就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おしるしは出産間近の証拠!注意したいおしるしや陣痛までの流れ

おしるしは出産間近の証拠!注意したいおしるしや陣痛までの流れ

病院や出産した人から出産までの過程を聞いていたとしても、そのとおりにならない場合がほとんどです。突然のおしるしやお腹の痛みは、病院に連絡をするべきなのか、様子を見ていてよいのか分からず不安になってしまうこともあると思います。この記事を読んで、少しでも安心して出産にのぞんでもらえたら嬉しいです。

おしるしとはどんなもの?対処方法はあるの?

おしるしはおりものの一種です

おしるしは、おりものの一種です。少し粘り気があり、色は鮮血のような赤色や薄いピンク、茶色など人それぞれです。量は、下着に少しつくぐらいの人もいれば、生理が来たのでないかと思うぐらいの鮮血が多く出る人もいます。

おしるしは、初産婦だけではなく経産婦にもあります。経産婦の場合は、おしるしがきてから陣痛までの時間が短いことが多いので、おしるしに気づいたら出産に向けて入院の準備などをしていきましょう。おしるしは出産前に必ずあるわけではなく、おしるしがないまま出産をしている妊婦さんも多いです。

出産までの過程は人それぞれなので、人から聞いていた話や本に書いてある出産までの過程と違う状況になっても、慌てないようにしましょうね。

おしるしは卵膜がはがれるために起こります

出産が近づくと、子宮収縮が起こるようになります。おしるしは、この子宮収縮で赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部がはがれるために起こります。卵膜の一部がはがれることで出血する場合があり、子宮頚管の粘液と混ざって体外に出てくるので、おりものに色がついたようになります。出血の量は人それぞれなので、おしるしが少ない人もいれば多い人もいるのです。

また、おりものとは違う出血の場合もあります。妊婦健診で内診を行うときに、膣内に傷ができてしまうことがあります。膣はとてもデリケートなので、内診後に微量の出血があったという妊婦さんは多いです。すぐに止まるので特に気にする必要はありませんが、出血がだらだらと続いて止まる気配がないときは病院に連絡をしましょう。

おしるしがあったときの対処方法

臨月が近づいてきたら、生理用ナプキンを下着につけておくか持ち歩くようにしましょう。おしるしがあったときは、生理用ナプキンをつけて対処しましょう。おしるしの後にすぐに陣痛や破水を起こす人もいるので、外出時に大きめの産褥パッドを一つ持っておくと安心です。

おしるしが少量でお腹に張りや痛みがない場合は、近場であれば外出しても大丈夫です。万が一、外出中にお腹に異変を感じたらすぐ病院に行けるように、母子手帳を忘れずに携帯しておきましょう。

また、お風呂でリラックスするのもよいですね。お風呂に入ることで、陣痛を進める効果があるともいわれています。規則正しくお腹の痛みがきているときは、入浴によって痛みを強くしてしまうこともあるので注意してくださいね。

おしるしは個人差が大きいものです

おしるしの量や色はどんなもの?

おしるしの量は、人によって様々です。生理の少ない日くらいの人、おりものシートに少しつくくらいの人が多いようです。また、陣痛の直前には、どろっとしたおしるしが生理の多い日くらい出る人もいます。出産が近づいて来ると、おしるしの量が増える人もいるので生理用ナプキンや産褥バッドは常備しておきましょう。

おしるしの色も、人によって様々です。子宮内からの少量の出血が粘液に混じって出てくるので、赤色やピンク、茶色、褐色などの色が多いようです。出血がとても少ないと色がほぼ無かったり、気づきにくいくらいの薄いピンクだったりもします。また、生理のような鮮血が出る人もいますが、鮮血が出ると心配になりますよね。心配なときは、なんでも病院に連絡して確認してくださいね。

おしるしが起こりやすいタイミングは?

おしるしが起こりやすいタイミングは、出産の3日前から当日にかけてです。前駆陣痛で、お腹が少し痛いかな張るかなという感覚があります。その後に、おしるしがあり、本陣痛や破水という流れになるママが多いようです。

おしるしがくるタイミングには個人差があり、陣痛の一週間前にきたというママもいれば、陣痛がくるまでおしるしが無かったというママもいます。また、おしるしがなかったというママもいます。臨月になったらおしるしがいつきても対応できるように、ナプキンや入院の準備をしておきましょう。

おしるしは、出産が近いよという体からの合図なので、臨月におしるしが見られたら赤ちゃんにもうすぐ会えるのだと楽しみにしててくださいね。

何度もおしるしがあることも?

何度もおしるしがあることもあります。強い腹痛や大量の出血が見られない場合は、不安にならないでくださいね。

おしるしからすぐに、陣痛や破水がくる訳ではありません。何度かおしるしがあっても、茶褐色の場合は出血から時間が経っているもので、何らかの刺激で出てきたものなので心配いりません。鮮血に近い色の場合は、出血してすぐに出てきているときなので、量が多かったり継続的に出る場合は、体を休ませて様子を見ましょう。

数回程度のおしるしで継続的に出てきていなければ、出産のための入院の準備を終わらせ、普段通り過ごしてくださいね。もし、腹痛をともなう場合や動いていないときにもずっと出血しているような感覚があるときは、陣痛や破水の可能性もあるので、病院に連絡しましょう。

こんなおしるしはすぐに病院へ連絡しよう

妊娠37週以前におしるしがあった場合

妊娠37週以前におしるしがあった場合は、早産になる可能性があります。37週0日は正期産、36週6日は早産とたった1日の違いで母子手帳の記録が変わります。

34週ごろには、肺機能が完成して赤ちゃんに必要な体の機能が揃います。赤ちゃんの成長には個人差がありますが、37週までにはどの赤ちゃんも体の機能ができていると考えられています。しかし37週以前に早産で生まれた場合、赤ちゃんは体の機能が未熟なため、経過観察が特に必要となってきます。

現在の医療では、病院によりますが30週を超えれば早産であっても赤ちゃんを救うことができるようです。37週以前におしるしがあった場合は、すぐに病院へ連絡してくださいね。

おしるしが長く続いたり繰り返しある場合

おしるしが長く続いたり繰り返しある場合は、前置胎盤での出血の可能性があります。前置胎盤は、妊婦健診で分かることが多いので、指摘されているママは出血があったらすぐに病院へ連絡しましょう。

前置胎盤は、胎盤が通常とは違うところにできてしまい、子宮口を塞いでしまっている状況です。前置胎盤がなぜ起こるかは、まだ分かっていません。もしかすると、流産や人工妊娠中絶、帝王切開、子宮手術の経験がある、喫煙習慣、多胎妊娠、高齢出産などが関係しているのではと考えられています。

おしるしの量が多く何度もナプキンを替えなくてはいけなかったり、腹痛をともなったりした場合は、破水や陣痛に繋がることもあるので病院に連絡をしてくださいね。

激しい腹痛をともなう出血の場合

激しい腹痛をともなう出血の場合は、常位胎盤早期剥離の可能性があります。

胎盤は出産後に自然と子宮から剥がれますが、何らかの原因によって赤ちゃんがお腹にいるうちに胎盤が剥がれてしまうことがあります。これが常位胎盤早期剥離です。胎盤が剥がれると、子宮内で出血を起こし、栄養や酸素が赤ちゃんに送られず母体にも赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。

軽症の場合は、お腹が張っている感じはありますが腹痛をともなわないことが多く、少量の出血が見られます。重症の場合は、立っていられないほどの腹痛と出血がともないます。

お腹が張っていて出血がある場合は、早めに病院へ連絡をしましょう。出血が無くても頻繁にお腹が張るような感覚があれば、妊婦健診で相談してくださいね。

おしるしと区別しておきたい前期破水

おしるしと破水の見分け方は?

前期破水とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜の一部が本陣痛前に破れてしまい、羊水が流れ出てくることをいいます。破水した場合、出産につながる可能性があるので病院へ連絡をしてくださいね。

おしるしなのか破水なのかは、量や匂いで見分けることができます。破水をして羊水が大量に出てくるときは、尿もれ以上の量が出てくるので気づきやすいです。ちょろちょろと羊水が出てきたときが、おしるしや尿漏れだと思って放置してしまうケースがあるので気をつけましょう。

おしるしは、粘りがあり酸っぱい匂いがあり、継続的に出てきません。破水は、さらさらとしていて、羊水特有の生臭い匂いがあり、継続的に出てきます。ナプキンを替えてもすぐに濡れるなと思ったら破水の可能性が高いです。

気づきにくい高位破水とは?

