就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【仙台】街中にある「カメイ美術館」で体験するこけしの絵付け

【仙台】街中にある「カメイ美術館」で体験するこけしの絵付け

仙台駅近くにある美術館では、伝統こけしや世界の蝶、絵画が展示されており子どもがアートに触れ合える空間になっています。こけしの絵付け体験や蝶やクワガタなどの標本がびっしりと並び、夏休みや休日にはファミリーや旅行客が足を運びます。ちょっとしたお出かけの際に寄り道がしやすいスポットです。

こけしや蝶、絵画がつくるアートの空間

子どもの好奇心をくすぐる展示作品

仙台市に本社を置く総合商社カメイ株式会社の創業90周年を記念して平成6年に開館した「カメイ美術館」は「蝶」「こけし」「絵画」の3つの展示を鑑賞できます。

3つの展示コーナーの中で子どもが足を止めるのが蝶の展示。世界各地の蝶14,000頭が標本され、自然環境に合わせて色や形を進化させ、見たことのないような色鮮やかな蝶がズラリと並ぶ光景は、子どもだけでなく大人も引き込まれてしまいます。世界でも大英博物館とカメイ美術館でしか、見ることができない貴重なアロッティトリバネアゲハのメスも常設展示をいつでも見ることが可能です。

他にも、地元の山で仕掛けをしてカブトムシ収集をしていたときを思い出すカブトムシやクワガタなどの甲虫類が1,500頭展示されています。日本では捕まえることができない貴重なヘラクレスオオカブトなどもおり、大人も童心にかえることができます。

同フロア内には、こけしの展示コーナーもあります。宮城県をはじめ東北の伝統こけしが展示されており、頭の形が違ったり胴体の模様が違う各系統の特徴あるこけしが集まっています。

様々な特徴を持つこけしが一堂に集まっているので系統の違いを発見しやすく、こけしの知識を知らないママやパパも勉強になります。

こちらには戦前の有名工人の古作こけしを中心にした常設展示ですが、定期的に入れ替えや展示イベントも開催され、表情豊かな作品が鑑賞できます。また、こけしの展示コーナーではこけしの絵付け体験もできます。

別フロアにある絵画コーナーでは、日本近代絵画の黎明期を創り発展を担った安井曾太郎、藤田嗣治、小磯良平ら作家たちの作品を中心に絵画を展示しています。

美術館内は、エレベーターの移動も可能なためベビーカーでも安心して楽しむことができます。

蝶の羽根を顕微鏡で覗いてみよう

蝶の展示コーナーには様々な蝶の標本を見たりする以外に、備え付けの顕微鏡を使って観察することができます。顕微鏡のペンライトを点けて蝶をセットすると羽根の色や模様、からだの仕組みなど今までみたことのない発見とともに顕微鏡の使い方を学ぶことができます。

未就学児の場合は、顕微鏡を使ったことがない子が多いと思います。その際は、ママやパパが理科の先生になった気分で教えてあげてみてはどうでしょうか。

こちらは常時備え付けられているのでいつでも蝶の研究をすることが可能です。

7色の絵の具を使ったオリジナルこけし作り

絵付け体験をしてみよう

東北の伝統こけしが並ぶこけしコーナーでは、様々な特徴を持つ伝統こけしに負けないようなオリジナルのこけしが作れるこけし絵付け体験「自分のこけしを作ろうよ」ができます。体験はこけし展示の一角にある机で行うので絵付けを行う場所は広々した空間のため、お兄ちゃんが体験を行っている時は赤ちゃんの乗っているベビーカーを横に置いておくことも可能です。

絵付け体験は1本600円で予約制となっており体験希望日の2日前までに電話予約が必要なので、事前連絡を忘れないようにしましょう。平日は比較的人数も少なく周りに気を使わずに行えるのでオススメです。

また、夏休みなどの長期休みは予約なし絵付けができるので、人数が多く材料がなくなってしまう場合もあります。

工人さんが使う染料とは違い絵の具を使って描いていくのがカメイ美術館の特徴です。基本的にこけし工人さんは3色での絵付けを行いますが、こちらでは黒、白、赤、青、緑、茶、黄の7色を使って自由に絵を描いていきます。様々な色が使えるので、いつも見るようなこけしのイメージとは違った自分だけのカラフルなこけしを作れます。

絵の具は幼稚園や小学校でも使ったりしている子どもも多いので3歳ぐらいの子どもも使いやすく、体験がしやすくなっています。展示してある伝統こけしを真似て、色違いのこけしを描いてみるのも面白そうです。

絵を描き終わったらドライヤーで乾かして出来上がり!絵付けの時間は、平均して30分程度で行え完成したこけしはそのまま持って帰ることができます。

また展示コーナーには、こけしの雑貨なども販売しています。

美術館の裏手には公園や大型駐車場あり

まだまだ遊び足りないという子どもには、美術館を出て左に向かうと徒歩1分の「五橋公園」がオススメです。街中にある公園ですが広々しており、カラフルなコンビネーション遊具やブランコなどを設置した公園です。

撮影日は平日の夕方でしたが学校帰りの子どもたちに人気の公園で、ベンチもあるので子どもが遊んでいる最中はママパパの小休憩にも最適。

また、美術館へはJR仙台駅から徒歩10分、地下鉄五橋駅から3分の位置にあり公共交通機関でのアクセスが抜群の場所にあるので気軽に遊びに行くことができます。

子どもがいると車での移動手段を主にしているファミリーが多いと思います。美術館には、専用駐車場がないので美術館裏手にある有料駐車場がオススメ。美術館から3分程度の距離にあり、立体駐車場なので、天候が悪いときも車から子どもを下ろすときにも楽チン。一方通行の道が多いので注意しましょう。

カメイ美術館(かめいびじゅつかん)

宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23

022-264-6543

10:00〜17:00(最終入館は16:30)※体験は15:00まで

月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28〜1/4)

3歳以上

入館料:一般300円、65歳以上高校生以下無料(体験は600円)

http://www.kameimuseum.or.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

羽根田 圭司

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018