就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠したら必要なものをチェック!持ち物リストとおすすめグッズ

妊娠したら必要なものをチェック!持ち物リストとおすすめグッズ

妊娠がわかってから出産までの間には色々と準備が必要になります。先輩ママたちの経験や意見を参考に、妊娠したら知っておくとよいことや必要なものをまとめました。出産予定日間近に焦ることのないよう、ある程度の計画を立てながら、自分に合ったペースで準備を楽しみましょう。

妊娠時期に合わせて必要なものを準備しよう

妊娠初期~4カ月(つわりの時期) 

妊娠初期~4カ月の頃は、多くの妊婦さんがつわりを経験します。お腹の赤ちゃんが元気に成長している証とはいえ、妊婦さんにとってはなかなか辛い時期ですよね。

つわり中の妊婦さんには少々大変かもしれませんが、これから安定期に入るまでに必要となるものを準備していきましょう。気分転換になるかもしれませんね。ただ無理は禁物です。

特に妊娠初期には“葉酸”が必要となります。葉酸サプリメントなどを利用し、積極的に摂るように心がけましょう。

また、赤ちゃんの成長につれ、ママの体は少しずつ変わっていきます。赤ちゃんと母体の安全のため、そしてママが妊娠期間を快適に過ごせるように、安定感のある靴や、マタニティウェアを少しずつ準備していきましょう。

5~7カ月(安定期)

安定期に入り、お腹のふくらみも目立つようになってくる頃ですね。体の変化に合わせ、少しずつマタニティウェアのワードローブを増やしていきたいところです。トップスとボトムスのコーディネートを考えながら、体をしめつけずゆったりと着られるものを選ぶとよいでしょう。

また、足元の冷えやむくみが気になるようでしたら、マタニティレギンスや靴下もチェックしてみましょう。妊娠を経験したママたちの意見をもとに開発されたものもたくさんあります。

出産後まで使うことも視野にいれて、パジャマなどを準備するのもよいですね。授乳しやすいようデザインされたパジャマなど、産後もある程度使えるものだと、改めて準備する必要もなく、しかも経済的ですよね。 

8~10カ月(安定期~正産期)

出産まであと少しの時期となりました。出産入院の準備を本格的に始めましょう。かかりつけの産科、産院によって多少異なりますが、多くの場合、産褥ショーツの持参を求められますので、数枚準備しておきましょう。あわせて産後ショーツも数枚持っていると便利です。

妊娠後期~出産後しばらくは、おうちで赤ちゃんと過ごすことになります。ゆったりとリラックスできるルームウェアも持っているとよいですね。

服を着たまま授乳できるように工夫されたトップスは、産後の生活においてとても役立ちます。授乳中に汚れても困らないよう、少し多めに持っていると便利ですね。

産後すぐの体型戻しを考えているのなら、産後ボディリフォームの下着なども準備しておきましょう。

初診から妊婦健診まで失敗しないポイント

初診のときの持ち物や注意点     

妊娠検査薬で陽性の反応が出たら、産婦人科の受診が次のステップとなりますね。妊娠後初めて産婦人科に通い始める方も多いかと思います。

初診の際には、健康保険証、現金(妊娠は病気ではないため、自費扱いとなります。)を持参しましょう。また、最終月経日等を忘れずに覚えておくと、問診表記入の際に便利です。

訪れた産婦人科で、尿検査による妊娠判定を行うことになります。また、出産までの定期健診でも尿検査は行われますので、受診の際に対応できるよう頭に入れておきましょう。

産婦人科での内診の際は、下着を脱いで内診台の上に仰向けになります。初診日には、そういったことを考え、長めのスカートやチュニックなど、下着を脱いだ状態でもある程度カバーできるような服装で出かけるとよいですね。

ちなみに友人ママが通院していた産科では、妊婦の下半身をカバーするようなブランケットのようなものが備えてあったそうです。それぞれの産婦人科によって違ってきますので、初診の際には服装に少し注意するか、薄手のストール等を持参するなど、準備をしていくと安心ですね。 

