就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後のお酒はいつまで控えるの?母乳への影響とうまくつき合う方法

出産後のお酒はいつまで控えるの?母乳への影響とうまくつき合う方法

うまくつき合って禁酒のストレスを避けよう

基本的に授乳中は禁酒が望ましい

お酒を飲むときはミルクにすればよい、お酒が体から抜けたら母乳を与えても大丈夫など、赤ちゃんがいる家庭では、ママが様々なことに気をつけてお酒を楽しんでいる方もいますよね。しかし、お酒は赤ちゃんにとって成長の妨げになる危険性があるということには変わりないので、卒乳するまではお酒を控えたほうがよいでしょう。

母乳育児のあいだは、飲酒を控えるだけでなく栄養バランスにも気をつける必要があります。野菜や肉、魚など、色々な栄養をママがとることで、赤ちゃんはすくすく大きくなっていくのです。

お酒は赤ちゃんの体にとって危険な飲み物です。母乳を与える重要性を思うと、妊娠中と同じく卒乳するまでは禁酒することをおすすめします。

飲み過ぎやアルコール依存症に注意

妊娠中にお酒を我慢していた反動から、産後に飲み過ぎてしまうママも多いようです。「母乳に影響のないように少しだけ」と思って始めた飲酒が、久しぶりのお酒に歯止めが利かず飲み過ぎることがあるので注意が必要です。

大量にお酒を飲むと、アルコールが抜けるまでは普段の生活をするのが難しくなりますよね。赤ちゃんはママの体からお酒が抜けるまで待ってはくれず、お腹が空いた、おむつを交換してなど様々な欲求をしますが、酔っていると赤ちゃんのお世話もすることが難しいでしょう。

また飲み過ぎが続くと、アルコール依存症になる危険性があります。アルコール依存症は自分の力では治すことが難しいので、入院などになれば赤ちゃんとの大切な日々も失われてしまうかもしれません。

お酒以外のリフレッシュ方法もみつけよう

お酒を飲む理由に「ストレス発散になる」「嫌なことがあったときにお酒を飲むと気分転換できる」など、疲れやストレスが溜まったときにお酒を飲みたくなる方は多いようです。出産後は赤ちゃんのことを考えて、お酒以外でリフレッシュするようにしましょう。

たとえば、スイーツを楽しむ、友だちとカフェで話す、育児サークルに参加して悩みを話す、赤ちゃんをパパに預けてひとり時間を楽しむなど、お酒以外でも楽しそうなリフレッシュ方法はたくさんあると思いませんか?たまには赤ちゃんと離れてママがひとりで過ごす時間を作ると、ストレスや疲れも解消されますよ。

自分に合ったリフレッシュ方法を見つけると、お酒を飲みたいと思うことが減りそうですね。

どうしても飲みたくなったら試すこと

ノンアルコールドリンクを飲む

お酒が好きな人の中にはお酒の味そのものよりも、ビールやサワーののど越しや、飲んでいる雰囲気が好きという人もいるのではないでしょうか。その場合、アルコールが入っていなくてもお酒を飲む雰囲気を味わうことで満足できるかもしれませんよ。

たとえば、今のノンアルコールビールは本物と変わらないくらい味の追及がされているそうです。ノンアル飲料の缶デザインもカクテルやビールと似ているので、飲んでいる感じを味わえます。

トマトジュースを炭酸で割ってレモンを絞ったり、ラム酒を抜いたモヒートを綺麗なグラスで楽しむなどオリジナルノンアルコールカクテルを作っても楽しいですよ。酔うことを目的にせず、美味しい飲み物で気分を上げるようにしてみましょう。

妊娠中に我慢した自分を褒める

妊娠中は赤ちゃんを取り出してママだけ飲酒するわけにはいかないので、どんなにお酒が好きでも「一滴たりとも飲まない」と強い意志で妊娠期間を過ごしたママもいるのではないでしょうか。出産したことでその強い意志が崩れそうになるかもしれませんが、まずは赤ちゃんが生まれるまで我慢した自分を褒めましょう。

そして「これまで我慢できたんだから授乳を終えるまでも我慢できる」と自分を奮い立たせてみるのはどうでしょうか。ママがお酒を飲まないでも過ごせることは、妊娠中飲まなかったことで証明できました。

妊娠中は体の不調を抱えることも多いので気がつかなかったかもしれませんが、お酒を飲まないことでママの身に起きる健康効果を実感するのは産後のこれからですよ。

お酒をやめるチャンスと考える

お酒とたばこはよく一緒に取り上げられますが、たばこは「百害あって一利なし」でも、お酒は「百薬の長」などといわれることがあります。しかし、体がアルコールを分解するための負担は大きく、肝臓ガンのリスクなどもあがります。

ママなら飲酒が習慣化することによって、体重が増えたり肌荒れしたり、眠りの質が悪くなったりするなども気になりますよね。お酒も実は、百害あって利はほんのちょっとなのかもしれません。

せっかくこれまで飲まずにこれたのだから、お酒をやめるチャンスととらえてみてはいかがでしょうか?お酒好きの人はお酒を飲む日常が当たり前で、禁酒が恥ずかしいことのように感じるかもしれません。でも、その1杯を本当に飲む必要があるか、自問自答してみてはいかがでしょうか。

まとめ

お酒が好きなママは、妊娠中から「赤ちゃんが生まれたらお酒を飲みたい」と思っていた方も多いかもしれませんね。しかし、出産後は赤ちゃんに母乳を与えるため、赤ちゃんへの影響を考えると産後もしばらくは禁酒をしたほうがよいでしょう。

どうしても飲みたい場合は、お酒が体から抜けるまでは授乳しない、お酒を飲むときは母乳をミルクに代えるなど、赤ちゃんへの影響を考えて飲むようにしましょう。お酒以外にママがリフレッシュできる方法をみつけて楽しむことも大切ですね。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND