就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おしるしは出産間近の証拠!注意したいおしるしや陣痛までの流れ

おしるしは出産間近の証拠!注意したいおしるしや陣痛までの流れ

病院や出産した人から出産までの過程を聞いていたとしても、そのとおりにならない場合がほとんどです。突然のおしるしやお腹の痛みは、病院に連絡をするべきなのか、様子を見ていてよいのか分からず不安になってしまうこともあると思います。この記事を読んで、少しでも安心して出産にのぞんでもらえたら嬉しいです。

おしるしとはどんなもの?対処方法はあるの?

おしるしはおりものの一種です

おしるしは、おりものの一種です。少し粘り気があり、色は鮮血のような赤色や薄いピンク、茶色など人それぞれです。量は、下着に少しつくぐらいの人もいれば、生理が来たのでないかと思うぐらいの鮮血が多く出る人もいます。

おしるしは、初産婦だけではなく経産婦にもあります。経産婦の場合は、おしるしがきてから陣痛までの時間が短いことが多いので、おしるしに気づいたら出産に向けて入院の準備などをしていきましょう。おしるしは出産前に必ずあるわけではなく、おしるしがないまま出産をしている妊婦さんも多いです。

出産までの過程は人それぞれなので、人から聞いていた話や本に書いてある出産までの過程と違う状況になっても、慌てないようにしましょうね。

おしるしは卵膜がはがれるために起こります

出産が近づくと、子宮収縮が起こるようになります。おしるしは、この子宮収縮で赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部がはがれるために起こります。卵膜の一部がはがれることで出血する場合があり、子宮頚管の粘液と混ざって体外に出てくるので、おりものに色がついたようになります。出血の量は人それぞれなので、おしるしが少ない人もいれば多い人もいるのです。

また、おりものとは違う出血の場合もあります。妊婦健診で内診を行うときに、膣内に傷ができてしまうことがあります。膣はとてもデリケートなので、内診後に微量の出血があったという妊婦さんは多いです。すぐに止まるので特に気にする必要はありませんが、出血がだらだらと続いて止まる気配がないときは病院に連絡をしましょう。

おしるしがあったときの対処方法

臨月が近づいてきたら、生理用ナプキンを下着につけておくか持ち歩くようにしましょう。おしるしがあったときは、生理用ナプキンをつけて対処しましょう。おしるしの後にすぐに陣痛や破水を起こす人もいるので、外出時に大きめの産褥パッドを一つ持っておくと安心です。

おしるしが少量でお腹に張りや痛みがない場合は、近場であれば外出しても大丈夫です。万が一、外出中にお腹に異変を感じたらすぐ病院に行けるように、母子手帳を忘れずに携帯しておきましょう。

また、お風呂でリラックスするのもよいですね。お風呂に入ることで、陣痛を進める効果があるともいわれています。規則正しくお腹の痛みがきているときは、入浴によって痛みを強くしてしまうこともあるので注意してくださいね。

おしるしは個人差が大きいものです

おしるしの量や色はどんなもの?

おしるしの量は、人によって様々です。生理の少ない日くらいの人、おりものシートに少しつくくらいの人が多いようです。また、陣痛の直前には、どろっとしたおしるしが生理の多い日くらい出る人もいます。出産が近づいて来ると、おしるしの量が増える人もいるので生理用ナプキンや産褥バッドは常備しておきましょう。

おしるしの色も、人によって様々です。子宮内からの少量の出血が粘液に混じって出てくるので、赤色やピンク、茶色、褐色などの色が多いようです。出血がとても少ないと色がほぼ無かったり、気づきにくいくらいの薄いピンクだったりもします。また、生理のような鮮血が出る人もいますが、鮮血が出ると心配になりますよね。心配なときは、なんでも病院に連絡して確認してくださいね。

おしるしが起こりやすいタイミングは?

おしるしが起こりやすいタイミングは、出産の3日前から当日にかけてです。前駆陣痛で、お腹が少し痛いかな張るかなという感覚があります。その後に、おしるしがあり、本陣痛や破水という流れになるママが多いようです。

おしるしがくるタイミングには個人差があり、陣痛の一週間前にきたというママもいれば、陣痛がくるまでおしるしが無かったというママもいます。また、おしるしがなかったというママもいます。臨月になったらおしるしがいつきても対応できるように、ナプキンや入院の準備をしておきましょう。

おしるしは、出産が近いよという体からの合図なので、臨月におしるしが見られたら赤ちゃんにもうすぐ会えるのだと楽しみにしててくださいね。

何度もおしるしがあることも?