妊婦健診に行くときの必需品    

定期健診の際には、健康保険証、母子手帳、病院診察券が必要となりますので、忘れないようにしましょう。健診の日には、これらを一つにまとめてケースなどに入れておくと、必要なときに取り出しやすく、便利ですね。

妊娠初期から中期にかけての健診は、多くの場合4週間に1度です。前回の健診を終えてからの間に、医師や看護師の方に聞いておきたいと思うことなどあったら、日頃からメモを取る習慣をつけると、次回の健診の際に忘れずに質問できますね。

健診の日によっては、様々な理由から待ち時間が長くなることもあります。病院によっては、携帯電話の使用が禁止されている場合もありますので、そのほかに時間を潰せるようなものをバッグに入れておきましょう。

あまりかさばらない本などは、持ち運びもしやすく便利ですね。水分補給のためのウォーターボトルや、小腹がすいたときに簡単に口に入れられるスナックを持って行くのもよいでしょう。また、妊娠中は体温の管理に気を配りたいところですから、待合室の温度に合わせて、脱いだり羽織ったりしやすい上着などを持っていると安心ですね。

こんなものもあると便利!おすすめグッズ

辛いつわりはこれで乗り越える!  

つわりの症状は人それぞれです。友人ママの場合は、2度の妊娠の際、初期の数ヶ月間食べては吐くを繰り返すつわりを体験したそうです。辛い時期も、医師や看護士さんからの「赤ちゃんが成長している証拠だから、頑張ってね!」という言葉に救われたそうです。

栄養のかたよりなどにとらわれすぎず、とにかく食べられるものを食べるという考え方にすると、気持ちも少し楽になるかもしれません。食べられないときでも、氷を口に含んでいると、吐き気がおさまることもあるようです。

また、色々なものの匂いに敏感になるという方もいます。芳香剤や洗濯洗剤を無臭のものに変えたり、また自分がリラックスできる香りのものに変えるなど、心地よく過ごせるように調整してみましょう。

あると安心!抱きまくら

妊娠期間に役に立つグッズは、サプリメント系、インナー系、最近では妊婦用アプリ等、色々ありますよね。

友人ママに聞いたところ、彼女が妊婦だった10年程前から、抱き枕は人気が高かったそうです。お腹が大きくなってくると、仰向けより横向きの姿勢で眠るほうが楽になり、そのときにあると便利だからです。

横向きの姿勢になった際に、抱き枕に片足をかけるような体勢をとると比較的楽に休むことができます。赤ちゃんの成長につれ辛くなってくる腰にあてたり、むくみの気になる足を乗せたり、色々使い道もありますよね。

そして何より、抱き枕は出産後も授乳用クッションとして使えます。妊娠中から産後までわりと長く使えるものですから、一つ持っていると便利ですよ。 

カフェインレス飲料でリラックス  

妊娠中控えなければならない飲料がいくつかあります。中でも、カフェインを多く含む飲料は、妊婦の血管を収縮させてしまうため、妊娠初期から控えたほうがよいようです。

コーヒーやお茶をよく飲む習慣のある女性にとって、妊娠を機に急に飲めなくなることは逆にストレスにもなりがちです。カフェインレスの飲料にも様々な種類がありますから、好みにあうものを探してみましょう。

たんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶はノンカフェインというだけではなく、ビタミンB、Cや鉄分を含んでいます。これは、妊婦や授乳中のママにとってありがたい栄養素です。そのほか、カフェインレスのハーブティーやフルーツフレーバーの紅茶等、リラックス効果も期待できる飲み物もありますよ。

まとめ

妊娠がわかった喜びも束の間、今後の準備やなどたくさんあり、ストレスを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。お腹の赤ちゃんとプレママにとって大切な時期ですから、できれば楽しく健やかに過ごしたいものですよね。

準備の買い物などもご主人とのデートの一環にしてみたり、または家族の協力を得ながら、自分に合ったペースでやっていきましょう。たとえ失敗があったとしても、のちに「あの時は○○で、大変だったね~」なんて、笑い話になりますから、考えすぎず楽しみながら赤ちゃんを迎える準備をしましょう! 

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018