就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れでニューヨークへ。子どもと楽しめる場所や旅行中での注意点

子連れでニューヨークへ。子どもと楽しめる場所や旅行中での注意点

ニューヨークといえば、自由の女神にタイムズスクエアなど有名な場所がたくさんで、一度は行ってみたい場所の一つではないでしょうか。ニューヨークには大人はもちろん、子どもと一緒に楽しめるところも色々あります。子どもと一緒に快適で楽しい旅行になるよう、おすすめスポットやホテル、注意点などをご紹介します。

子どもと楽しむ!NYのおすすめスポット

親子で遊ぶのに最適!セントラルパーク

セントラルパークはニューヨーカーたちがジョギングや散歩、ピックニックを楽しむイメージではないでしょうか。

パーク内には赤ちゃんから大きな子どもまで遊べる大きなプレイグラウンドや、動物園、ボートやメリーゴーランドまであるのです。室内にあるメリーゴーランドはお天気が悪いときでも楽しめますね。

観光やショッピングで人混みの中を過ごした後は、思いっ切り公園で遊ばせてあげれば、ストレス発散になるかもしれません。

お天気のいい時には、食事をテイクアウトし、芝生の上やベンチで食べてはどうでしょうか。春や夏にはフリーの野外イベントもたくさんありますので、地元の人に混ざって楽しんでしまいましょう。

是非、地元の人が過ごすような時間をNYで体験してください。

大人も楽しめる!マンハッタン子ども博物館

アッパーウエストサイドにある、マンハッタン子ども博物館は体験型の博物館で、好奇心や創造力を刺激し、遊びながら学べる工夫がされています。

それぞれの年齢に合わせた体験ができる、カラフルでユニークな空間が広がっています。子どもに人気のあるキャラクターを使い、人体や水について学べる遊びから、積み木や砂遊びまであり、幅広い年齢の子どもが楽しめます。

また、季節に合わせたイベントがあったりと、とにかく盛りだくさんです。なんと2018年の春のイベントには日本が紹介されています!

また、博物館のすぐ前に、映画「You've got mail」でトム・ハンクスとメグ・ライアンの待ち合わせのシーンに使われた「 Cafe Lalo カフェ・ラロ」がありますよ。

巨大な遊園地に驚愕!シックスフラッグス

日程に余裕があれば、アメリカ全土にある巨大遊園地、シックスフラッグを是非体験してください。NYから一番近いのはお隣のニュージャージ州、マンハッタンからは直行バスで約1時間ほどで行くことができます。

シックスフラッグは、ほとんどのアトラクションが絶叫系ということで有名です。規模の大きな、驚くようなローラーコースターもたくさんあります。残念ながら小さな子どもは乗れませんが、パパとママが順番に乗ってもいいですね。

小さな子どもが乗れるアトラクションやゲームができるコーナーもありますし、隣には大きく本格的なサファリパークや、夏にはウォーターパークがオープンしますので、絶叫系が無理な子ども連れの家族でも十分楽しむことができます。

NYで子連れに人気のおすすめホテル

子連れや女性に大人気のヒルトンホテル

子どもを連れての旅行は、ホテル選びも重要です。便利な場所で、治安やサービスも気になります。

NYのヒルトンホテルはどれも便利な場所にありますが、特にミッドタウンにあるヒルトンは地下鉄の駅が近く、タイムズスクエア、5番街、セントラルパークなどの観光スポットに歩いて行け、人気があります。

日系旅行会社のツアーの集合場所にもなっていますので、ツアーを利用する方には便利ですね。

部屋はニューヨークのホテルにしては広めで、壁が厚く隣の部屋へ音が漏れません。また、湯沸かしポットを貸してくれますので、赤ちゃん連れの家族には嬉しいですね。

昼間のロビーは混雑していますが、深夜はカードキーをセキュリティに見せないと、ホテル内に入れないなど安全面も配慮されています。

立地が魅力のグランドハイアットホテル

グランドセントラル駅に直結しているグランドハイアットホテルは、とにかくどこへ行くにも便利な最高の立地条件です。地下鉄を使うのに便利なのはもちろん、主要な観光スポットが徒歩圏内にたくさんありますので、とても人気があります。

また、空港からのバスもすぐ隣に停まりますので、長時間のフライトで疲れた後に、バス一本でホテルに着けるのはありがたいですね。

地下鉄を使い行動するときや、寒いときや雨のときも駅からホテルまで外を歩かずに済みます。このような便利さから、リピートする観光客やビジネスマンが多いようです。

バスタブがない部屋もあるので、バスタブを希望する場合は、事前にリクエストしておくことをおすすめします。

部屋の広さが魅力なマリオットマーキース

マリオットキースは小さい部屋が多いマンハッタンのホテルの中で、部屋が広いのが魅力です。部屋によっては簡易ベッドをリクエストすることができます。

タイムズスクエア側のお部屋には窓が一面に大きくあり、タイムズスクエアやブロードウェイのネオンが光り、眺めも最高です。その分部屋の値段も高くなりますが、記念に泊ってみる価値があるかもしれませんね。

場所はタイムズスクエアの中心でブロードウェイ沿いにあるので、大晦日のカウントダウンで見るミューヨークそのまま。ホテルから一歩外に出ると活気に溢れ、NYに来た!という気分になります。

地下鉄の駅までは徒歩で約5分程ですが、周りに色々なお店があり、ディスプレイを見ながら歩いていると遠さを感じさせません。

子連れのNYで気をつけておくべき注意事項

荷物の盗難には細心の注意を!

パスポートなどの貴重品は、ホテルの金庫に入れておくか、必ず身に付けておきましょう。カバンはリュックや手提げバッグより、斜めにかけられるバッグがおすすめです。

盗難被害にあわないよう、以下のことを気をつけましょう。

【レストランやカフェで】
・テーブルや椅子に荷物を置いて席取りをしない
・椅子の後ろにカバンをかけない
・ベビーカーに荷物をかけたまま放置しない
・テーブルの上に携帯やカメラを置かない
・誰かに話しかけられたときは、荷物に気を配る

【地下鉄で】
・携帯はカバンに入れておく
・荷物を足の間に置かない
・電車の中で寝ない
・ドアの近くに立たない

【道端で】
・財布や携帯をお尻のポケットに入れない
・地図を広げて立ち止まらない

気軽に他人を信用しないこと!

もちろんよい人もたくさんいますが、あまりにもフレンドリーだったり、親切な場合は警戒しましょう。日本人と分かると片言の日本語をしゃべり近づいてくる人には要注意です。

・地図を見ながら観光をしていたら、親切に助けてくれてお礼を言って別れようとしたら、お金を要求された。

・観光客向けの小売店でぼったくられた、またはクレジットカードに1桁多くチャージされていた。

・写真を撮ってあげると近づいてきて、カメラや携帯を渡した瞬間走って逃げられてしまった。

など、観光客を狙った犯罪は多いです。

空港からタクシーを利用するときは、必ずタクシースタンドに並んでいるタクシーを利用しましょう。もし、違法タクシーに誘われたら「No Thank you」と断りましょう。

絶対に子どもから目を離さない!

アメリカでは子どもを狙った犯罪も起こっています。子どもは常に自分の目の届くところに居させるようにしましょう。

カフェなどで、一人で座らせて飲み物を買いに行ったり、トイレに行ったり、または一人で行かせたりしないようにしてください。

外ではなるべく手をつなぎ、風景の写真を撮るときも足につかませるなど、子どもの体が自分の体に触れておくようにしましょう。

また、ショッピングに夢中になり、子どもが一人でフラフラ歩き回るようなことにならないよう気を付けます。試着室にも一緒に入れてくださいね。

誘拐などの心配だけではなく、アメリカでは、子どもを一人にさせてしまうと幼児虐待と見なされ、親が逮捕されてしまうことがあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?ニューヨークは小さな子どもが一緒でも、家族で楽しめることができるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

刺激的で楽しいことがたくさんのニューヨークは、それぞれの家族に合った楽しみ方ができるはずです。

もしかすると、ニューヨークが初めてではないママやパパもいるかもしれませんね。子どもがいなかった時には気づかなかった魅力が発見でき、きっと新鮮に映るでしょう。お子さんと一緒のニューヨークで楽しい思い出がたくさんできますように。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018