何度もおしるしがあることもあります。強い腹痛や大量の出血が見られない場合は、不安にならないでくださいね。

おしるしからすぐに、陣痛や破水がくる訳ではありません。何度かおしるしがあっても、茶褐色の場合は出血から時間が経っているもので、何らかの刺激で出てきたものなので心配いりません。鮮血に近い色の場合は、出血してすぐに出てきているときなので、量が多かったり継続的に出る場合は、体を休ませて様子を見ましょう。

数回程度のおしるしで継続的に出てきていなければ、出産のための入院の準備を終わらせ、普段通り過ごしてくださいね。もし、腹痛をともなう場合や動いていないときにもずっと出血しているような感覚があるときは、陣痛や破水の可能性もあるので、病院に連絡しましょう。

こんなおしるしはすぐに病院へ連絡しよう

妊娠37週以前におしるしがあった場合

妊娠37週以前におしるしがあった場合は、早産になる可能性があります。37週0日は正期産、36週6日は早産とたった1日の違いで母子手帳の記録が変わります。

34週ごろには、肺機能が完成して赤ちゃんに必要な体の機能が揃います。赤ちゃんの成長には個人差がありますが、37週までにはどの赤ちゃんも体の機能ができていると考えられています。しかし37週以前に早産で生まれた場合、赤ちゃんは体の機能が未熟なため、経過観察が特に必要となってきます。

現在の医療では、病院によりますが30週を超えれば早産であっても赤ちゃんを救うことができるようです。37週以前におしるしがあった場合は、すぐに病院へ連絡してくださいね。

おしるしが長く続いたり繰り返しある場合

おしるしが長く続いたり繰り返しある場合は、前置胎盤での出血の可能性があります。前置胎盤は、妊婦健診で分かることが多いので、指摘されているママは出血があったらすぐに病院へ連絡しましょう。

前置胎盤は、胎盤が通常とは違うところにできてしまい、子宮口を塞いでしまっている状況です。前置胎盤がなぜ起こるかは、まだ分かっていません。もしかすると、流産や人工妊娠中絶、帝王切開、子宮手術の経験がある、喫煙習慣、多胎妊娠、高齢出産などが関係しているのではと考えられています。

おしるしの量が多く何度もナプキンを替えなくてはいけなかったり、腹痛をともなったりした場合は、破水や陣痛に繋がることもあるので病院に連絡をしてくださいね。

激しい腹痛をともなう出血の場合

激しい腹痛をともなう出血の場合は、常位胎盤早期剥離の可能性があります。

胎盤は出産後に自然と子宮から剥がれますが、何らかの原因によって赤ちゃんがお腹にいるうちに胎盤が剥がれてしまうことがあります。これが常位胎盤早期剥離です。胎盤が剥がれると、子宮内で出血を起こし、栄養や酸素が赤ちゃんに送られず母体にも赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。

軽症の場合は、お腹が張っている感じはありますが腹痛をともなわないことが多く、少量の出血が見られます。重症の場合は、立っていられないほどの腹痛と出血がともないます。

お腹が張っていて出血がある場合は、早めに病院へ連絡をしましょう。出血が無くても頻繁にお腹が張るような感覚があれば、妊婦健診で相談してくださいね。

おしるしと区別しておきたい前期破水

おしるしと破水の見分け方は?

前期破水とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部が本陣痛前に破れてしまい、羊水が流れ出てくることをいいます。破水した場合、出産につながる可能性があるので病院へ連絡をしてくださいね。

おしるしなのか破水なのかは、量や匂いで見分けることができます。破水をして羊水が大量に出てくるときは、尿もれ以上の量が出てくるので気づきやすいです。ちょろちょろと羊水が出てきたときが、おしるしや尿漏れだと思って放置してしまうケースがあるので気をつけましょう。

おしるしは、粘りがあり酸っぱい匂いがあり、継続的に出てきません。破水は、さらさらとしていて、羊水特有の生臭い匂いがあり、継続的に出てきます。ナプキンを替えてもすぐに濡れるなと思ったら破水の可能性が高いです。

気づきにくい高位破水とは?

高位破水とは、卵膜の上部が破れて羊水が漏れることです。羊水が勢いよく出てこないので、おしるしや尿漏れと勘違いされやすい破水になります。妊婦健診の尿検査で、破水に気づくこともあるようです。

高位破水の原因は、喫煙や性感染症、急激なお腹への圧などがあります。性感染症は、カンジダやクラミジアです。カンジダは、妊娠中のおりものの増加によってかかりやすくなります。健診で感染症が見つかったら早急に治療をしてもらいましょう。また、上の子どもを抱っこしたり重いものを急に持ってしまったりすることで、お腹に急激な圧がかかり、破水を引き起こしてしまうことがあります。

高位破水は気づきにくいですが、少量でも出てくるものが止まらないなと思ったら病院へ連絡しましょう。

破水に気づかないと起こるリスクは?

破水に気づかなかった場合、それにともなって起こるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

破水をすることによって羊水が減っていきます。赤ちゃんのいるスペースが狭くなり、へその緒が圧迫されて赤ちゃんの心拍が低下しやすくなります。また、十分な酸素や栄養が赤ちゃんに届かなくなり、体の器官に障害が残る可能性があるそうです。

破水によって、産道感染症のリスクも高くなります。羊水の中は無菌ですが、出産をするママが感染症の菌を持っていると、破水したことにより菌に感染するリスクがあります。お風呂に入るのも雑菌が膣に入ってしまう可能性があるそうです。赤ちゃんのためにも、少しでも早く破水に気づけるように体の状態に気を配りましょう。
69 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC