就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳になったらパパに手作りバレンタイン!記念に残せるフェルトのケーキ

3歳になったらパパに手作りバレンタイン!記念に残せるフェルトのケーキ

娘からもらう手作りスイーツを、食べてしまうのはもったいないと感じているパパは少なくありません。そんなパパへのバレンタインプレゼントにぴったりな、針を使わず簡単にできるフェルトケーキの作り方をご紹介します。アイデアしだいでオリジナル作品も作れますよ。

針や糸を使わないフェルトで作るケーキ

針を使わないから子どもでも安心

叔母が作ってくれたフェルトのスイーツを使っておままごと遊びをしていた息子が、「ぼくもこのケーキ、作ってみたいなぁ」と言いだしたのは、息子が3歳になったばかりのころでした。針を使って作るにはまだ早すぎる年齢ですが、子どもの「やってみたい」という気持ちは大切にしたいと思い、針を使わずに作る方法を考え、親子で作ってみたのがこのフェルトのケーキです。

フェルト作品は針を使って作るのが一般的ですが、小さな子どもに針を持たせることを心配するママも少なくありませんね。しかしこのケーキは、好きな形にカットしたフェルトを手芸用ボンドでくっつけ、仕上げに飾りつけをするだけなので、子どもでも安心して作ることができます。

色や形を自由に選べる

フェルトは色の種類も豊富で好きな形にカットできるので、いろいろな作品を作ることができます。ママのお裁縫の材料というイメージが強いですが、子どもの工作にも便利に使えるアイテムなのです。

フェルトのケーキは、子どもが自分で好きな形や色の順番を決めることができます。はさみを使ったりボンドを塗ったりする部分はママのお手伝いが必要ですが、あとは子どもが自由に作れるので想像力も広がりますよ。

女の子がバレンタインにパパに手作りチョコを贈りたいと考えだすのも、ちょうど3歳くらいからではないでしょうか。娘からの初めての手作りチョコに大喜びのパパも多い反面、せっかくの記念の品を食べてしまうのはもったいないと感じているパパも少なくありません。

フェルトで作ったケーキなら、記念に残しておくこともできますよ。

バレンタインに贈るフェルトケーキを作ろう

四角いケーキの作り方

【材料・用意する物】

・フェルト
・飾り用のビーズやデコパーツなど
・厚紙
・手芸用ボンド
・定規
・ペン
・はさみ
・カッター など

【作り方】
①厚紙に一辺が5㎝の正方形を描き、切り取って型紙を作ります

②型紙に合わせて、フェルトを切り取ります

・生地用(茶)・・・8枚
・クリーム用(クリーム)・・・7枚

③生地用のフェルトとクリーム用のフェルトを1枚ずつ交互にボンドでくっつけていきます

④横にはみ出しているフェルトをカットして、形を整えます

⑤飾りつけしたい部分に、ボンドを多めに塗ります

⑦ビーズやデコパーツなどを飾りつけ、ボンドが乾いたら完成です

57 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事