就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フランス生まれの簡単メイン料理!食べ応え満点のタルティフレット

フランス生まれの簡単メイン料理!食べ応え満点のタルティフレット

ママへのおすすめポイント

手間がかからず簡単にできておいしい

タルティフレットは用意する材料も少ないですし、スーパーで簡単に手に入るカマンベールチーズでも美味しく作ることができます。下準備をした後はオーブンで焼くだけなので、調理をするママも気持ちが楽ですよね。

タルティフレットが余ったら、そのまま冷凍することもできます。冷凍保存した後は解凍せずそのままオーブンで温めるようにしましょう。解凍すると水分が出て風味が落ちてしまいます。

1食分ずつ冷凍すれば、ママのランチやパパのお酒のあてにもぴったりですね。

フランスの家庭でタルティフレットを食べるときはこれがメイン料理となり、もう一品サラダをつけるぐらいです。食べ応えのある料理なので、サイドメニューにするときは量を少なめに用意しましょう。

じゃがいもとチーズで子どもにも食べやすい

タルティフレットはじゃがいもとチーズ、そしてベーコンの風味がおいしいので、子どもでも抵抗なく食べられます。我が家の6歳になる娘は、食が細いのが悩みの種ですが、タルティフレットを作ると「家中チーズ臭い」と言いつつもぺろりと食べてしまいます。

白ワインを回し入れていますが、アルコール分は熱で飛んでいるので子どもが食べても影響はありません。気になるママは、白ワインの量をレシピよりも減らしてみてくださいね。

調理に白ワインを使用するだけあり、食べるときも白ワインとの相性はぴったりです。たまにはパパと一緒にワイングラスを傾けながら味わってみるのもよいでしょう。

大型のオーブン皿で焼き、そのままテーブルに出すだけで特別感もあります。ママ友や子どもたちを招いてのホームパーティで作ってみるのもおすすめですよ。カマンベールチーズを使えば材料費もあまりかからないので、取り分けメニューにぴったりです。

まとめ

今回は、フランスのグラタン料理タルティフレットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ほくほくとしたじゃがいもにカリっと焼きあがったチーズが絡み合って、そのおいしさは病みつきになります。気がつけば食べすぎてしまうこともしばしばです。

オーブンで焼いている間、焼けるチーズの匂いが部屋に充満するので、洗濯物を部屋干ししている場合は避難させることをおすすめします。

いつものグラタン料理に飽きたら、タルティフレットを試してみましょう。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND