就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものお手伝いは必要なの?できることやメリットを知ろう

子どものお手伝いは必要なの?できることやメリットを知ろう

お手伝いは遊び感覚を取り入れて

子どもがお手伝いをするときには「遊び感覚を取り入れる」とよいでしょう。ママが無理にお手伝いを押しつけてしまうと、子どもはお手伝いが嫌になってしまいがちです。できるだけ、子どもが楽しみながらお手伝いができる環境を整えましょう。

家事を振り分けて担当制にすると、子どもは飽き性なのでうまくいかないことが多いです。できそうなことを、その都度頼むようにしましょう。お手伝いを遊びの一環として取り入れて、強要せずに続けていけば、お手伝いが身につくかもしれません。

例えば洗濯物を畳んでほしい場合は、「上手に畳める洗濯屋さんがいると聞いたけど」というような声かけをするとよいでしょう。洗濯屋さんになりきって、たくさんお手伝いしてくれるかもしれませんよ。

子どものやりたい気持ちを大切に

お手伝いをしてもらうときは「子どものやりたい気持ちを大切に」することが一番重要かもしれません。子どもがお手伝いに失敗したり、時間がかかったりすることがありますよね。子どもにとって難しいことでも、ママも気持ちや時間に余裕があるときは、とことん付き合いましょう。

自分でやりたいという気持ちは、子どもの成長によい効果をもたらします。家事が上手になるだけでなく、自立心や責任感が芽生えたり、身の回りのことを自分で行う能力が身についたりしますよ。

自分から進んでお手伝いをしたがらない場合は、「困ったな」「ママ一人ではできないな」などと声かけしてみてはいかがでしょうか。大好きなママの力になりたいと思い、お手伝いをしてくれるかもしれませんよ。

まとめ

子どもにお手伝いをしてもらうことには、自立心や責任感が芽生えたり、生活習慣が身についたり、食べ物の好き嫌いが減ったりするなどのメリットがあります。

時間やママの気持ちに余裕がないときや、どうしても子どもに任せられないときは、言い聞かせることも必要です。子どものお手伝いに過度な期待をせず、成長の過程として楽しんでいただければと思います。

子どものやりたいという気持ちを大切にして、失敗したとしてもイライラしないようにしましょう。お手伝いをしたあとは、子どもをたくさん褒めてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC