就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒に朝食準備!子どもの自主性を伸ばす我が家のアイデア

子どもと一緒に朝食準備!子どもの自主性を伸ばす我が家のアイデア

何も言わなくてもお皿を準備

朝食準備のお手伝いのおかげで、長女と次女が特に自主的に行動してくれることがあります。

それは、その日のメニューによってどのお皿を使うか、おはしではなくスプーンやフォークを使うかなど、私が「○○用意して―」と言わなくてもメニューに合った準備をしてくれるようになったことです。

長女「ママ、今日の朝ごはんはなに?玉子焼き?じゃあこのお皿使うね」

次女「ヨーグルトもあるのー?じゃあスプーン用意するね」

というように、テキパキと準備をしてくれるようになりました。

家族の連帯感が生まれた

自分の役割や、その日のメニューでなにを準備するかなど自主的に行動してくれるようになって、家族としての連帯感が生まれたような気がします。

まだまだ小さい子どもたちではありますが、「やってもらう」という意識ではなく、「私も家族の一員としてお手伝いするんだ」という気持ちを持ってくれているようです。

朝食のお手伝いだけでなく、他のお手伝いも進んでしてくれるようになりました。2歳の長男がなにかできなくてグズグズしているときも、長女と次女がかまってくれたり、お世話をしてくれたりと、積極的に手伝ってくれるようになり、とても助かっています。

まとめ

ほんのささいなきっかけで始めた朝食のお手伝いではありますが、それがこんなにも自主的に行動してくれたり、家族としての連帯感が生まれるとは思いませんでした。子どもたちの、「私がやる!」という気持ちは、想像以上の成長を見せてくれています。

ちょっと難しそうなお手伝いでも、大人がしっかりサポートをしてあげれば、案外すんなりとできるということにも気付きました。子どもの自主的にやりたいという気持ちは、これからもどんどん伸ばしてあげようと思います。
24 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND