就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【名古屋】1日遊べる公園ならここ!恐竜遊具が人気「大高緑地」

【名古屋】1日遊べる公園ならここ!恐竜遊具が人気「大高緑地」

名古屋市内には、いくつかの大型公園があります。今回はその中でも、JR東海道線「大高駅」からほど近く、名古屋市緑区にある子連れに人気の「大高緑地」を紹介。恐竜にちなんだ遊具やアトラクションも揃っており、恐竜好きにもオススメです。

子どもと1日過ごせる公園「大高緑地」

「大高緑地」は、若草山の芝生広場を中心に、ゴーカートで遊べる交通公園や手漕ぎボートに乗れる琵琶ケ池など、遊ぶだけでなく、豊かな自然や緑に恵まれた大きな都市公園です。

土・日・祝日には、園内でフリマなどのイベントも開催していることもあり、近くに住むママであれば、一度は行ったり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?

そんな公園内で、子どもたちに人気なのが、「恐竜広場」の「恐竜」をモチーフにした滑り台です。キャラクター化やデフォルメがされておらず、色合いや質感など、リアルな恐竜の姿に近く、恐竜好きにも人気のモチーフ遊具です。

恐竜広場は公園のどこにある?

恐竜たちは、公園の西側(JR東海道線沿い)になる「恐竜広場」にいます。「恐竜広場」は大きな複合遊具やブランコ、東屋などが揃っている小さな子どもたちが楽しく遊べる広場で、新幹線を見ることができるスポットとして公園内でも人気のエリア。

広い公園なので、来園の前に公園マップをHPでチェックしておくと安心です。

自動車で来る場合は「第6駐車場」、公共交通機関なら、JR「大高駅」「南大高駅」から徒歩10分ほど、市バス「大高緑地西」バス停が一番近くてわかりやすいです。

いざ、恐竜滑り台を滑ってみよう!

近くまで行けば見えてくるのが、広場の中心にいる、2体の恐竜「大ちゃん」と「高ちゃん」です。

写真の左側の少し大きめの恐竜が「大ちゃん」、右側の少し小さいのが「高ちゃん」です。

どちらも2メートル以上の高さがあり、大きさはもとより、姿かたちも結構リアル。ちょっと怖がる子もいるかもしれません。
下から見ると、こーんなかんじ。リアル〜。

この2体の恐竜は、お腹のあたりから尻尾にかけて滑り台になっており、よく見かけるローラー式ではなく、コンクリートで塗り固めた滑り台になっています。これは、滑ってもお尻への衝撃が少なく、痛くならないので安心して滑ることができるタイプです。
滑り台は小学生までの子ども向けになっていますが、「大ちゃん」と「高ちゃん」は、それぞれ高さ、斜度が違う滑り台になっているので、子どもに合わせて遊べます。
ちょっと大きい子向けは「大ちゃん」。
滑り台の先のほうに、カーブが入っていて、どことなくスリルあり。

高ちゃんの滑り台は直線タイプで、やや高さが低め。滑り台の横幅に、多少ゆとりがあるため、一人では怖い場合は、大人が後ろに回って一緒に滑ってあげることもできそうです。

小さい子は高ちゃんからチャレンジしてみるとよさそうです!
定番ですが、ザ・滑り台という感じで、滑りやすいです。

子どもの滑り台なので、滑る距離は短いものの、斜度があり、滑りもスムーズ。滑り終わりに、勢いよく飛び出す可能性もあるので、その点は注意、見守りが必要かも。
ちなみに恐竜滑り台の隣にある大型の複合遊具は4階建て。
小さい子も遊んでいますが、上まで登って遊ぶとなれば、年齢が高めの子ども向けです。

トイレ、自動販売機も近くにあって嬉しい!

広場内には、多目的トイレのほか、飲み物やちょっとした食べ物の自動販売機なども設置されているため、ゆっくり過ごすこともできるようになっています。

特に土・日・祝日は多くの子ども連れで賑わっています。平日の午前中は、比較的混雑なくスムーズに楽しむことができるようです。

恐竜広場の隣「児童園」には電車と動物オブジェあり

恐竜広場のすぐ西側にあるのが「児童園」。ここには、小さい子向けの複合遊具や列車をモチーフにした遊具、動物のオブジェが点在しています。

恐竜広場の滑り台や複合遊具は、まだ、ちょっと早いかもという年齢の子にはこちらのエリアがおすすめです。遊具自体は古さは多少あるものの整備されており、しっかり遊べます。

リアリティがあるシマウマのオブジェ。

遊具エリアを見つめるように、ライオン、シマウマなど自然の中で生きる動物たちが揃っています。動く遊具ではありませんが、子どもを背中に乗せてみる、一緒に写真を撮影してみるなど、いろんな楽しみ方ができそうです。

広い園内で1日遊びつくそう!

恐竜広場以外にも足をのばそう!

広い敷地を持つ大高緑地には、恐竜広場以外にも遊べるスポットがいっぱいあります。
お弁当などを持参して1日過ごすのもオススメです。

特に、若草山の近くには、広い芝生広場ととても大きな複合遊具がある「児童園」があり、思いっきり体を動かすことができます。この児童園は第1、第9駐車場からの利用が便利です。

そして、第6駐車場から徒歩約5分の場所には、自然を散策しながら、様々な恐竜と出会える「ディノアドベンチャー名古屋」があります。リアルな恐竜の動きを見て、鳴き声を聞きながら、探検ができるので、恐竜好きに特におすすめ。

施設内の道は舗装されているため、ベビーカーでの通行もできますが、坂道の場所もありますので、注意が必要。こちらは有料施設になります。

ほかにも、ゴーカートやプールなど遊んだり、自然の中でのんびり過ごすなど、いろんな楽しみ方ができるので、ぜひいろんな遊び方を見つけてみてください。

大高緑地(おおだかりょくち)

愛知県名古屋市緑区大高町字高山1-1

052-622-2281

7:00〜19:00(駐車場)他、施設により異なる

月(祝日の場合は翌平日)、年末年始

恐竜広場は3歳以上

無料(施設により有料)

https://www.aichi-koen.com/odaka/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、授乳室、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018