高位破水とは、卵膜の上部が破れて羊水が漏れることです。羊水が勢いよく出てこないので、おしるしや尿漏れと勘違いされやすい破水になります。妊婦健診の尿検査で、破水に気づくこともあるようです。

高位破水の原因は、喫煙や性感染症、急激なお腹への圧などがあります。性感染症は、カンジダやクラミジアです。カンジダは、妊娠中のおりものの増加によってかかりやすくなります。健診で感染症が見つかったら早急に治療をしてもらいましょう。また、上の子どもを抱っこしたり重いものを急に持ってしまったりすることで、お腹に急激な圧がかかり、破水を引き起こしてしまうことがあります。

高位破水は気づきにくいですが、少量でも出てくるものが止まらないなと思ったら病院へ連絡しましょう。

破水に気づかないと起こるリスクは?

破水に気づかなかった場合、それにともなって起こるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

破水をすることによって羊水が減っていきます。赤ちゃんのいるスペースが狭くなり、へその緒が圧迫されて赤ちゃんの心拍が低下しやすくなります。また、十分な酸素や栄養が赤ちゃんに届かなくなり、体の器官に障害が残る可能性があるそうです。

破水によって、産道感染症のリスクも高くなります。羊水の中は無菌ですが、出産をするママが感染症の菌を持っていると、破水したことにより菌に感染するリスクがあります。お風呂に入るのも雑菌が膣に入ってしまう可能性があるそうです。赤ちゃんのためにも、少しでも早く破水に気づけるように体の状態に気を配りましょう。

おしるし以外にもある陣痛の予兆を知ろう

お腹の張りが頻繁に起こる

臨月に入ると、お腹の張りが頻繁に起こります。前駆陣痛というものを経験するママも多いです。お腹の張りが安静にしていてすぐに収まれば大丈夫ですが、張りが強くなったり規則的に痛みをともなったりしてきたら陣痛につながる可能性が高いです。

臨月でのお腹の張りは、あまり心配することはありませんが、臨月前の頻繁なお腹の張りは注意が必要です。お腹の張る状態が続くと、破水や陣痛につながることがあります。早産での出産は、赤ちゃんにも母体にも負荷がかかることが多いので、お腹の張りを感じたら体を休めてくださいね。

臨月でのお腹の張りは、出産が近づいている証拠です。赤ちゃんの誕生を楽しみにしながら、入院の準備を進めていきましょうね。

お腹が下がり胎動を感じにくくなる

出産が近づくと、お腹が下がり胎動を感じにくくなります。

お腹を毎日鏡などで見ているとわかると思いますが、へその上辺りが膨らみの頂点だったのが、へその下辺りに下がってきます。赤ちゃんが少しずつ、子宮口の方へ移動していっているということです。すぐに陣痛がくる訳ではありませんが、数日から数週間の間に陣痛がくるでしょう。

また、赤ちゃんが成長してくると、お腹の中で動き回れるスペースが減り胎動が少なくなります。出産に向けて、子宮口に頭が固定されると、さらに胎動を感じにくくなります。1日に1回は胎動を感じるはずなので、胎動がないなと思ったら横になって胎動を確認する時間を作りましょう。1回も胎動を感じられなかったら、病院に相談しましょう。

下痢や便秘など、便通が乱れる

消化器官、排泄器官はデリケートなので、妊娠時の体の変化やホルモンバランスの影響を受けやすく、下痢や便秘など、便通が乱れます。

陣痛が近づくと、妊娠中の便秘から解消されたり、突然便秘になったりするママがいます。

突然の激しい腹痛に襲われることもあり、陣痛ではないかと不安になるほどの下痢になるママもいます。下痢での腹痛は、痛みに規則性がなく便意を感じてきます。一向に便意を感じる気配がなければ、前駆陣痛の可能性もあるので、横になって様子を見ましょう。

妊娠や出産時の便秘や下痢で悩んでいるママは、たくさんいます。消化のよい物を食べる、体を冷やさない、水分を補給することを忘れずに、出産まで過ごしてくださいね。

おしるしから陣痛までの流れを確認しよう

おしるしから陣痛が始まるまでの平均日数

おしるしから陣痛が始まるまでの平均日数は、人によって様々なので定義しにくいです。おしるしがあったのであれば、数日後から数週間後には陣痛にいたるのがほとんです。おしるしが陣痛の直前にくることもあれば、おしるしが何度もあるのに何週間も陣痛がこないということもあります。また、おしるしがないまま、陣痛が起こることもあります。

おしるしがあったときは出産が近いのだと思って、入院の準備や出産後の提出書類の確認など必要なことをやっておきましょう。もう少しで陣痛がくるかもしれないと、パパに連絡をして心の準備をしてもらうのもよいですね。

おしるしがあっても痛みや破水がなければ、お風呂などでゆっくり過ごし、出産に備えて気持ちの準備もしていきましょう。

本陣痛が起こる前にある前駆陣痛

本陣痛が起こる前にある前駆陣痛は、偽陣痛とも呼ばれています。前駆陣痛がなかったり、気づかなかったりするママもいますが、大体のママが前駆陣痛を経験するでしょう。

前駆陣痛は、痛みと痛みの間隔が不規則で分娩にはつながらない弱い痛みです。中には、陣痛のような強い痛みをともなう場合をありますが、時間が経つと遠のいていきます。臨月のお腹の張りは、前駆陣痛の一種になります。

前駆陣痛から始まり、おしるし、本陣痛という流れがあります。必ずしも、この流れに沿って出産が進むわけではありませんが、陣痛までの大まかな流れを覚えておくとよいでしょう。

臨月前に前駆陣痛のようなものを感じたら、病院へ相談してくださいね。

陣痛が始まる前に破水することも

出産は、陣痛がきてから子宮口が開き、破水するというのが基本の流れになります。ただ、この流れどおりにいかない場合もあり、陣痛が始まる前に破水することもあります。

破水をしてすぐに陣痛がくることもあれば、陣痛がこなくて陣痛の誘発剤を使うこともあります。破水をしてから24時間以内に出産をしないと、赤ちゃんへの細菌感染などのリスクが高まります。破水をした場合はすぐに病院へ連絡しましょう。

破水をしたときは極力動かないようにして、タクシーか自家用車で移動してください。羊水が大量に出てきて下着がびしょびしょになってしまう場合は、バスタオルなどを当てておきましょう。

生理用ナプキンや産褥パッドの大きいサイズを用意しておくと、破水したときに安心ですよ。

出産の準備ができているか再確認しておこう

入院グッズの準備に漏れはないか確認しよう

病院から入院時の持ち物リストをもらうので、陣痛の予兆があったら入院グッズの準備に漏れがないか確認しましょう。

出産時と産後に必要な荷物ごとに分けておくと便利です。出産時は、前開きの室内着や産褥ショーツ、産褥パッド、タオル類、飲み物など最低限にして身軽な状態で病院へ向かいます。産後に、室内着や下着、タオルの替え、アメニティセットの入った鞄を家族に持ってきてもらいましょう。

入院のときに忘れてはならないのが、母子健康手帳や健康保険証、診察券、印鑑です。入院の手続きや出産記録の記入で使うので、この4点はセットにして用意しておくとよいですよ。会社へ給付金を請求するための書類がある場合、事前に書類を入手して準備しておくと手続きがスムーズに行えますよ。

陣痛時の産院までの移動手段を確認しよう

病院までの移動手段を確認して、陣痛時に焦らないようにしましょう。陣痛や破水が起こった場合は、タクシーか自家用車で病院へ向かうのが基本です。自宅付近を走っているタクシー会社を何社か携帯に登録しておくと、いざというときに安心ですよ。

出産は、いつどうなるか予想ができないものです。初産婦の場合は、陣痛から出産までの時間がかかることが多いので、弱い陣痛であればもう少し自宅で様子を見るように指示があるかもしれません。経産婦や子宮口が開きやすくなっている妊婦の場合は、陣痛から出産までが早く進むのですぐに病院へ向かうように指示されるでしょう。

