして遊ぶことができるので、子どもだけでなく大人も大興奮すること間違いなしです!

利用には安全のため靴下着用(5本指ソックスはNG)が必須です。また、スカートやフード付きの服、ボタンが多い服などはネットに引っかかる可能性があるので動きやすい服装がおすすめです。

スペースあすれちっくは1歳の子から遊ぶことができます。親子が一緒に利用できる「ファミリータイム」や小学生のみの「小学生タイム」、1歳以上ならだれでも利用できる「だれでもタイム」(未就学児は保護者同伴)があり、曜日によってもスケジュールが異なるため、お出かけ前にギャラクシティのサイトで利用時間をチェックしてみてください。

親のサポートがあれば4歳から遊べる!

高さ3m・長さ10mのクライミングウォールがある「クライミングぱーく」では、小学生が利用できる「小学生タイム」と、4歳以上の子が利用できる「きっずタイム」があります。

きっずタイムは保護者のサポートのもと、10分間ボルダリングを体験できます。1度に3組まで入場でき、それぞれ色の異なるマット内で利用するため、安全に遊ぶことができます。

土日祝日のきっずタイムは先着順で整理券を配布しています。【9:00~10:30】のきっずタイムは8:50から整理券を配布、【12:00~13:30】は11:00から、【15:00~16:30】は14:00からとなり、定員に達し次第受付終了となります。

こちらもスペースあすれちっく同様、靴下要着用で、服装も動きやすい格好が最適です。

ウォールは程よく傾斜になっており、頂上にはいくつか小窓があります。ぜひ頂上目指して小窓の中を覗いてみてください。

クライミングぱーく内には待機スペースがあるので、例えば上の子が遊んでいる間、3歳以下の小さな子はこちらで待っていることができます。

指先や創造力を使った工作・アート体験

ものづくりに集中できる工作のお部屋

ギャラクシティでは体を動かして遊ぶだけでなく、指先や創造力を使った遊びも充実しています。その一つが「ものづくりガレージ」です。

こちらのお部屋では定期的に工作や実験教室が行われており、工作体験はほぼ毎日のように開催されています。アスレチックで体を動かした後は、ものづくりガレージで工作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お家でできない!床にお絵かき・キット遊び

ものづくりガレージのすぐそばには「ホワイトあとりえ」というエリアがあります。

ここでは赤い枠内の床に水性クレヨンで自由にお絵かきができる「おえかきタイム」という時間があります。

おえかきタイムは日によって開催時間が異なりますので、当日エリア内に掲示されるスケジュールを要チェックです!イベントなどにより、開催がない場合もあります。

イスに座って遊べる「わくわくデスク」。

ここでは、食材の栄養バランス表を見てお弁当を作るキットや、文字のスタンプをペタペタと押して言葉を作るキット、動物の体の仕組みを知るキットなど、様々なキットの中から好きなものを選んで遊べます。

それぞれの事柄を遊びながら学べるので子どもの興味をかきたてそうですね。

赤ちゃん連れにはココがおすすめ!

乳幼児とママが安心して過ごせる空間

2階には0歳から6歳までの未就学児とその保護者が利用できる「ちびっこガーデン」があります。

ここでは靴を脱いで利用します。広々としたスペースには各所にマットが敷かれ、子どもが遊びやすく、ママ同士が交流しやすい空間となっています。

赤ちゃんが安心してハイハイできるスペースや、おままごとコーナー、自動販売機もあります。また、12時~13時がランチタイムとなり、ちびっこガーデン内でお弁当を食べられます。

幼児も遊べる小さなクライミングウォール

先ほどご紹介したクライミングぱーくでは遊べない3歳以下の子でも、こちらのクライミングウォールでなら遊ぶことができます。

高さは低めに作られ、木を基調とした温かみのある見た目で、小さな子も挑戦しやすそうなクライミングウォールですね。

スタッフさんからのメッセージ

最後にクライミングのスタッフ・粟竹さんにメッセージをいただきました。

「クライミングぱーくは、競技にも使われている持ち手(ホールド)を使って4歳からボルダリングを楽しむことができます。
お子様はゴールにたどり着く達成感と、保護者の方はお子様をサポートすることでうまれる一体感を感じて頂けたらと思っております。」

ママパパが支えてくれているという安心感が子どもの挑戦する気持ちもサポートしてくれそうですね。

まとめ

ギャラクシティには様々なコンテンツが用意されており、子どもの好奇心を育てる遊びが豊富です。未就学児も楽しめるものが充実していることから子育て世代にも人気のスポットとなっています。

親子連れのお出かけスポットにいかがでしょうか?

ギャラクシティ(ぎゃらくしてぃ)

東京都足立区栗原1-3-1

03-5242-8161

9:00〜21:30、こども体験エリアは18:00まで

第2月曜(祝日の場合は翌平日、8月を除く)、元日 ※1・3・9月に連続休館日あり

0歳以上

入場無料(プログラムによっては有料)
まるちたいけんドーム(プラネタリウム)当日9:00より1F総合受付でチケットを販売(先着順)
観覧料:大人500円、小中高生100円、未就学児は無料(未就学児で座席が必要な場合は100円)※70才以上の方、身体障害者手帳及び愛の手帳をお持ちの方とその介助者1名は観覧無料

http://www.galaxcity.jp

ベビーカー入場可、おむつ交換台・授乳室有り、駐車場有り、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018