就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

「鯉のぼりプロップス」で映えるこどもの日!子どもと作る簡単工作

「鯉のぼりプロップス」で映えるこどもの日!子どもと作る簡単工作

元気に泳ぐ鯉を演出!風車の折り方

1.折り紙は4等分になるよう、十字に折り目を付ける

2.真ん中の折り目に沿って、縦長になるように左右両サイドを折る

3.真ん中合わせて、上下に折る

4.開いて、つぶすように折る

5.反対側も同様に折る

6.右上と左下のを折ったら完成

STEP2:ストローでプロップスに仕上げよう

鯉のぼりと風車のプロップス

【準備するもの】
・STEP1で作った鯉のぼりと風車
・ストロー
・両面テープやセロハンテープ
・目玉ボタン(手描きでもOK)

1.鯉のぼりの頭側の裏面に両面テープを貼る

2.鯉の頭側を巻き付けるように、ストローに貼り付ける

他のパーツも貼り付けて、完成です。

鯉のぼりの由来を知ってもっと楽しもう!

こどもの日に鯉のぼりを飾る意味や由来

5月5日は「こどもの日、端午の節句」ですが、なぜこどもの日に鯉のぼりを飾るのかご存知ですか?昔から鯉は生命力が強く、縁起の良い生き物として扱われてきました。また、中国では「鯉の滝登り」という言い伝えがあり、出世の象徴とされていたそうです。鯉のぼりを飾ることで「愛する我が子が、恋のように強く立派に出世していきますように」という願いが込められていたんですね。

最近では家のスペースの関係で、鯉のぼりを飾っている家庭は少ないかもしれません。親から子どもへの愛情の象徴として、ぜひ鯉のぼりを作ってみてくださいね。

手作りプロップスと素敵な写真を残して

男の子のいる家庭にとって、こどもの日は大事な日ですよね。そんな記念の日の写真を撮るのに、鯉のぼりのプロップスが大活躍してくれること間違いなしです。子どもも喜び、ママが撮る写真映えもしてくれますよ。撮った写真はSNSでアップしたり、親族に送ったり、当日だけでなく思い出として残ります。事前準備で子どもとの折り紙を楽しみつつ、当日は折り紙プロップスで素敵な写真が撮れますように。

まとめ

子どもの成長を祝う「こどもの日」は大切なイベントのひとつですよね。今回はそんなイベントの記念撮影を盛り上げる、鯉のぼりと風車のプロップスの作り方をご紹介しました。

プロップスは、子どものテンションも上げて、写真が苦手な子の緊張もほぐしてくれる、ママの心強い味方になってくれるはずです。簡単に作れる写真映えアイテム、ぜひ作ってみてくださいね。
76 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版