就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【池袋】上から下から生き物見てみよう「サンシャイン水族館」

【池袋】上から下から生き物見てみよう「サンシャイン水族館」

大都会のビルの屋上にある「サンシャイン水族館」は「天空のオアシス」をコンセプトに掲げる、子どもから大人すべての年代の方が楽しむことのできる癒しの水族館です。ビルの屋上という特徴を生かした開放的な空間では、水生生物たちがのびのびと泳ぎ、私たちはそれを様々な角度から見ることができます。都会のど真ん中に現れた天空のオアシス「サンシャイン水族館」をご紹介します。

「サンシャイン水族館」とは?

都会の天空に現れたオアシス

「サンシャインシティ」ワールドインポートマートビルの屋上にある「サンシャイン水族館」。大都会のビルの屋上にあるこの水族館はまさに都会の天空に現れたオアシス。

この水族館は屋内エリアと屋外エリアに分かれていていますが、やはりここの目玉は「天空の旅マリンガーデン」と呼ばれる屋外エリア。

一体どんな水生生物たちと出会えるのでしょうか?

空飛ぶペンギンや宙を泳ぐアシカ

屋外エリアでは頭上に水槽があるので、ペンギンやアシカが泳いでいる姿を下から見ることができます。

たくさんのペンギンたちが気持ちよさそうに泳いでいます。まるで空を飛んでいるようです。

「サンシャインアクアリング」と呼ばれる円形状の水槽ではアシカが泳いでいます。上の部分が空いている開放的な水槽のせいか、アシカも生き生きと泳いでいました。みんなとっても元気がいいです!
普通の水槽にもアシカはいます。人に興味があるのか、ガラス越しに近づいてきてくれました。

ペンギンやアシカ以外にもとっても大きなペリカンもいます。取材した日はとても寒い日だったので、みんな一箇所に集まって暖をとっていました。おしくらまんじゅうをしているみたいでかわいいですね。写真だと少しわかりにくいのですが、このペリカンはとっても大きいんですよ。

休憩場所もあるので、ゆっくりと座ってアシカやペンギンの泳ぐ姿を見ることができます。

上の階のお土産屋さんから一望できる

屋内エリアの2階にあるお土産屋さんには大きな窓ガラスがあり、そこからだと屋外エリアを見渡すことができます。

「サンシャインアクアリング」を泳ぐアシカを下からではなく、上から見ることができるんです。

少し遠いですが、タイミングがよければ飼育員さんがアシカに餌をあげているところも見ることができます!

みんなの人気者カワウソも必見!

大人気のカワウソを間近で見られる

屋外エリアのもう一人の人気者はコツメカワウソ。「サンシャイン水族館」にはアシカのショーなど、様々な種類のパフォーマンスがあるのですが、今回はその中から不定期で開催されるカワウソのお散歩を見せていただきました。

かわいいカワウソを間近で見られて、飼育員の方がカワウソの生態について紹介してくれましたよ。

恥ずかしがり屋さんなのか、飼育員さんにずっとくっついて離れない姿も愛らしいです。

屋内エリアには何があるの?

クラゲのトンネル「ふわりうむ」

ここまでは屋外エリアを紹介しましたが、もちろん屋内エリアもとても充実しています。

特に注目したいのは、クラゲのいる「ふわりうむ」というエリアです。ここではクラゲの水槽のトンネルがあり、まるで海の中でクラゲと泳いでいる気分になれます。

ほかにも様々な種類のクラゲがいてとても幻想的な雰囲気です。

大きな水槽では水中パフォーマンスも

屋内エリアには「サンシャインラグーン」という大きな水槽があり、エイやトラフザメなど約1,400匹の魚たちが泳いでいます。

ここでは1日に6回(4~9月は7回)も水中パフォーマンスが行われていて、ダイバーが魚たちを紹介してくれます。取材した日はクリスマスが近かったのでサンタさんやトナカイさんも登場し、遊びに来ていた子どもたちがとても喜んでいました。

子どもと周るのにちょうどよいサイズ感

「サンシャイン水族館」は小ぶりなサイズなので、屋外エリアと屋内エリアを合わせても1時間ほどで周ることができました。

小さな子どもが疲れることもありませんし、買い物のついでや、仕事の後の癒しの時間に行くのにちょうどよいです。

ママに嬉しい設備も整っています

館内には授乳室やおむつ替えエリアなど子連れママにはありがたい設備が整っています。授乳室は女性専用ですが、おむつ替えエリアはパパも入室可能ですよ。また、お手洗いの全個室には幼児用補助便座の設置もあります。

館内入口にはベビーカー置場があります。土日・繁忙時は館内混雑でベビーカーで進むことが困難な場合もあり、パフォーマンス観覧時にもベビーカーをお持ちの方は観覧エリアが限られるので、ぜひ活用してくださいね。

取り間違い防止のためにネームカードが用意されているので、名前を記入してベビーカーに付けることも可能ですよ。

「サンシャイン水族館」へのアクセス

「サンシャイン水族館」へのアクセスは「サンシャインシティ」到着後に、ワールドインポートマートビル1階から「水族館行きエレベーター」をご利用いただき、屋上へお越しください。

交通機関を利用される方

電車を使用する場合は「東池袋駅(東京メトロ有楽町線)」より徒歩約5分、「池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線)」からは徒歩約10分です。

「池袋」駅ご利用の方は、東口35出口が一番近い出口になります。サンシャイン60通りを通り、右手に見えてくる「東急ハンズ」の横にサンシャインシティ地下通路入口(エスカレーター)があります。

「東池袋」駅ご利用の方は、6.7出口方面に向かうと、途中で「サンシャインシティ地下通路」の案内がありますので、地下通路をご利用ください。

車でお越しになる方

車でお越しになる方は、「サンシャインシティ」の駐車場をご利用ください。収容台数1,800台の都内でも有数の超大型駐車場です。24時間営業・年中無休で、池袋駅周辺にご用の方にもご利用いただけます。

首都高速道路5号線「東池袋出入口」に直結しています。

まとめ

池袋というアクセスもよい場所にあり、気軽に行くことのできる「サンシャイン水族館」。1日かけて遊びに行くというよりは、海の生物たちに会いたくなったときにさくっと行くことができるのが魅力の場所です。

都会の真ん中にあるオアシスで日頃の疲れを癒しませんか。

サンシャイン水族館(さんしゃいんすいぞくかん)

〒170-8630 東京都豊島区東池袋3丁目1 ワールドインポートマートビル 屋上

03-3989-3466

10:00~18:00(秋冬)、9:00~21:00(春夏)※最終入場は終了1時間前(再入場は終了30分前まで)

年中無休

0歳以上

大人(高校生以上)2,200円、子ども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円

http://www.sunshinecity.co.jp

ベビーカー入場可(ベビーカー置き場推奨)、おむつ交換台・授乳室有、駐車場有り

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

金子 寧々

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018