陣痛タクシーという配車サービスがあります。対象地域に住んでいるのであれば、ぜひ登録をしてくださいね。

退院後に必要なベビーグッズを確認しよう

退院後に必要なベビーグッズを確認して、準備しておきましょう。

赤ちゃんの短長肌着やドレスオール、ツーウェイオールは、季節によって薄手厚手のものを5、6枚用意しておくと安心です。また、ベストやおくるみがあると、赤ちゃんの体温調整をしやすいですよ。

赤ちゃんのおむつは、新生児用を用意します。ただ、あっという間にSサイズに変わる子もいるので、1ケースほど用意して様子を見るとよいでしょう。

ベビーバスなどの沐浴グッズも必要です。ベビーバスを大きめの桶などで代用することも可能ですよ。

ベビーベッドやベビー布団、哺乳瓶やおもちゃなどは、産後に赤ちゃんの様子を見てから購入してもよいでしょう。まずは、赤ちゃんを迎え入れるための最低限の準備をしておきましょうね。

出産までもう少し!今やっておきたいこと

妊娠中の思い出作りをしておこう

妊娠は、赤ちゃんを出産するまでの期間限定です。妊娠中だからこそできること、出産前にしておきたいことなど、妊娠中の思い出作りをしておきましょう。

赤ちゃんがお腹にいるという貴重な経験を、エコー写真や日記、マタニティフォトなどで残しておくと産後のよい思い出になります。

また、ママとパパが2人で過ごせる貴重な時期です。子連れではいけないお店や旅行に行って2人の時間を楽しんでくださいね。

妊娠中に資格取得の勉強をするのもよいでしょう。1人の時間が取れるのも出産までです。自分の将来のために時間を費やすのもよし、趣味に時間を費やすもよし、のんびりと過ごすのもよし、ママの貴重な1人の時間を満喫しましょう。

ネイルのオフや美容院に行っておこう

出産前にネイルのオフや美容院に行っておきましょう。

出産時に血液の中に十分な酸素が送られているのか、指先に洗濯ばさみのような小さなモニターをつけて計測することがあります。ネイルがついていると、うまく計測ができないことがあるので臨月に入ったらネイルのオフをしてくださいね。

また、産後は育児に翻弄されて美容院に行くのが難しくなります。産前に美容院に行き、自分好みの髪に整えてもらいましょう。お腹が大きくなってきてからの仰向けは辛いこともあるので、妊娠中期ごろに行くのをおすすめします。

出産時に指輪を外さないといけない場合があります。病院から事前に指導されることもありますが、指がむくんでしまう前に結婚指輪を外して保管しておきましょう。

上の子とたくさんスキンシップを取ろう

経産婦さんは、次の子が生まれるまでの間に上の子とたくさんスキンシップを取りましょう。

上の子の年齢にもよりますが、下の子ができることで上の子が赤ちゃん返りをすることがあります。赤ちゃん返りは、愛情をもっと欲しいという子どもの欲求の表れです。下の子のお世話で大変なのに上の子の赤ちゃん返りもあると、育児がとても大変になりますよね。妊娠中に上の子とたくさんスキンシップを取って、愛情を注いであげることで赤ちゃん返りを回避することができるかもしれません。

また、下の子が生まれると下の子基準でお出かけをしたり、下の子の写真ばかり撮ったりすることが多くなるでしょう。妊娠中に上の子とたくさんお出かけをして、写真を撮って思い出を作ってくださいね。

まとめ

出産は、十人十色です。自分の出産がどのように進んでいくかは、そのときにならないと分かりません。

陣痛の予兆がどんなものなのか、様子を見ていてよいものなのかなど出産に向けての知識を頭に入れておきましょう。出産時、パニックになり何もできなくなってしまうのが一番怖いです。冷静に対処できるように、出産に向けて心の準備や赤ちゃんを迎えるための準備をしてくださいね。

産後は、育児に追われる日々です。マタニティライフを後悔しないように思いっきり楽しみましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018